女子アスリートと睡眠

人々の生活スタイルは夜型化し、睡眠時間は確実に減少しているといわれています。

中高生も同様、朝は練習や通学で早く起床し、夜は遅くまで勉強に追われたり、寝る直前までスマホの操作をしたりと、就寝する時間も遅くなりがちです。

アスリートにとって睡眠は休養の一部で、食と運動とのバランスがとれてこそコンディションを良好に保ち、競技生活を長く続けることができます。

今回は女子アスリートと睡眠に関する情報をお伝えします。

 

睡眠とは

近年、睡眠の質が重要であるといわれるようになってきました。人間は、朝起きて太陽の光を浴びて約14~16時間後に眠くなるという体内時計機構があります。眠りを誘うホルモンであるメラトニンが分泌され、起床後14時間後に始まりその2時間後に最大化するといわれています。

プレミアムコンテンツです。
有料会員登録をしてください。

今なら1ヶ月無料キャンペーン実施中

有料会員登録に進む ログインする

記事に対してのコメント

コメントを残す