夏の疲労を引きずらないための食事管理

夏場の練習環境は、外気温や湿度が高く熱中症のリスクが高くなります。長期休暇期間中は、普段より練習時間が長くなる傾向があり、エネルギー消費量が多くなるにもかかわらず、暑さや疲労で食欲が低下し、十分な栄養補給ができていない状況が多く見受けられます。

これらの低栄養状態は疲労回復をさまたげ、体重低下につながります。
また、秋以降のコンディションにも直結するため、暑い夏にこそ十分な栄養補給が大切なのです。
疲労を翌日に持ちこさず、日々充実した練習をすることが、秋以降のパフォーマンスの向上につながります。
今回は、今からでも間に合う、夏の疲労を引きずらないための食事管理についてご紹介いたします。

プレミアムコンテンツです。
有料会員登録をしてください。

今なら1ヶ月無料キャンペーン実施中

有料会員登録に進む ログインする

記事に対してのコメント

コメントを残す