競技力が高い選手に共通する考え方や食事管理

競技力が高い選手は、天性の素質もさることながら、個々の特長を生かして地道に練習を重ねた選手だと思っています。
競技力は最初からあるものではなく、競技期間をとおしてあとからついてくるもので、選手によって「競技生活をいつまで続けるか」「いつを選手としてのピークと考えるか」など考えは様々です。スポーツ栄養士として、選手がどうありたいかを確認し、目標を達成するための食事の摂り方を提案しています。
様々な選手をサポートする中で、競技力が高い選手のものごとの考え方や食事管理について日々感じることが多くあります。今回はその一部ですが、競技力が高い選手に共通するこれらの傾向についてご紹介したいと思います。

プレミアムコンテンツです。
有料会員登録をしてください。

今なら1ヶ月無料キャンペーン実施中

有料会員登録に進む ログインする

記事に対してのコメント

コメントを残す

前の記事

アスリートとプロテイン

次の記事

ベスト体重の考え方