【オンラインパネルディスカッション】
現役指導者が語る「“寄り添い”の極意」

PROFILE

石川慎之助(NPO 法人つくばフットボールクラブ理事長)

1979年、東京都生まれ。 筑波大学第三学群工学システム学類在学中、 蹴球部に入部し、地域の小学生にサッカーを 指導。つくばFCの活動を引き継ぎ、2003年 NPO法人つくばフットボールクラブを設立、 2005年株式会社つくばFCを設立し代表取締 役に就任。NPO法人日本サッカー指導者協会 事務局長、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟 事業委員長なども務める。

川村元雄(ボンフィンフットボールパーク・フットボールダイレクター)

1966年、東京都生まれ。幼稚園の体育講師として指導者生活をスタートさせる。1995年から徳島ヴォルティスで育成年代の指導に携わり、2006年からはナショナルトレセンコーチ四国担当に就任。その後、2010年からはFC 東京で育成普及に携わり、現在はボンフィンフットボールパークのフットボールダイレクターを務める。

押鐘正幸(ファジアーノ岡山普及・グラスルーツダイレクター)

1962年、千葉県生まれ。立教大学卒業後、筑波大学大学院にて修士課程体育研究科コーチ学専修を修了。中学・高校保健体育の教員免許を所有し、各育成年代のクラブチーム、部活動で指導にあたる。2007年からはジェフユナイテッド市原・千葉、2013年からは水戸ホーリーホックで育成普及に携わる。その後、高校サッカー部、クラブチームの指導者を経て、現在はファジアーノ岡山で普及・グラスルーツダイレクターを務める。

イベント内容

SPODUCATIONでは、つくばFC理事長である石川慎之助さんがインタビュアーを兼ねたイベントを毎月開催しています。

第三回目となる今回は、長年、クラブチームやJリーグの下部組織で育成普及に携わり、日々子どもたちの育成に向き合う、2名の現役の指導者をお招きして、「“寄り添い”の極意」について語ります。

お子さんがスポーツを続けていく上で、怪我での長期離脱やモチベーションの低下など、様々な挫折を経験することがあります。そんな時、一番近くで見守っている親や指導者はどのように寄り添うべきなのでしょうか。

長年、たくさんの親子と関わってきた3名の経験や体験談には、たくさんのヒントがあるはずです!

是非、ご参加ください!

 

イベント対象者

・スポーツを通して人間力を育みたいと願う方
・社会に出て立派に自立できる成長を願う親
・プロスポーツ選手(サッカーに限らず)を目指すお子様をお持ちの親御様
(お子様の同席も歓迎しますが、内容は基本的に大人向けとなります)
・子どもの育成に関わる、教員や指導者の方

 

イベント概要

開催日時:11月28日(土)19:00~

スケジュール
19:00 イベントスタート
19:05 トークセッション(60分)
20:05 質疑応答(20分)
20:25 エンディング
20:30 終了予定

募集定員:80名

※定員になり次第終了となります。

参加費用:
プレミアム会員:無料/ 一般会員:500円

募集期間:11月27日(金)24:00まで

 

参加するときのお願い

・WEB会議ツール「Zoom」の、ウェビナー機能を使用します。
 事前登録が必要となりますので、後日送付される登録メールをご確認ください。
・席数に限りがございます。
 当日、確実に参加可能な方のみ、お申し込みください。
・イベント中、迷惑行為と判断した際は、参加を解除させていただく場合がございます。


不明な点があればこちらのQ&Aをご確認ください。

参加するにはアカウント登録が必要です。

今なら無料会員登録でお得にイベント参加可能!

参加する