【オンラインイベント】
ドイツ×イギリス×イタリア
欧州で活躍する現役指導者から学ぶ
「スポーツで世界に通用する子どもの育て方」

PROFILE

山下喬(FC BASARA Mainz会長)

1984年、大阪府生まれ。滝川第二高等学校卒業後、プロを目指し渡独。自身がプロになる夢は叶わなかったが、指導者としてドイツ国内で育成環境の提供を行っている。1.FSV Mainz5の育成現場で4年間に渡り指導し、現在は自身が代表を務める日本人とドイツ人のミックスチームFC BASARA Mainzで指導している。

柴崎正勝(London Samurai Rovers監督)

1988年、愛知県生まれ。大学卒業後に大手旅行会社で勤務したのち、2015年にイギリスにてFAコーチングライセンスを取得するため渡英。その後は4年間、シンガポールの日系サッカークラブGlobal Football AcademyでアカデミーコーチとトップチームのGFA Sporting Westlake FC(シンガポール2部)のアシスタントコーチを務める。2019年に再渡英し、フットボールサムライアカデミーでアカデミーコーチとして活動。2019-20シーズンからはトップチームLondon Samurai Rovers(イギリス11部)の監督に就任。

宮川トンマゾ(ユヴェントスアカデミーテクニカルダイレクター)

1991年、イタリア・トリノ生まれ。16歳まではイタリアのローカルクラブに所属。その後日本に留学し、日本ではインターナショナルスクールのチームで活躍。18歳からはロンドンの大学でプレーし、21歳からは再び日本に戻り、アマチュアクラブでプレーした。現在は指導者として、ユヴェントスアカデミーのメインコーチとしてU12のカテゴリーを中心に指導。テクニカルダイレクターとしてもユヴェントスアカデミーとの架け橋を担っている。

イベント内容

今回のイベントでは、欧州で活躍する3名の現役指導者をお迎えし、「スポーツで世界に通用する子どもの育て方」について語ります。

近年、日本でもサッカーや野球など、様々な競技で海外挑戦をする選手が増えてきました。海外挑戦を視野にいれることが身近になってきた中で、どうやったらその海外で通用するチカラを身につけることができるのでしょうか。

ドイツ、イギリス、イタリアといったサッカー大国で、日々海外の子どもたちの育成を間近に見ている3名のゲストが考える「世界に通用する子どもの育て方」とは。

スポーツに真剣に取り組むお子さんを持つ親御さんや、日々指導現場に立たれている指導者の方にとって、海外で活躍される現役指導者の体験や経験談には、たくさんの育成のヒントがあるはずです!

是非、ご参加ください!

 

イベント対象者

・スポーツを通して人間力を育みたいと願う方
・社会に出て立派に自立できる成長を願う親
・プロスポーツ選手(サッカーに限らず)を目指すお子様をお持ちの親御様
(お子様の同席も歓迎しますが、内容は基本的に大人向けとなります)
・子どもの育成に関わる、教員や指導者の方

 

イベント概要

開催日時:12月10日(木)19:30~

スケジュール
19:30 イベントスタート
19:35 トークセッション(60分)
20:35 質疑応答(20分)
20:55 エンディング
21:00 終了予定

募集定員:80名

※定員になり次第終了となります。

参加費用:
プレミアム会員:無料/ 一般会員:500円

募集期間:12月9日(水)24:00まで

 

参加するときのお願い

・WEB会議ツール「Zoom」の、ウェビナー機能を使用します。
 事前登録が必要となりますので、後日送付される登録メールをご確認ください。
・席数に限りがございます。
 当日、確実に参加可能な方のみ、お申し込みください。
・イベント中、迷惑行為と判断した際は、参加を解除させていただく場合がございます。


不明な点があればこちらのQ&Aをご確認ください。

参加するにはアカウント登録が必要です。

今なら無料会員登録でお得にイベント参加可能!

参加する