このイベントは終了しています

【オンラインイベント】
野澤武史さん×中竹竜二さん×益子直美さん
『ユースアスリートの成長を加速減速させる「大人・親・指導者」の振る舞い』

PROFILE

野澤武史(元ラグビー日本代表)
1979年生まれ、東京都出身。慶応義塾幼稚舎5年生からラグビーを始め、慶應義塾高校では主将としてチームを花園に導き、全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献。慶應義塾大学ラグビー部では2年次に大学日本一に輝く。神戸製鋼コベルコスティーラーズにて現役引退後、母校の慶應義塾高校や慶應義塾大学でコーチを務め、U17日本代表ヘッドコーチに。日本ラグビー協会リソースコーチとして人材の発掘・育成にも勤しむ。現役時代のポジションはフランカー。グロービス経営大学院卒(MBA取得)。 山川出版社代表取締役社長、一般社団法人「スポーツを止めるな」代表理事。
中竹竜二(株式会社チームボックス代表取締役)
1973年生まれ、福岡県出身。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇を果たす。2010年監督退任後、日本ラグビーフットボール協会においてコーチングディレクターに就任。2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチを兼務。2019年理事に就任。またラグビー界の枠を超え、2014年には、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックスを設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、一般社団法人スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。
益子直美(元バレーボール日本代表)
1966年生まれ、東京都出身。中学校でバレーボールを始める。共栄学園高等学校に進学し、1984年の第15回春高バレーでは、準優勝に輝く。同年、高校3年生で全日本代表メンバー入り。大林素子らと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻した。1985年、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。1990年、第23回日本リーグで念願の初優勝に貢献。その後も全日本代表メンバーとして活躍し、1992年、現役引退。
引退後はイトーヨーカドーアシスタントコーチを務めた後、タレントに転身。

イベント内容

SPODUCATIONでは、元ラグビー日本代表の野澤武史さんがインタビュアーを兼ねた対談イベントを開催しています。

第三回となる今回は、ラグビー界から中竹竜二さん、バレーボール界から益子直美さんをお迎えし、『ユースアスリートの成長を加速減速させる「大人・親・指導者」の振る舞い』について語ります!

 

早稲田大学ラグビー蹴球部監督時代は、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇など多くの実績を残した中竹さんと、小さいうちから自分で考えて行動できるスポーツの環境作りの大切さを、指導の現場に向けて積極的に発信を続けている益子さん。
お二人が考える、ユースアスリートの成長を加速させるために、周りの大人に必要な振る舞いとは?
野澤さんが迫ります!

 

スポーツをするお子さんを持つ保護者の方はもちろん、現役の指導者の方にとっても育成のヒントがたくさんあるはずです!

是非、ご参加ください!

 

イベント対象者

・スポーツを通して子どもの人間力を育みたいと願う方
・社会に出て立派に自立できる子どもの成長を願う方
・プロスポーツ選手(ラグビー、バレーボールに限らず)を目指すお子様をお持ちの方
(お子様の同席も歓迎しますが、内容は基本的に大人向けとなります)
・子どもの育成に関わる、教員や指導者の方

 

イベント概要

開催日時:2月4日(木)19:30~

スケジュール
19:30 イベントスタート
19:35 トークセッション(60分)
20:35 質疑応答(20分)
20:55 エンディング
21:00 終了予定

募集定員:80名

※定員になり次第締切となります。

参加費用:
プレミアム会員:無料/ 一般会員:1,000円

募集期間:2月3日(水) 23:59まで

 

参加するときのお願い

・WEB会議ツール「Zoom」の、ウェビナー機能を使用します。
 事前登録が必要となりますので、後日送付される登録メールをご確認ください。
・席数に限りがございます。
 当日、確実に参加可能な方のみ、お申し込みください。
・イベント中、迷惑行為と判断した際は、参加を解除させていただく場合がございます。


不明な点があればこちらのQ&Aをご確認ください。

参加するにはアカウント登録が必要です。

今なら無料会員登録でお得にイベント参加可能!

参加する

申込み受付を終了しました。