ONLINE SEMINARLIVE

ONLINE SEMMINER

このイベントは終了しています

申込み受付を終了しました。

【無料オンラインセミナー】
神川明彦×大山加奈
「スポーツから培われる自己管理能力」
supported by SPLYZA Teams

神川明彦(スフィーダ世田谷FC監督)
1966年生まれ、神奈川県出身。神奈川県立鎌倉高等学校の2年時にインターハイでベスト16、第62回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。その後明治大学サッカー部に入部。卒業後は明治大学サッカー部のコーチに就任し、2004年にサッカー部のヘッドコーチを務め、2005年よりサッカー部の監督に就任した。2007年には43年ぶりに関東大学サッカーリーグ戦優勝を果たした。この年には、長友佑都を始め、後にJリーガーとなる選手が多数いた。2016年よりグルージャ盛岡の監督に就任。2017年より明治大学付属明治高等学校・中学校サッカー部の総監督に就任した。2021年シーズンよりなでしこリーグ・スフィーダ世田谷FCの監督を務めている。
大山加奈(元バレーボール女子日本代表)
1984年生まれ、東京都出身。小学校2年生よりひまわりバレーボールクラブでバレーボールを始めた。全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇を成し遂げた。成徳学園中学に進学。成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、主将としてインターハイ・国体・春高バレーの3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇を経験した。2001年に全日本代表に初選出。高校卒業後は、東レ・アローズに入団し、2004年にはアテネオリンピックに出場。力強いスパイクを武器に日本を代表するプレーヤーとして活躍した。2010年に現役を引退しキッズコーディネーショントレーナーの資格を取得し、全国での講演活動やバレーボール教室に精力的に取り組み幅広く活動している。
 

イベント内容

 

SPODUCATIONでは特別なゲストをお迎えし、スポーツから培われる「人を育むチカラ」をひもとき、社会で役立つスキルについて考察するオンラインセミナーを実施ております。

 

11月14日(月)には元バレーボール女子日本代表の大山加奈氏と、元明治大学サッカー部監督で長友佑都選手をはじめ、多数のプロサッカー選手を育て上げたスフィーダ世田谷FCの神川明彦監督をお迎えし、子どもの自己管理能力を高める指導法や環境づくりについて伺います。自己管理を形成する目標設定の考え方、客観的な思考力はどのようにして培われるのでしょうか。

 

イベント概要

 

開催日時:2022年11月14日(月)20:30~

スケジュール
20:30 イベントスタート
20:35 トークセッション(60分)
21:35 質疑応答(20分)
21:55 エンディング
22:00 終了予定

募集定員:80名
※定員になり次第締切となります。

参加費用:無料

募集期間:2022年11月14日(月) 0:00まで

 

 

参加するときのお願い

・WEB会議ツール「Zoom」の、ウェビナー機能を使用します。
 事前登録が必要となりますので、後日送付される登録メールをご確認ください。
・席数に限りがございます。
 当日、確実に参加可能な方のみ、お申し込みください。
・イベント中、迷惑行為と判断した際は、参加を解除させていただく場合がございます。

不明な点があればこちらのQ&Aをご確認ください。

 

アマチュアスポーツ向け映像分析ツール「SPLYZA Teams」とは

 

SPLYZA Teamsは「評価」→「課題発見」→「仮説」を手助けします!

このサイクルはスポーツの「正解のない問題」を解決する為に必要なサイクルで、社会の課題発見・課題解決のサイクルとなんら変わることはありません。

SPLYZA Teamsは事実となる「映像」を活用することで、選手自身が課題を発見したり、解決策をアウトプット出来るツールで、子どもたちの成長の手助けとなります。

SPLYZAは、スポーツが今まで認識されていた「団体行動が学べる」「礼儀が学べる」「友人が出来る」「体力がつく」等の魅力・価値に追加して、新しい時代にAIに置き換われない“生きるチカラ”を育むこと、すなわちスポーツの教育的価値の向上に貢献していきます。

SPLYZA Teamsは現在、高校サッカー部をはじめとした800を超えるチームに導入頂いており、ユーザーは3万人以上となっております。

 

SPLYZA Teams ウェブサイトはこちら

 

申込み受付を終了しました。