RUGBY

<前編>【ラグビー日本代表対談】
ポジショニング戦略で育むセルフプロデュース術/野澤武史×畠山健介

PROFILE

のざわ・たけし
1979年4月24日生まれ、東京都出身。慶応義塾幼稚舎5年生からラグビーを始め、慶應義塾高校では主将としてチームを花園に導き、全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献。慶應義塾大学ラグビー部では2年次に大学日本一に輝く。神戸製鋼コベルコスティーラーズにて現役引退後、母校の慶應義塾高校や慶應義塾大学でコーチを務め、U17日本代表ヘッドコーチに。日本ラグビー協会リソースコーチとして人材の発掘・育成にも勤しむ。現役時代のポジションはフランカー。グロービス経営大学院卒(MBA取得)。 山川出版社代表取締役副社長、一般社団法人「スポーツを止めるな」代表理事。
はたけやま・けんすけ
1985年8月2日生まれ、宮城県気仙沼市出身。仙台育英学園高等学校ラグビー部に所属し、全国高校ラグビー選手権に3年連続で出場。2004年、早稲田大学に入学。4年連続で大学選手権に出場し、3度の大学日本一を経験。2008年、サントリーサンゴリアスに加入。同年、日本代表デビュー。通算78キャップ。2度のワールドカップ出場を果たし、2015年アフリカ大会では右プロップとして日本の歴史的勝利に貢献。2016年、イングランドプレミアシップのニューカッスルファルコンズに加入。2020年からは米ラグビーメジャーリーグのニューイングランドフリージャックスでプレイしている。

 

昨年のラグビーワールドカップでの日本代表の活躍は、日本全土を熱狂させた。流行語大賞にもなたった「ONE TEAM」のチームの結束力は、選手個々がそれぞれのポジションの役割を明確に遂行したことで生れた。

自分の強みを理解し、生かし、発揮するチカラ、それは「セルフプロデュース力」に置き換えられる。自らの能力を最大限発揮できる子どもに育てるにはどうしたらよいのか? 日本代表として、第一線で活躍してきた2人に聞いた。

ポジションの役割が明確なラグビーは
選手の個性が表れやすい

――本日のパネリストにご登場いただきましょう。現役時代は神戸製鋼コベルコスティーラーズでプレイされ、引退後は指導者や実業家として活躍されている野澤武史さん、そして日本代表としてプレイした2015年のラグビーワールドカップで歴史的勝利に貢献され、現在はアメリカの「ニューイングランド・フリージャックス」に所属する、畠山健介選手です!

 

野澤 よろしくお願いします。

 

畠山 よろしくお願いします。

 

――今回はスポーツを通して育まれる「セルフプロデュース力」というところでテーマを決めて、皆さんの「参考になる情報」を発信していければいいな、と思っています。早速、パネルディスカッションを始めていきたいと思います。この間、野澤さんにいろいろなお話を聞かせていただいたのですが、「ラグビー選手は恥ずかしがらず、行動的な方が多い」と言われていたことが印象的でした。改めてラグビーをやる方の特質というのはあるんでしょうか?

 

野澤 ラグビーというのは、「フォワード」と「バックス」というものに大きく分かれています。フォワードは「スクラム」といって、おしくらまんじゅうみたいなことをする側のこと。そしてバックスというのは足が速くて走っていくようなポジションです。フォワードの選手の方は比較的恥ずかしがらずに、なんでもやる人間が多いような感じがしますね。直感ですけど。

 

――なるほど。畠山さん、どうなんですか?

 

畠山 そうですね…多分世代なのか、(僕は)結構恥ずかしがることが多かったと思いますけど(笑)。

 

――違うんですか(笑)。

 

畠山 いやいや。野澤さんの代の方とかは豪快な方とかエネルギッシュな方がたくさんいらっしゃったので、そういう方達がたくさんいらっしゃったと思うんですけど。僕たちの世代は、比較的…(苦笑)。フォワードでもやっぱり引っ込み思案だったり、「やれよ」って言われると「できないよ……」みたいな、怖気付くやつも普通にいたので。その辺はもしかしたら、時代とか世代とかっていうのもあるかもしれないですね。

 

野澤 まあ、あとは…地域差もあるかもしれないですね。やっぱり関西人はすごい…出てきますよ。頼んでないのに、練習前に一発芸やってくれたりとか(笑)。小さい頃から吉本新喜劇を見て育ってるんで、笑いのベースがありますよね。

 

畠山 それは本当にそうかもしれないですね。

 

――今のお話でいうと、フォワードとバックスって、性格も如実に違うものなんですか。足が速いとか、スクラム組むためのパワーとか素質もあると思うんですけど、性格的なものには左右されないのですか?

 

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事