INTERVIEW

「全てをやり切った。そう言える状況を中学からずっと続けてきた」

PROFILE

さとう・ひさと
1982年3月12日生まれ、埼玉県出身。2012年にサンフレッチェ広島をリーグ初優勝へ導く原動力となり、その年JリーグMVPとJリーグ得点王を獲得。通算J1リーグ得点数は歴代2位。

自分で思考して問題を解決する能力が自然と培われた

ーー佐藤選手は長くスポーツをやってきたことで、どんな能力が培われたと思っていますか?

「スポーツは個人競技と団体競技と、大きく分けて2種類あると思います。サッカーは自分1人のチカラで結果を出す世界ではありません。僕も常に仲間と高め合い、支え合いながら結果を出してきました。その過程で起こった問題を解決するために、自分で考えて、トライしていく。その作業をスポーツを通して学べたと思っています」

 

ーー仲間と高めていくのがサッカーの大きな魅力ですよね。その他にも団体競技はコミュニケーション能力を身につける必要がありますね?

「サッカーにおいて自分のプレー、特徴を周りに理解してもらうことは、非常に大事だと思います。それを子どもの頃からやってきて、チームが変われば、またリセットして人間関係を構築していかないといけない。僕もプロになっていろんなチームを渡り歩いてきたので、自然と順応性が身に付く環境にいたのだと思っています」

 

ーー小中高の切り替わりやセレクション等、サッカーは知らない輪に入っていく機会が多いですね。

「団体競技が個人競技と大きく違うことは、はっきりした評価が数字で表れないことだと思います。個人競技であれば数値化された目標に向かって、アプローチする方法があると思いますが、団体競技はそれが明確にありません。周囲が自分にどういう評価をしているか、自ら考え方を構築して行かなくてはいけません」

 

1
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事