<前編> プロセスを楽しむ 「逆境を克服する」思考法とは?

PROFILE

山縣亮太(リオ五輪 4×100mリレー銀メダリスト)

1992年生まれ、広島県出身。小学校4年生から陸上クラブで本格的に陸上を始める。修道高校2年時の2009年世界ユース陸上競技選手権大会では100mで4位入賞し、メドレーリレーでは銅メダルを獲得した。慶応大学在学中の2012年にロンドンオリンピックに出場、準決勝進出を果たす。4年後のリオデジャネイロオリンピック男子100m日本代表にも選出され、男子4×100mリレーでは銀メダルを獲得した。セイコーホールディングス社員。

 

失敗への恐怖、ライバルの存在……スポーツをしていると多くの逆境に立たされることがあります。どんなプロフェッショナルでも、壁を乗り越えてきたからこそ、今の活躍があるのです。2012年のロンドン、2016年のリオデジャネイロと、2大会連続で100mでの日本選手のオリンピック記録を更新してきた陸上短距離界のエース、山縣亮太選手も例外ではありません。長い競技生活の中で、いくつもの困難に直面しながらも、それを乗り越え大きなレースで記録を残してきました。彼はどのようにして「“逆境”を克服するチカラ」を身につけることができたのでしょうか?

 

山縣亮太を陸上へ導いたものは
「結果を出すことの喜び」

ーー山縣選手が陸上に出会ったきっかけはなんでしょうか?

「広島市のかけっこ大会で兄が賞状をもらって褒められてるのを見て、うらやましくなったんです。それで『俺も来年出るぞ』ってモチベーションで始めたのがきっかけですね。正直最初は全く興味なかったんですが、結果を出したら家族にほめられるのがうれしくて。それでもまだその時は、陸上を本格的にやっていこうとは思ってませんでした」

 

ーーでは、陸上を本格的に始めたのはどんなときでしたか?

「小学4年のときに地元の陸上クラブの練習会にたまたま参加させてもらえる機会があったんです。そこで友達ができて、『ここ楽しいな』ってところから始まりました」

 

ーー家族や友人の存在が大きかったんですね。そこから陸上にのめり込んでいった理由は何でしょうか?

「足が速くなるための練習をやり始めて1年に1秒くらい、どんどん記録が伸びていったんです。それが楽しくて、達成感がありましたね。最初はもちろん右も左も分からなくて、やらされてるだけの練習だったんですが、それでも結果が出るとうれしくて。自分なりに少しずつ色んなことを考えていくようになりましたね」

 

ーー小学校から中学校に変わる時って、スポーツを変えやすいタイミングですよね。その時にスポーツを変えようと思ったことはありませんでしたか?

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事