TALKING

<後編> 【現役Jリーガー×ビジネスパーソン】「両立」の秘訣は客観視とパラレル思考 橋本英郎(FC今治)x嵜本晋輔(バリュエンスホールディングス代表取締役社長)

PROFILE

橋本英郎(FC今治)

1979年、大阪府出身。1998年にガンバ大阪に入団、2019年よりFC今治にてプレー。日本代表としても国際Aマッチ15試合出場。2014年にプエンテFCスクールを開講し代表に就任。

嵜本晋輔(バリュエンスホールディングス代表取締役社長)

1982年、大阪府出身。関西大学第一高校卒業後、ガンバ大阪へ入団するも、3年で戦力外通告を受ける。引退後、父が経営していたリサイクルショップで経営のノウハウを学び、2011年、株式会社SOU(現バリュエンスホールディングス株式会社)を設立し、同代表取締役に就任。2018年3月には東証マザーズへの株式上場を達成させる。FAN AND株式会社(現 DUAL CAREER株式会社)を2019年9月に設立。

「両立」という言葉はいい響きですが、実行するのは難しいことです。「スポーツも頑張って欲しいけど、勉強もやってほしい」、「スポーツだけでなく、社会に出て自立できる大人になってほしい」、そう願う親御さんも多いのではないでしょうか? 今回は、プロサッカーと大学を両立させた橋本英郎選手と、プロサッカー選手の経歴を持ちながら上場企業社長となりビジネスを成功させた嵜本晋輔氏のクロストークです。そこには当時のエピソードや、両立を成し得るためのヒントがたくさんありました。

 

負のスパイラルから脱出するためには「他責思考」を捨てること

嵜本 小中高とチームの中心選手でやってきましたし、ある程度の自信はありました。でもプロの世界は厳しくて、サッカーを楽しむこともできないまま、レベルが違うと感じ続ける3年間でした。紅白戦(チーム内での試合)にすら出してもらえない時もありましたし、これまでのキャリアの中ですごくつらかった時期ですね。でもあの3年間が僕自身、人生の中で貴重な時期だったなと思います。その理由は、結果的に思考方法を切り替えるきっかけになったことです。社内でも話すのですが、人生の中でその3年間だけ「他責思考」だったんですよね。たとえば自分の右脚にパスを要求しても、味方の選手が左脚にパスを出してしまったら相手のせいにしていました。そういう思考が3年間続いてしまっていたことに、当時は気づけなかったんです。まさに負のスパイラルで、成長の機会を自ら失ってしまう。ガンバをクビになってからそこに気づけたのは大きかったですね。他責思考は捨てて、「自責思考」で生きていこうと決めました。

 

――追い詰められた時にいい方向に切り替えられるかで、人生大きく変わるんですね。子どもの頃にそういった辛い経験をしていると、大人になった時に壁を乗り越えやすくなるのかもしれませんね。子どもの頃に勉強しておくことの大切さについて、どうお考えですか?

4
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事