TALKING

<前編>スペシャル鼎談 子どもの「個性」を育む方法とは?

 

PROFILE

名波浩(元サッカー日本代表)

元サッカー日本代表。1972年生まれ、静岡県出身。 大学卒業後、ジュビロ磐田に入団し黄金期を築いた。 フランスW杯で10番を背負うなど、長らく日本代表も支えた。引退後は、テレビ出演やジュビロ磐田の監督を務めるなど幅広く活躍。1男3女の父。

吉田達磨(シンガポール代表監督)

1974年生まれ、埼玉県出身。東海大付属浦安高校を卒業後、1993年に柏レイソルに加入。京都、山形を経てシンガポールのジュロンFCで引退した。指導者に転身後は柏のアカデミーで育成に力を注ぎ、2015年にトップチームの監督となった。新潟、甲府の監督を経て、今年5月にシンガポール代表監督に就任。

米澤一成(京都橘高校サッカー部監督)

1974年生まれ、京都府出身。京都府立東稜高校、日本体育大学を卒業後、世田谷学園で指導者のキャリアをスタートさせる。その後、近畿大学工業高等専門学校のサッカー部監督を経て2001年、京都橘高校にサッカー部が創部されると同時に監督に就任。2012年には初の決勝に進出し、準優勝。京都橘を全国でも名の知れた強豪校に育て上げる。先日、全国高校選手権京都大会決勝で勝利し、2年連続9度目の優勝を果たした。12月31日に開幕する全国高校サッカー選手権に出場する。

 

元サッカー日本代表の名波浩さんをホストに、さまざまな競技のトップアスリートを迎えて「スポーツが育むチカラ」を解き明かすこのコーナー。今回のゲストはJリーグで数々のチームの監督を務め、今年5月にシンガポール代表監督に就任した吉田達磨氏、2001年の創部から京都橘高校サッカー部を全国トップレベルの強豪校に押し上げた米澤一成氏です。プロの指導者が考える育成論とは!?

いろいろなスポーツに触れることが
サッカーを伸ばす鍵になる?

名波 本日のゲストは、現役時代に柏レイソルなどでJリーガーとしてプレーされ、現在はサッカー・シンガポール代表監督としてご活躍中の吉田達磨さん。そして、創部から京都橘高等学校の監督を務め、今冬に行われる全国高校サッカー選手権の出場権もしっかりと勝ち取った米澤一成さんです!

吉田 よろしくお願いします。

米澤 お願いします。

名波 まずお二人の幼少期の頃の話を聞きしたいのでが、吉田さんはどんなお子さんでしたか?

吉田 僕は名波さんほどの選手にはなれませんでしたが、サッカーが大好きでした。当時はクラブチームって関東でもそんなになかったのですが、読売クラブが大好きで、小6でクラブチームと出会ってサッカーばっかりやっていました。でも身体が小さくて、どうやって大きな人に勝ってやろうか、なんてことばかりを考えているような……、学校ではダメなやつでしたね(笑)。

名波 米澤さんはいかがですか。

米澤 私は、いろいろなスポーツをやっていた方が正解かな、と思っています。私自身も(身体が)小さかったですし。サッカーには4年生くらいからのめりこみ、ドッチボールがうまかったので、GKをやっていましたね。ただ、親を見たらわかるんですけど、小さかったので……。(大きくならないと)教えてくれたらGKなんてやらなかったんですけど、そのまま高校まで(GKを)続けました(笑)。大学からはフィールド(プレーヤー)に変わりましたけど。

名波 なるほど。今、米澤さんがいいことを言ってくれたので、吉田さんにも聞きたいです。いろいろな競技をやる方が子どもにはいいのか、それともサッカー一本でやっていくのがいいのか、どう思いますか?

2
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事