INTERVIEW

<後編>【ラグビー名将鼎談】
「高校/大学=学生スポーツから見る“成功する選手”に必要なチカラとは!?」
野澤武史x田中澄憲x藤田雄一郎

PROFILE

野澤武史(元ラグビー日本代表)
1979年生まれ、東京都出身。慶応義塾幼稚舎5年生からラグビーを始め、慶應義塾高校では主将としてチームを花園に導き、全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献。慶應義塾大学ラグビー部では2年次に大学日本一に輝く。神戸製鋼コベルコスティーラーズにて現役引退後、母校の慶應義塾高校や慶應義塾大学でコーチを務め、U17日本代表ヘッドコーチに。日本ラグビー協会リソースコーチとして人材の発掘・育成にも勤しむ。現役時代のポジションはフランカー。グロービス経営大学院卒(MBA取得)。 山川出版社代表取締役社長、一般社団法人「スポーツを止めるな」代表理事。
田中澄憲(明治大学ラグビー部監督)
1975年生れ、兵庫県出身。スクラムハーフとして明治大学ラグビー部で3年時に大学選手権で優勝、主将を務めた1997年度は大学選手権で準優勝。卒業後はサントリーサンゴリアスでプレーする。7人制日本代表でのワールドカップ2回、15人制日本代表キャップ3の経験を持つ。2011年に現役を引退し、サントリーのチームディレクターを経て、2017年にラグビー部のヘッドコーチ、2018年より監督に就任。就任1年めの2018年度、明治大学ラグビー部を22年ぶりの大学日本一へと導いた。
藤田雄一郎(東福岡高校ラグビー部監督)
1972年生まれ、福岡県出身。中学生までは野球をしていたが、母親の影響でラグビーに興味を持つようになり、東福岡高校へ進学。チームの中心選手として花園出場を果たす。高校卒業後は、福岡大学、JR九州でラグビーを続け、JR九州時代にはニュージーランドへの留学を経験。1998年から教員として東福岡高等学校に就任し、恩師でもある谷崎重幸前監督の下でコーチを務め、2012年春から監督に就任。2014年、2016年には史上初の高校三冠を達成した。第100回全国高校ラグビー大会に21大会連続31度目の出場を決めている。

元ラグビー日本代表の野澤武史さんをホストにペシャルゲストを迎えるこのコーナー。第2回となる今回は、ラグビー界から2人の名将をお迎えし、「学生スポーツから見る“成功する選手”に必要なチカラ」について語り尽くします。明治大学ラグビー部を22年ぶりの大学選手権優勝に導いた名将・田中澄憲監督と、東福岡高校ラグビー部を全国屈指の強豪校に押し上げた藤田雄一郎監督。長年にわたり、多くの名選手を輩出していきた2人が考える“成功する選手”が持っているチカラとは? 

 

トップになれる選手に
備わっている考え方

野澤 なるほど。それでいうと、藤田さん。例えば布巻峻介(パナソニック ワイルドナイツ)さんとかは、それこそ高校や大学の時とは全然違うプレーヤーのキャリアを歩みながら自己変革をしてきた選手だと思うんです。自分を成功させるというような観点から、彼についての特筆すべきエピソードはありますか。

藤田 考え方がしっかりしていると思いますね。高校の時はバックスでスタンドオフとかセンターをやっていて。日本代表になりたいということでフランカーに転向して。やっぱり結果が出ている選手というのは、情熱があったり知識があったりするわけですが、考え方というのをすごく大事にしているのかな、というふうに思いますね。自分のコントロールできることとできないことをわかっているということですかね。

野澤 考え方というのは、どんなところで特別なところがあったんですか。

0
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事