INTERVIEW

<後編>【スペシャル鼎談】成長を加速・減速させる「大人・親・指導者」とは? 野澤武史x中竹竜二x益子直美

PROFILE

野澤武史(元ラグビー日本代表)
1979年生まれ、東京都出身。慶応義塾幼稚舎5年生からラグビーを始め、慶應義塾高校では主将としてチームを花園に導き、全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献。慶應義塾大学ラグビー部では2年次に大学日本一に輝く。神戸製鋼コベルコスティーラーズにて現役引退後、母校の慶應義塾高校や慶應義塾大学でコーチを務め、U17日本代表ヘッドコーチに。日本ラグビー協会リソースコーチとして人材の発掘・育成にも勤しむ。現役時代のポジションはフランカー。グロービス経営大学院卒(MBA取得)。 山川出版社代表取締役社長、一般社団法人「スポーツを止めるな」代表理事。
中竹竜二(株式会社チームボックス代表取締役)
1973年生まれ、福岡県出身。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇を果たす。2010年監督退任後、日本ラグビーフットボール協会においてコーチングディレクターに就任。2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチを兼務。2019年理事に就任。またラグビー界の枠を超え、2014年には、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックスを設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、一般社団法人スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。
益子直美(元バレーボール日本代表)
1966年生まれ、東京都出身。中学校でバレーボールを始める。共栄学園高等学校に進学し、1984年の第15回春高バレーでは、準優勝に輝く。同年、高校3年生で全日本代表メンバー入り。大林素子らと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻した。1985年、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。1990年、第23回日本リーグで念願の初優勝に貢献。その後も全日本代表メンバーとして活躍し、1992年、現役引退。
引退後はイトーヨーカドーアシスタントコーチを務めた後、タレントに転身。

元ラグビー日本代表の野澤武史さんをホストにスペシャルゲストを迎えるこのコーナー。第3回となる今回は、スポーツ指導の場で活躍する2人の元アスリートをゲストにお迎えしました。自律支援型の指導法でラグビーの大学選手権2連覇など多くの実績を残した中竹竜二さん。そして、小さいうちから自分で考えて行動できるスポーツ環境作りの大切さを、指導の現場に向けて積極的に発信している益子直美さんです。

スポーツする子どもにとって、大人のサポートは必要不可欠。しかし、そのサポート方法を間違えてしまうと、子どもの成長にブレーキをかけてしまうかもしれません。ユースアスリートの成長を加速させるために、周りの大人はどのように振る舞えば良いのでしょうか。

 

指導者同士が上手くやるためには、「共通項」を探すこと

野澤 事前の質問もたくさん来ているので、ぜひお2人にお答えいただければと思います。思考が古いタイプの指導者もいると思います。そういった方の思考を変えていくには、どんな働きかけが有効でしょうか?

中竹 難しい質問ですね。僕もそういった思考の方とたくさん戦ったのですが、戦っちゃダメだと失敗して感じました。古いタイプの指導者は好戦的な方が多くて、「選手は叩けばいいんだよ」みたいな人も中にはいます。でも元々その人も、最初は「選手を勝たせたい、優勝したい、自分自身も成長したい」という「共通項」があったはずです。だから、その共通項に話を持っていけば「お前分かってんじゃん」と意見が一致すると思います。そう言わせるところまで、まずは行く必要がありますね。「あなたの指導は古くてダメです」とダメなところから入ると簡単にやられるし、一生ぶつかりが取れません。僕も最初は結構失敗しました。僕のコーチングは「学びを得る」ことを目的としていますが、大体「それをやって勝てるのか」と質問が来ます。でも勝ち負けの話は別なので、これに付き合ってはダメ。直球が飛んできてもスッとかわして、「さっき肩組んだじゃないですか」と言える関係性に持っていく。お互いの「YES」を合わせるのが重要ですね。

益子 私は全部受け止めていましたね。テレビに出ると、「こんな怒らない指導で勝てるのか」みたいなメッセージをいただくこともあって。上手くかわすのがいいんですね。

1
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事