INTERVIEW

佐藤寿人 × 内野智章 × 大槻邦雄
『夢』の作り方
~育成年代に大人ができること~
-後編-

スポーツにおいて最大の原動力となる「夢」。その最大の目標を実現させるためのプロセスにこそ子どもの成長がある。今回は、元サッカー日本代表でJリーグのMVP・得点王に輝いた佐藤寿人さん、興國高校サッカー部監督の内野智章さん、多数のプロ選手を輩出しているプロサッカーコーチの大槻邦雄さんのクロストークをお届けする。佐藤寿人さん進行により、親としての顔も持つ3人のプロフェッショナルが「育成年代に大人ができること」に迫る。

 

>前編はコチラ

 

様々な出会いが、親子の視野を広げる

内野 タイムリーな話ですが、過去にキャプテンを務めていた選手から連絡があって。JFL(日本フットボールリーグ)でサッカーを続けるか、それとも起業するかといった内容でした。起業したいけど、周りから「少し早いんじゃないか」と言われて、悩んでいたようです。その元キャプテンも、卒業する時にはプロ以外の道を考えていない選手でした。でも色んな人に出会う中で、新たに人生設計し始めたのです。たくさんの出会いがあれば、プロサッカー選手になれなかったとしても、夢、やりたいことが見えてくると思います。

大槻 サッカーに真っすぐ向き合うあまり、他のことが見えなくなってしまう親御さんもいますよね。だから、「こういう進路、選択肢、可能性もあります」と、全然違うことを話す時もあります。必ずしも「こうでなければいけない」という進路を決める必要はありませんから。違う世界を見せてあげることで、保護者の方の目線も広がります。それに、サッカーの中にもビジネスに似た難しさや達成感が沢山あるので、リンクする部分を見つけ出して欲しいですね。ビジネスでの苦労と、サッカーでの苦労。会社で評価される人達、サッカー選手として評価される人達。どこかで重なってくると思うのです。小中高と保護者の方と関わることが多いのですが、「皆一緒じゃなくていい」ということを伝えています。僕ら自身もこうやってお話させていただくことで、新しい気づきが生まれることもあります。こういう姿勢を見せることも、指導者として大事。もちろん真っすぐ向き合うことも大切ですが、違う視野を持っておくこともサッカーに限らず必要なことだと話しています。

佐藤 それぞれの考えややり方、そういったものを尊重してあげるということですね。

大槻 一発芸でバイオリン弾いた子もいますからね(笑)。素晴らしいなと思いました。

佐藤 スポーツを通して学べるもの、培われる力についてもお聞かせください。人生にどうつながるかという部分。高校や大学でサッカーしていても、いつかは社会に出ることになります。内野さんは、どうお考えですか?

0
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事