INTERVIEW

東京五輪陸上100mHを終えて
「スポーツを通した自分との向き合い方」
佐藤寿人 × 木村文子
-後編-

個人・チームを問わず、アスリートには心のコントロールが欠かせない。技術力の高いアスリートでも、心に乱れが生じれば大成は難しい。自分の心は他人には分からない以上、自分自身が向き合って行かなければならない。自分との向き合い方を身に付ければ、スポーツだけでなくビジネスにも活かされるだろう。

今回は、元サッカー日本代表でJリーグのMVP・得点王に輝いた佐藤寿人さん、そして東京オリンピック陸上競技女子100mハードルに出場した木村文子選手へのインタビューをお届けする。トップアスリートとして幾多の苦難を乗り越えてきたお二人に、「自分との向き合い方」を見つけるためのヒントを聞き出した。

 

>前編はコチラ

 

五輪延期の中でモチベーションをくれたのは「小さな成長の喜び」

木村 そんな中、コロナの影響もあって地元で練習している時に、高校生と練習できる機会がありました。その高校生は、できなかったことができると「今日一日嬉しい」みたいな感じで、すごく喜ぶのです。自分の練習にも喜びはあるはずなのに、そこに気づいていませんでした。自分は元々「逆算思考」でしたが、社会人になって、その考え方が余計に強くなって。「よしここまで、次はこれ」と、次のことをどんどん考えている。合格点がすごく低い所にあって、一日を振り返って自分を褒めることはほぼしません。ゴールを決めて逆算することも重要ですが、日々の自分を褒めることも必要だなと感じました。それをやってみて、積み重なった先に東京オリンピックが見えたらいいなという気持ちになりました。モチベーションを保ちながら頑張ることが辛い時期でしたが、2020年はそういうことに取り組みましたね。

 

──以前の木村選手はストイックに追い込むだけ追い込んで、最後に目標達成した時だけ自分自身を褒めるやり方。それでモチベーションが保てず陸上の楽しさも薄れていた中で、一緒に練習した高校生をきっかけに変わったのですね。

木村 社会人として年数を重ねていくにつれて、そういうやり方が顕著になっていった気がします。

佐藤 ゴールがどんどん先にある感じですよね。

木村 そうですね。義務感と言うと少し違うのですが、「ここまでやるのは当たり前」という感覚で練習している自分がいました。その高校生を見て、「こんなに喜んでくれるんだ」と、ハッとしましたね。

 

──トップアスリートでも、高校生の練習からヒントが得られることもあるのですね。アマチュアの練習にも目を向ける、耳を傾ける、受け入れる。そういったことも、木村選手の能力なのかなと思います。

佐藤 自分の選手時代もそういった考えでやってきました。過去の成功体験は、未来を約束してくれるわけではありません。でも選手である以上、どうしても過去にすがりたくなってしまう。それをいい意味で切り捨てて、色んな事に目を向け耳を傾けることが、アスリートにはすごく大事。サッカーでも、自分に色んなアドバイスや気づきを与えてくれるチームメイトの存在は大きいのです。時には対戦相手も。最初から受け入れないスタンスでいたら、行き詰まった時に苦しくなります。僕は自然と、ゴールを奪うためのヒントがどこかに落ちていないか、探し求めているタイプでした。木村選手は高校生との練習で気づきを得て、自分の考えにつなげていけました。木村選手の話を聞いて、自分の考えと近い部分があるなと感じましたね。

木村 すごく分かります。答え探しというか、自分の中でピンとくるものを常に探しているかもしれません。

0
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事