INTERVIEW

世界で活躍できる選手育成
~ コーチング・攻防の要点 ~
野澤 武史 × 田邉 淳
-前編-

2022年1月には、「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」(ジャパンラグビーリーグワン)が開幕する。新たに導入された世界的なルール改正もあり、これからのラグビー指導者は、世界の趨勢を踏まえた攻防の要点を理解することが求められる。元ラグビー日本代表で「スポーツを止めるな」代表理事を務める野澤武史さんをホストに、クボタスピアーズ船橋・東京ベイ アシスタントコーチを務める田邉淳さんをゲストに招き、世界で活躍できる選手を育成するコーチングの在り方について語り合った。

 

選手・指導者として歩んできた人生。世界の壁を痛感することも

野澤 田邉さんは素晴らしいコーチングキャリアをお持ちで、僕の師匠ともいえる存在です。ラグビー界では「スラッシー」というニックネームなので、そう呼ばせていただきます。まずは、選手時代のことについてお聞かせください。現在の指導に活かされている、選手時代の経験はありますか?

田邉 選手時代は三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニックワイルドナイツ)でプレーしながら、色んなコーチにお世話になりました。中でも日本代表の現アシスタントコーチであるトニー・ブラウンさんと一緒にプレーやコーチングができたことは大きな財産ですね。プレースタイルも、今のコーチングにも尊敬していて、僕の師匠の一人です。彼は左利きで、書くのは左手だけどお箸を持つのは右手なんです。たまにゴルフへ行くと、アイアンは右手なのに、パターは左手。そんな天才肌な一面もありました。

野澤 トニー・ブラウンさんとは、選手時代も一緒にプレーされていたのですね。田邉さんはニュージーランドのクライストチャーチへ留学して、海外選手のプレーを長年見てこられたと思います。他の選手と比べると、何が違ったのでしょうか?

田邉 彼、そんなに体格が大きくないんですよね。でもとにかく身体を張って、最前線でタックルする人でした。皆、その果敢なところをリスペクトしていたと思います。

野澤 なるほど。どちらかと言えばアタッカーのイメージでしたが、トニー・ブラウンさんはディフェンスでも活躍されてきたのですね。

田邉 そうなんですよ。あるシーズンの試合では、激しいタックルを背中から受けても、試合を続けていたのですが、試合後に救急車で搬送されると、すい臓が破裂していたんです。でも、そのシーズン最後のプレーオフで復帰しましたからね。本当にすごいなと思います。そのタフさが、今の日本代表のコーチングにつながっているのかもしれませんね。

野澤 以前のトークイベントで三宅敬元選手から聞いたのですが、倒れた後なのに「飲み会に行く」と言っていたとか(笑)。ニュージーランドのオタゴ地方で育ってきた方は、メンタリティーが日本人に似ているのかな。

田邉 そうかもしれませんね。どちらかと言えば田舎なので、遊べる場所はそれほど沢山ありません。だからこそ皆と集まることが楽しみで、ラグビーに集中できる環境だったのかなと思います。

野澤 スラッシーさんが入社した当時のワイルドナイツは、常勝チームではありませんでした。負けていた所から強くなりましたよね。

田邉 入社してから3年ほどは、7位くらいの中堅チーム。それが、4年目くらいから勝つようになりました。その頃に宮本勝文元監督が来て、チーム文化が変わったのです。とにかく練習量が増えました。「優勝するには、これくらいの犠牲が必要なのだな」と感じましたね。今やワイルドナイツのお家芸となっているディフェンスからのアタック技術は、その頃から少しずつ作られてきました。

野澤 サンウルブズ(※ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」に2016年から2020年まで参加していた日本チーム)を立ち上げた当時のことも、お聞かせください。

田邉 僕がワイルドナイツのコーチに就任して何年か経った時に、サンウルブズ立ち上げのオファーをいただきました。ありがたくお受けしたのですが、ワイルドナイツはその年負けなしで。サンウルブズに行ったら、その一年は一勝で終わってしまったのです。「世界の壁は高いな」と痛感しましたね。

野澤 「世界の壁」とは、具体的にどんなことでしたか?

田邉 フィジカルの強さは、すごく感じましたね。うわべだけでは通用しません。ただ、当時のサンウルブズの練習環境にも問題はありました。その年は100時間以上、飛行機の中で過ごしていたんです。ニュージーランドで一試合、アルゼンチンで一試合、南半球を一周してから日本に帰ってくる年もありました。太陽の光を浴びられない時間が多くて、選手が100%の力を出せる環境とは言えませんでした。練習を一、二回してすぐ試合という時もあって、怪我人が出ることも多く、サンウルブズの一、二年目は大変でしたね。

野澤 サンウルブズのヘッドコーチは、毎年変わっていましたからね。これまで影響を受けた指導者はいますか?

田邉 選手として影響を受けたのは、エディー・ジョーンズさんですね。叩き上げのスタイルでしたが、当時の日本には必要な存在でした。面白いコーチングだなと思ったのは、ジェイミー・ジョセフさん。ストレートな人で、直球なフィードバックが来るのです。選手としてもコーチとしても、影響を受けましたね。

野澤 ジェイミーさんは今、日本代表のヘッドコーチですね。ストレートなフィードバックとは、「回りくどいのが嫌い」ということでしょうか?

田邉 そういったコーチングスタイルなのでしょうね。「自分はそれでやっていく」という芯がある方です。でも、やわらかくフィードバックされたい日本人が多いから、グサグサと言われて辛く感じる方もいたと思います。エディーさんも、ジェイミーさんもそこは一緒でしたね。

野澤 ストレートな物言いは、共通する所なのですね。

田邉 ある意味、それくらいレベルが高いということでしょう。テストマッチは国対抗の真剣勝負で、失敗が許されません。その厳しさを知っているがゆえのフィードバックだったのかなと思います。

 

ラグビーチームに重要なのは、全員が「セイムページ」を見ること

野澤 スラッシーさんのコーチング哲学についても、お聞かせください。

田邉 人とのつながりを大事にすることが、僕のコーチング哲学としてあります。他のスポーツ経験はそれほどありませんが、ラグビーは特殊なスポーツだと感じます。ひいき目で見なくても、一番いいスポーツなんじゃないかな。ラグビーほどマルチな文化を取り入れているスポーツはありません。日本代表に、外国人がすごく多いんです。クボタスピアーズにも南アフリカ人のヘッドコーチや、トンガの血が流れているアシスタントコーチがいます。選手にもオーストラリア、ニュージーランド、韓国、色んな国の人がいます。一般企業では、中々出会えませんよね。そういう人とのつながりを、僕はコーチとして一番大事にしています。

野澤 もっと戦略的な言葉が出てくると予想していたので、意外ですね。

田邉 結局、戦略は二の次にあるものです。いい信頼関係を築けないと、同じゴールは目指せません。チームを上手くまとめられれば、戦略を考えるのも簡単になります。ただし言葉も違いますから、共通用語として英語が必要です。チーム内のほとんどは日本人ですが、英語でコミュニケーションします。留学していた経験が、そういう所で活きました。

野澤 人との関係の中で、「これは止めておこう」「これは大事にしよう」というルールは何かありますか?

田邉 ラグビーで関係を築くためには、グラウンド外でどうやってお互いを知っていくかが大事です。性格というよりも、どういう人物なのか。家族や育ってきた環境について語り合ったり、一緒にゴルフに行ったり。そうやってお互いをより深く知っていくのが、いいんじゃないかな。

野澤 スラッシーさんが良くおっしゃっている「セイムページ」を作ることにつながっていくのですね。僕のチームへコーチングに来ていただいた時のことが、今でも印象に残っています。ミーティングで、「相撲の力士の絵を描いてくれ」と皆にお願いしましたよね。四股を踏む絵、張り手している絵……、皆が様々な絵を描いていました。「皆が同じ絵を描けるようになるのがセイムページ」と話されていたのが印象的です。

田邉 結局、そういうことなのですよね。大体の球技は、数人のチーム同士が一つのボールをめぐって戦います。バスケだと5対5、バレーだと6対6とか。でもラグビーは、15対15にボールが一つだけ。プレー人数が多いから、その15人が同じ絵を描けるかが非常に重要となってくるのです。外国人は、「チェスのようだ」と良く言います。日本で言えば、将棋。「こうしてきたら、こうやる」というのを、瞬時に判断していかなければなりません。15人の頭脳で、ゲームが成り立っている。そこが魅力でもあって、本当に面白いスポーツだと思いますね。

野澤 なるほど。先ほど、「オフ・ザ・フィールドのコミュニケーションが重要」という話がありました。逆に、試合中のコミュニケーションで大事なことはありますか?

田邉 色んな言葉を話す選手がいるので、共通用語が大事です。「この言葉の時は、こうする」というのを、いくつか作らないと同じ絵は見られません。たとえば「コーヒー」と言ったら、コーヒーのサインプレーで動くとか。共通用語は各チームさまざまです。ラグビーは、それらをプレーの中で使っていく必要があります。ラグビーは1試合80分ですが、実際にボールが動いている時間は30~40分程度しかありません。その中で一人ひとりがボールを触る回数は、非常に少ないわけです。だから、共通用語を作っていくことが重要になります。

野澤 そのカードを、一番いいタイミングで出していく。しかも、皆が同じ方を向いている必要がある。言うのは簡単ですが、実際にはコミュニケーションが上手く行かないこともありますよね。その辺りのコツはありますか?

田邉 コミュニケーションにも、色んな意味合いがあります。大事なのは、2WAYコミュニケーション。言う側と聞く側が、それぞれ言葉やジェスチャーで双方向に伝え合う。ラグビーでは、より簡単な形で人に伝える必要があります。僕の原理原則は、「名前」と「アクション」を伝えること。選手にも常にそう教えています。たとえば「野澤さん、しゃべってください」と言えば、誰が何をすべきなのかが一目瞭然です。簡潔に伝えるコミュニケーションのやり方は、日本人が苦手にしている部分だと思います。

野澤 そうですね。ただ、繊細に表現できるのが日本語の良さでもありますよね。

田邉 そうなんですよ。時代劇の英語字幕では、「母上」は「マザー」としか訳されません。しかし、マザーは日本語だと「お母さん」や「おかん」とも表現できます。それが日本語の良さでもあり、難しさでもある。コミュニケーションでは認識のずれが発生しないように、どれだけシンプルに伝えていくかが重要だと思います。

 

結果だけを見るのは禁物。レビューではプロセスを見ることが重要

野澤 以前、「ルック(見る)・トーク(話す)・アクション(行動する)の順番が大事」とおっしゃっていましたよね。でも日本人はルックやトークをせずに、最初にアクションしてしまう。まず、見なければならないのですね。

田邉 僕が選手の時から言われていた言葉です。ラグビーは15人でやっているので、ボールに近い選手も、すごく遠い選手もいます。ボールを持っていない選手がやるべきは、今どういう状況なのか把握すること。そのためには、まず見る。次に、把握した状況を伝える。そして、アクションを起こしていく。ボールに近い人の場合も、その時間が短くなるだけで順番は一緒です。目の前の状況を把握しないと、何を伝えるべきか分からず指示が出せません。だけど、「とりあえず前に進もう」と、いきなり行動してしまう人も多いのです。状況によっては横に動くべき時も、後ろに動くべき時もあります。まずは、その状況を把握することが重要です。「前を見て、それをしゃべって、それから行動しなさい」と、常に言っています。

野澤 耳が痛い言葉ですね(笑)。最近では「ザ・ラグビーチャンピオンシップ2021」も開催されました。「今後のラグビーは、こうなっていく」という見通しがあれば、お聞かせください。

田邉 ラグビーだと、二年に一回ルールが変わりますよね。二年間でルールを検証して、良ければ更に二年採用。4年に一度のワールドカップを、最適なルールで迎えるためのシステムでしょう。大きなルール変更もあるので、やっぱり適応力がどのチームにも求められます。昔のように「これが俺らのスタイルだ」では、通用しない世界になりつつあります。「モールだけでやろう」「スクラムだけでやろう」では、厳しいのです。必要なのは、ルールに合わせて戦術・戦略をアジャストできるチカラです。雨にも風にも晴れにも対応できるラグビースタイルを持つチームが、一番白星を重ねやすくなってくると思います。

野澤 具体的に、チームでどんな準備をすべきでしょうか?

田邉 新しいルールに合わせて大きな変更が必要、ということはありません。ただ、ボールは一つなので、どこでラグビーするのかが重要になってきます。敵陣なのか、自陣なのか。自陣に入っていくには、どうするのか。ボールを蹴ればすぐ敵陣に入れますが、ボールを手放すリスクもあります。かと言って、ボールを持って敵陣に行くとミスしたり、ペナルティを取られたりするリスクがあります。ボールを持っていても、持っていなくても、どうやって前進していくのか。そこが、ラグビーにおける攻防の要点です。その原理原則さえ理解していれば、ボールを持っている・持っていないに関わらず、必ず自分たちのラグビーを貫けると思います。

野澤 自陣の22メートルラインに出てから、ハーフウェイライン(フィールド中央のライン)までのゾーンは、一番悩ましいですよね。敵陣に入れば、やれることは限られてくるのですが。その辺りの判断基準としては、どのようなことを考えますか?

田邉 自分たちの強みをどこで出していくかを考えます。先日終わったザ・ラグビーチャンピオンシップ2021で言えば、南アフリカはボールをどんどん蹴って、敵陣であってもボールを手放すスタイル。ニュージーランドは、ボールを手に入れたら攻撃に移るスタイル。オーストラリアは、とにかくボールをキープするスタイル。アルゼンチンは、スクラムにこだわるスタイル。各国が、自分たちの強みを存分に出しているのです。あとは、どうやって敵陣に入っていくか。ボールを持っていくのか、蹴っていくのか。後者なら、いつ、どこで蹴るのか。そういうルールについても、皆で同じ絵を見られるよう、常にレビュー(復習)することが重要です。「このキックは、このタイミングはどうだったのか」と、常に話し合いながらやっていく。将棋で「相手がこの手を指してきたら、自分はこう指す」というのと一緒だと思います。最終的に勝つためには、どの一手を指すべきか。一瞬、一瞬で同じ絵を見ているかどうかが、チームが同じ方を向いているかの指標になるのです。

野澤 レビューでは、どんな判断基準で話すのですか?

田邉 レビューでは、結果までのプロセスを見て話すべきです。一番やってはいけないのは、結果だけを見ること。たとえば「キックがすごく良かった」だと、それで終わってしまう。一方でキックまでのプロセスを見れば、「キックを蹴った時に誰がどう追って行ったか」「ルールに沿ったやり方だったか」。そういう観点でレビューしながら、皆で考えていけます。どのチームも、そういう所に焦点を当てていると思います。

 

後編に続く

PROFILE

野澤武史(元ラグビー日本代表 /『スポーツを止めるな』代表理事)
1979年生まれ、東京都出身。慶応義塾幼稚舎5年生からラグビーを始め、慶應義塾高校では主将としてチームを花園に導き、全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献。慶應義塾大学ラグビー部では2年次に大学日本一に輝く。神戸製鋼コベルコスティーラーズにて現役引退後、母校の慶應義塾高校や慶應義塾大学でコーチを務め、U17日本代表ヘッドコーチに。日本ラグビー協会リソースコーチとして人材の発掘・育成にも勤しむ。現役時代のポジションはフランカー。グロービス経営大学院卒(MBA取得)。 山川出版社代表取締役社長、一般社団法人「スポーツを止めるな」代表理事。
田邉 淳(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ アシスタントコーチ)
1978年生まれ。現役時代はフルバックで活躍。報徳学園高校に入学後1カ月ほどでニュージーランドに渡り、現地のクラブチームでプレー。2003年に三洋電機に入社し、小柄ながらスターティングメンバーとして活躍。2010年、リポビタンDチャレンジカップロシア戦で日本代表初キャップを獲得。2013年に引退し、パナソニックワイルドナイツのバックスコーチに就任。2016年よりサンウルブズ、2019年より、クボタスピアーズのアシスタントコーチを務める。ニックネームはスラッシー。

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事