INTERVIEW

世界で活躍できる選手育成
~ コーチング・攻防の要点 ~
野澤 武史 × 田邉 淳
-後編-

2022年1月には、「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」(ジャパンラグビーリーグワン)が開幕する。新たに導入された世界的なルール改正もあり、これからのラグビー指導者は、世界の趨勢を踏まえた攻防の要点を理解することが求められる。元ラグビー日本代表で「スポーツを止めるな」代表理事を務める野澤武史さんをホストに、クボタスピアーズ船橋・東京ベイ アシスタントコーチを務める田邉淳さんをゲストに招き、世界で活躍できる選手を育成するコーチングの在り方について語り合った。

 

前編はコチラ>

 

ディフェンスはアタックの一部。攻撃への移行も含めた練習を

野澤 スラッシーさんは、ディフェンスについても良く考えていますよね。現代ラグビーのディフェンスでは、どんなことが求められるのでしょうか?

田邉 ラグビーのディフェンスは、チームによっておおよそ二つのパターンに絞られます。すごく上がるのか、上がってから流していくのか。そこで急に違うことをやる選手が出てくると、チグハグになってしまう。ディフェンスは、アタックの一部です。守り切って良しではなく、そこからどうやって攻撃に移していくか。そこまでの過程がディフェンスです。これからの選手は、攻守の切り替えという所をどんどん得意にすべきだと思いますね。

野澤 日本人は、切り替えが苦手でしょうか?

田邉 いえ、どちらかと言えば強みだと思います。でもインターナショナルレベルを目指すなら、現状に満足せずどんどん向上していくべきです。すごく大きな外国選手と戦う時に、スクラムやラインアウトになると苦しくなります。それを避けるには、スピーディーな攻守の切り替えが必要です。だから、攻撃に転じるところまでを含めたディフェンスの練習が重要になります。そこの柱ができれば、相手のアタックに対してプレッシャーをかけやすくなるでしょう。

野澤 ディフェンスのパターンは、二つくらいしかないというお話がありました。では、なぜチームによってディフェンスで差がつくのでしょうか?

0
ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事