森重真人選手(FC東京)の「サッカーのチカラ」
人間力が身に付く!なんでも相談室
~スポーツで成長する子どもたちのために~第1回

FC東京のキャプテンとしてチームを牽引する森重選手が、子どもの成長に関するあらゆる疑問に答える新コーナー。「子どもにどんな言葉を掛けたら?」「モチベーションを上げるには?」といった親御さんの悩みから、「緊張しないためには?」「ライバルに勝つには?」など、スポーツに取り組むお子さんからの質問に、森重選手が答えます!

 

1組目:小学生の兄弟(9歳・6歳)

質問1― 子どもの頃にサッカーをやって身についたことは?

回答:スポーツで培われるあいさつなどの礼儀の大切さ

僕がサッカーを始めたのは、6歳位からです。サッカーだけでなく、野球もやっていました。本格的にチームに入ったのは、小学校3年生の8歳からです。僕の指導者はサッカーだけでなく、礼儀作法について教えてくれました。ボールと靴をリュック入れて、小学校についたらスパイクに履き替えていたんですけど、「ちゃんと靴を揃えてなさい」とか、「親御さんやコーチにちゃんと挨拶をしなさい」と、細かく指導してくれました。
もちろん、サッカーを教わりに行くんですけど、それ以外の礼儀の部分、友達との関係など、サッカー以外の生活態度全般について指導していただいたんです。小学校の内からサッカーを通じて、礼儀作法に触れられて本当に良かったな、と今になって思います。

 

質問2― サッカーが上手になるために毎日するべきことは?

回答:自発的に行動して、工夫する力を養うこと

僕は子どもの頃、家に帰ったら真っ先にボールを持って外に出てサッカーをしていました。公園に行ってネットに向かってボールを蹴ったり、近所の駐車場にあるコンクリートの壁の狙ったところにボールを蹴ったり、電柱をドリブルで抜いてみたり……、とにかく毎日ボールを蹴る、触るということを1日も欠かさずやっていたと思います。自分でいろいろ考えて、工夫してボールと一緒に過ごしました。

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事