TALKING

<前編>【サッカーxバレーボール】 越境スペシャル鼎談 「言う、言わない論争」に決着? 親と子の距離のリアル

PROFILE

ななみ・ひろし
1972年11月28日生まれ、静岡県出身。清水商業高校、順天堂大学を経て、1995年にジュビロ磐田に入団し黄金期を築いた。フランスW杯で10番を背負うなど、長らく日本代表を支えた。現役引退後は、テレビ出演やジュビロ磐田の監督を務めるなど幅広く活躍。サッカースクールSKYのアドバイザーも務めている。
ふくだ・まさひろ
日本人初のJリーグ得点王に輝くなど、Jリーグ通算228試合で93得点をマーク。 Jリーグ開幕直前の1989年から引退する2002年まで浦和レッズの象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」と呼ばれた。現在はサッカー解説者として、メディアで活動をしている。
おおやま・かな
1984年6月19日生まれ、東京都出身。小中高すべての年代で全国制覇を経験。高校在学中 の2001年に日本代表に初選出された。2010年に現役を引退し、現在はスポーツ・バレー ボールの発展に力を注いでいる

 

元サッカー日本代表の名波浩さんをホストに、様々な競技のトップアスリートを迎えて「スポーツが育むチカラ」を解き明かす越境クロストーク。今回はサッカー界から“ミスターレッズ”福田正博さんと、双子の妊娠を発表されたばかりの大山加奈さんを招いて、成長のチラカに迫ります。まずは前編からどうぞ!

 

「言われたことをやりたくなかった」
野球からサッカーに切り替えて大成功

名波 本日、一人目のゲストは、現役時代「ミスターレッズ」の愛称でも親しまれ、Jリーグ日本初の得点王にも輝いた、福田正博大先輩です!

福田 よろしくお願いします!

名波 まずは小さい時、サッカーを始めたきっかけをお伺いしたいです。

福田 僕は、小学校5年生の11月にサッカーを始めました。それまでは野球をやっていたんですけど。当時、神奈川の横浜から藤沢に引っ越して、転校先の担任の先生がサッカーを教えている方でした。週末だけ野球をしていたんですけど、それ以外は特に何もしていなくて。それでいて僕は結構食べる子で、給食でおかわりをするたびに先生に、「そんなことしていると太るぞ」と言われていました。それで、「サッカーやれ」って。ある意味強制ですね(笑)。

名波 うんうん(笑)。

福田 だからその先生に出会っていなかったら、僕はサッカー選手にもなっていないし、サッカーもやっていないです、多分。プロ野球の選手を目指していたと思いますね。

名波 もともと、引っ越す時は野球をやろうと思っていたんですか。

福田 (引っ越したのが)5年生の終わりぐらいだったから、あと1年ちょっとはもともといた横浜のチームで野球を続けようと考えていました。でも、その転校先の担任の先生に1か月くらい口説かれ続けて、その熱量に押されて嫌々(サッカーを)始めたんです(笑)。でも、その後1か月もしないうちにサッカーが好きになりましたね。

名波 年齢を考えたら40年以上サッカーに携わっていることになるじゃないですか。最初のきっかけは先生からの勧誘だったとしても、何が楽しくてのめり込んでいったんですか。

福田 質問うまいねえ(笑)。(サッカーを)始めて1か月くらいしてから、もう野球をやらなくなっちゃったんですよ。理由としては多分、性格でしょうね。野球は、例えばバッターボックスに立ったりランナーに出たりすると、サインが出るじゃないですか。

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事