<後編>「奇跡」に期待しないリアリストが語る、世界と戦うメンタル術の秘訣 酒井宏樹

PROFILE

さかい・ひろき
1990年4月12日生まれ、長野県中野市出身。中学1年生から柏レイソルのアカデミーでプレー。後に多数のプロ昇格選手を輩出した柏レイソルU-18で、海外でも多数の試合を経験した。プロ昇格後、2011年のFIFA クラブワールドカップでのブレイクにより翌年から欧州を主戦場とする。16 年にフランスのマルセイユに移籍し、レギュラーとして活躍中。

フランスの名門・マルセイユで不動の右サイドバックの地位を確立した酒井宏樹。ダイナミックなプレースタイルとは対照的に、穏やかな性格で知られる彼は、日本代表のなかでも異色の存在だ。「上には上がいる」サッカーの世界で、彼はどのようにして今のポジションに上り詰めたのだろうか。注目のインタビュー後編をお届けする。

写真/NIKE

重圧と戦うメンタル術は「我慢のキャパを広げること」

ーー子どものころに描いていた夢と現実に、違いはありますか?

「ヨーロッパでプレーするというのは、もっとキラキラしているものだと思っていました。実際は、すごい重圧の中でやらないといけませんし、ステージが上がるほど苦しいことも多くあります。良い所で戦っているなって思っている方も多いかもしれませんが、僕本人としては苦しいことが多くて必死です」

 

ーー必死な姿が我々にとってはキラキラしていてかっこいいな、って感じますよ。

「そう思っていただけるのは嬉しいですね!」

 

ーーメンタル面は大きな要素ですよね。世界で戦う中で、どうやって強いメンタルを維持していますか?

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事