終了しました

> 見逃し配信はこちら

ラグビー日本代表の躍進を支えたキャプテンとメンタルコーチによるメンタルマネジメント!
子どもをやる気にさせるメンタルのスキルアップ方法とは?

元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんと、ラグビー日本代表メンタルコーチとして、2015年ワールドカップの快進撃を支えた荒木香織さんが、『スポーツ&社会におけるパフォーマンスの出し方』について語ります。。

廣瀬俊朗(元ラグビー日本代表キャプテン/株式会社HiRAKU 代表取締役)

1981年生まれ、大阪府出身。5歳から吹田ラグビースクールでラグビーを始める。大阪府立北野高校、慶應義塾大学ではラグビー部で活躍。高校日本代表、U19日本代表を歴任する。東芝ブレイブルーパスに入団後は、キャプテンとして日本一を達成した。また、日本代表として28試合に出場。 2012、2013の2年間はキャプテンを務めた。W杯2015イングランド大会では、メンバーとして南アフリカ戦の勝利に貢献。現在は、(株)HiRAKU代表取締役としてスポーツ普及と教育に重点的に取り組む。

SPEAKER

荒木香織(園田学園女子大学 教授/順天堂大学スポーツ健康科学部 客員教授/株式会社 CORAZON チーフコンサルタント)

米国にてスポーツ科学(専門:スポーツ心理学)を学び、修士課程、博士課程を修了。主な研究分野は、スポーツにおける完全主義傾向、環境とレジリエンス、女性とスポーツ。教育、研究活動のほか、最新の科学的知見を基盤として、アスリート、指導者、アーティスト及びビジネスパーソンを対象にメンタルパフォーマンストレーニングのプログラム及びセミナー、講演等を提供している。著書に、『リーダーシップを鍛える ラグビー日本代表「躍進」の原動力』(講談社)、『ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」』(講談社+α新書)。