来季J1は4クラブ降格=昇格は2クラブ、VAR復活―Jリーグ

 Jリーグは17日、オンラインで理事会を開き、来季終了後のJ1からJ2、J2からJ3への降格は各4クラブとすることを決めた。J1とJ2への昇格は各2クラブとなる。今季は新型コロナウイルスの影響で、J1~3で昇格を認める一方で、「降格なし」の特例を適用するため、来季のJ1は20チームでの争いになる。

 昇格クラブの決定方法は今後決める方針だが、各カテゴリー間の入れ替え戦は行わないという。また、今季のJ1再開後に採用を取りやめたビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)に関し、来年と再来年のJ1リーグやルヴァンカップなどで再導入することも決めた。

 今年の年間表彰式「Jリーグアウォーズ」は、12月22日にオンラインで実施。日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFC、ヴィアティン三重、奈良クラブ、FC大阪、テゲバジャーロ宮崎の5クラブに対し、条件付きでのJ3入会を承認した。

【時事通信社】

0

記事に対するコメント

関連記事