日本、メキシコに敗れる=0―2、年内最終戦―サッカー国際親善試合

 【グラーツ(オーストリア)時事】サッカーの国際親善試合は17日、オーストリアのグラーツで行われ、日本代表はメキシコ代表に0―2で敗れ、年内最終戦を終えた。試合は無観客で開催された。

 海外組で編成された日本は前半、鈴木(ベールスホット)ら前線が好機を生かせず、相手が攻勢を強めた後半18分に4試合ぶりに失点。その5分後に追加点を奪われ、反撃できなかった。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング27位の日本は同11位のメキシコに対し、対戦成績1勝4敗となった。2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選は、来年3月に再開予定。

【時事通信社】

〔写真説明〕メキシコ戦で相手選手と競り合う遠藤航(左)=17日、オーストリア・グラーツ(AFP時事)

0

記事に対するコメント

関連記事