ヤクルトの山田哲人、FA権行使せず残留=7年の大型契約の見込み―プロ野球

 プロ野球ヤクルトは19日、山田哲人内野手(28)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留すると発表した。7年の大型契約で、計35億円プラス出来高払いとみられる。

 山田哲は球団を通じて「今までで一番悩みましたが、残留することにしました。さらに活躍できるよう努力したいと思います」との談話を出した。

 プロ10年目の山田哲は、これまでにプロ野球最多となる3度のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成。今季は上半身のコンディション不良もあり、94試合出場で打率2割5分4厘、12本塁打、52打点と振るわなかったが、長く中心打者を務めてきた。

 山田哲は大阪・履正社高からドラフト1位で2011年に入団。セ・リーグ優勝に貢献した15年には、本塁打王やリーグ最優秀選手に輝いた。通算1058試合に出場し、打率2割9分3厘、214本塁打、635打点。

【時事通信社】

〔写真説明〕山田哲人選手

0

記事に対するコメント

関連記事