東京五輪開催「全力で取り組む」=日本の緊急事態宣言受け―IOC

 【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は8日、日本政府が東京など1都3県に緊急事態宣言を発令したことを受け、7月に開幕予定の東京五輪について「準備を引き続き進める」との姿勢を示した。IOCは「日本の当局と(新型コロナウイルスの)対策に全幅の信頼を置いている。日本のパートナーと協力し、今年の夏に安全な大会を成功裏に導けるよう、全力で取り組み続ける」とする声明を出した。

 IOCでは最古参委員のパウンド氏(カナダ)が英メディアに対し、五輪に参加する選手のワクチン接種は優先されるべきだとの私見を述べた。この発言に関してIOCは「感染リスクの高い方々や看護師、医師、社会を動かしている人たちが優先して接種できるよう、引き続き支援していく」とコメントした。

【時事通信社】

0

記事に対するコメント

関連記事