山梨学院、11大会ぶりV=青森山田をPK戦で破る―高校サッカー

 サッカーの第99回全国高校選手権最終日は11日、埼玉スタジアムで決勝が行われ、山梨学院(山梨)が前回準優勝の青森山田(青森)を2―2からのPK戦で4―2と破り、11大会ぶり2度目の優勝を遂げた。決勝でのPK戦決着は8大会ぶり、3度目。

 山梨学院は前半12分に広沢が先制点。後半に逆転を許したが、同33分に野田のゴールで追い付いた。延長戦は両チーム無得点でPK戦に突入し、山梨学院は4人全員が成功。2大会ぶり3度目の制覇を狙った青森山田は2人が失敗した。

 新型コロナウイルスの感染防止対策強化のため、無観客で行われた。

【時事通信社】

〔写真説明〕青森山田を破って優勝し、記念撮影に納まる山梨学院の選手ら=11日、埼玉スタジアム

0

記事に対するコメント

関連記事