最初の五輪代表はW杯で決定=体操男子

 日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開き、体操男子の東京五輪代表選考について、4月の全日本選手権個人総合と5月の個人総合ワールドカップ(W杯)東京大会の合計得点で最上位の選手を代表とする方針を決めた。W杯東京大会には全日本選手権の1、2位が出場する。

 男子は現時点で五輪出場枠4を確保。残りはW杯後に行われるNHK杯で最上位の1人、団体総合での得点が高くなるように2人を選ぶ。

 また、3月の種目別W杯ドーハ大会に内村航平らを派遣することが報告された。

【時事通信社】 

0

記事に対するコメント

関連記事