COLUMN

【♯02】中島輝│ やるべきは、自分自身の怒りのコントロール。チーム・組織における「怒りのトリセツ」-前編-

自身の引きこもり経験克服を機に独自のコーチングメソッドを開発し、多数の企業経営者、アスリートなどのカウンセリングを務める中島輝氏。ベストセラー『自己肯定感の教科書』の著者であり、自己肯定感の第一人者として注目を集める人気カウンセラーが、社会で生き抜くために必要な実践的な技術を連載形式でお届けする。

写真/川しまゆうこ 

 

心理カウンセラーの中島輝です。

今回、とり上げるテーマは「怒り」です。「喜怒哀楽」に含まれているように、怒りは誰もが持っている感情のひとつ。感情は個人のものではありますが、もちろんチームや組織にも大きな影響を及ぼします。

その影響とはどんなもので、怒りとうまくつき合っていくためにはどんな方法があるのでしょうか。まずは、チーム・組織の話をするまえに、個人の怒りについての話からはじめます。

 

「怒り」の感情がわたしたちの心身を守ってくれている

 なぜ「怒り」という感情があるのだと思いますか? 生まれながらにわたしたち人間に怒りという感情が備わっているということは、怒りがわたしたちに必要なものだからです。

 わたしたちは単に「怒り」という見方をしますが、その奥底にある感情はさまざまです。フロイト、ユングと並んで世界3大心理学者とされるアルフレッド・アドラーが創始したアドラー心理学では、怒りを「二次感情」、その怒りのもととなる感情を「一次感情」と呼びます。

 一次感情には、「不安」や「恐れ」、「つらい」「苦しい」「嫌だ」「疲れた」「困った」……といったものがあります。これらの一次感情は、一括りでいうとネガティブな感情といっていいでしょう。そういったネガティブな感情をため込んでしまうと、ひどく落ち込んでしまったり胃が痛くなったりと、心身に不調をきたすことになります。

 でも、多くの場合、一次感情は怒りというかたちをとって吐き出されることで、心身に大きな不調をもたらすところまでには至りません。つまり、怒りがわたしたちの心身を守ってくれていると見ることができるのです。

 

怒りと上手につきあうためにもっとも重要な「メタ認知」

 もちろん、そうはいっても、怒りにはわたしたちにとって好ましくない面もあります。他人に理不尽な怒りをぶつけられれば誰だっていい気持ちはしませんし、自分自身に苛立ってなにかに怒りをぶつけるようなことも健全なこととはいえません。

 そうしたことの結果、自分自身をネガティブにとらえて自己肯定感を下げ、マイナス思考におちいっていきます。場合によっては、「この企画内容のまま進めても本当に大丈夫だろうか?」とものごとをネガティブに見るマイナス思考が大きなミスを未然に防ぐ方向にいくこともありますが、全般的に見れば、マイナス思考ばかりではいい状態とはいえません。なにより、人生を楽しむことが難しくなってしまいます。それが、怒りが持つデメリットです。

 ならば、ムダで過剰な怒りを周囲や自分にぶつけることがないよう、怒りの感情とできるだけ上手につきあっていくことが大切です。そのためのキーワードが、「メタ認知」です。メタ認知とは、自分自身を俯瞰して客観的にとらえること。怒りに振りまわされるのではなく、「いま、わたしは怒りを感じているな」と自分を客観視できることが、怒りと上手につきあうためにもっとも重要なことです。

 そうするために、先にも触れた「一次感情」に注目してみてください。自分が感じた怒りの奥底にあったのは、不安だったのか恐れだったのか——。それら一次感情に注目することは、自分自身と向き合うことに他なりません。そうして、「わたしはこういう言葉をいわれると怒りを感じやすいんだな」「頭が疲れているときには怒りっぽくなるな」というふうに自分が怒りを感じやすい条件を知り、メタ認知能力を高められるのです。

 そのようにメタ認知能力が高まれば、具体的な対処法も見えてくる。頭が疲れているときに怒りっぽくなるという人なら、「頭が疲れていると感じたら、脳の栄養になるブドウ糖を摂取するために甘いものを口にしよう」という具合です。そうして、ムダで過剰な怒りを周囲や自分にぶつけないための、自分なりの対処法を見つけていくことが大切です。

 

怒りが多い組織と少ない組織にどんなちがいが生まれるか

 しかし、いかに個人で怒りの感情をコントロールしていたとしても、複数の人間で構成されるチームや組織のなかには怒りっぽい人もいるものです。では、「怒りの感情が多いチーム・組織」と「怒りの感情が少ないチーム・組織」にはどんなちがいが出てくるでしょうか。

 イメージしやすいことだと思いますが、デメリットが多いのは前者であり、メリットが多いのは後者です。両者のちがいについては、マサチューセッツ工科大学の元教授であり、システム理論の大家であるダニエル・キムが提唱した「成功循環モデル」で表すのがわかりやすいでしょう。

怒りの感情が多いチーム・組織

・関係性の質:対立、責任のなすりつけ合い

・思考の質:受け身、保身、失敗したくない

・行動の質:消極的、自己中心的

・結果の質:成果を挙げられない

怒りの感情が少ないチーム・組織

・関係性の質:共感、尊重、気遣い

・思考の質:アイデア、気づき、クリエイティブ

・行動の質:チャレンジ、協力

・結果の質:成果の実感、責任感

 怒りの感情が多いチーム・組織の場合、メンバー同士が対立したり、問題が起きた場合には責任をなすりつけ合ったりするといったことが起きます。そうすると、まわりから責められたくないために思考は受け身で保身的になり、行動は消極的になる。あるいは、対立しているメンバーを頼ることなどできませんから、自己中心的な行動を取りがちです。そんなチーム・組織が大きな成果を挙げることなどできません。するとまた、その責任をなすりつけ合う……という具合に、完全な悪循環におちいってしまうのです。

 一方、怒りの感情が少ないチーム・組織の場合は完全な好循環が生まれます。怒りの感情が少ないために、メンバー同士が共感してそれぞれを気遣うことができます。すると、他のメンバーが疲れていたり困っていたりしないかという視点を持っていますから、メンバーの状況はもちろんのこと、仕事自体に必要な気づきの能力も上がるでしょう。そのため、斬新なアイデアが生まれるクリエイティブな土壌が生まれます。それらのチャレンジングなアイデアを実行する際にもメンバー同士が協力できますから、大きな成果を挙げられます。そして、そのよろこびを共有し、さらに信頼関係を深めていけるのです。

 

チーム、そして上司の怒りをコントロールする方法とは!?

02後編に続く>

 

PROFILE

中島輝(なかしま てる) | 「トリエ」代表 /「肯定心理学協会」代表
心理学、脳科学、NLPなどの手法を用い、独自のコーチングメソッドを開発。Jリーガー、上場企業の経営者など1万5000名以上のメンターを務める。現在は「自己肯定感の重要性をすべての人に伝え、自立した生き方を推奨する」ことを掲げ、「肯定心理学協会」や 新しい生き方を探求する「輝塾」の運営のほか、広く中島流メンタル・メソッドを知ってもらうための「自己肯定感カウンセラー講座」「自己肯定感ノート講座」「自己肯定感コーチング講座」などを主催。著書に『自己肯定感の教科書』『自己肯定感ノート』(SBクリエイティブ)など多数。

 

【第一人者が解き明かす“自己肯定感”のビジネス学/中島輝~back number~】

【♯01】<前編> 自己肯定感から見る組織論「自己肯定感」は「心理的安全性」から生まれる

【♯02】<前編>やるべきは、自分自身の怒りのコントロール。チーム・組織における「怒りのトリセツ」

【♯03】<前編>スポーツが育んでくれる、ビジネスシーンで役立ついくつものマインド

【♯04】<前編>失敗を成功へと導く。リーダーに必要な「声かけ」のポイント

【♯05】<前編> やっぱりコミュニケーションがすべて。心理学から見る最強のチームワーク

【♯06】<前編>目に見えない敵「プレッシャー」の正体とプレッシャーに強い体質を手に入れる方法

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事