/interview/38038/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

名波浩×野村忠宏×飯田哲也│「磨き続けた時間が、誰も真似できない武器になる」

元サッカー日本代表の名波浩氏を進行役に、豪華ゲストがスポーツが持つチカラについて解き明かす。第一回は野球界、柔道界のレジェンドを招き、スポーツを通した至高の経験と努力の軌跡を語り合った。(※2020年6月に収録)

共通する幼少期の体験、それは「楽しむ」ということ

名波 まずは皆さんの生い立ちから語っていただきたいと思います。僕は男4人兄弟の末っ子で、静岡県藤枝市、サッカーの街で生まれました。自然にサッカーをする環境で育ち、清水市というライバルエリアがあったことから、常に目標設定を高く置くことができました。飯田さんはいかがでしたか?

飯田 僕の出身地である東京の調布市は、リトルリーグが盛んで小さい頃から野球しかやっていなかったですね。現在はシニアリーグで活躍して、甲子園常連高に行くケースが多いのですが、僕の時代はセレクションがあって、中学校の野球部から千葉の拓大紅陵高校に進学しました。それまではずっとピッチャーをやっていたんですよ。

名波 そうなんですか? 飯田さんはスプリンターのイメージがあります。

飯田 僕は身体が小さいので、セカンドに行ったり、サード行ったり、外野に行ったり、いろいろなポジションを経験しました。僕の特徴は足が早いことだったので、いろんなポジションをできたことはポジティブに捉えています。当時、指導者からは「野球を楽しみなさい」と言われていましたね。一人で落ち込むんじゃなく、仲間を大事にして楽しむんだと。

名波 僕も「一人でサッカーやってるんじゃねえ!」と言われていました(笑)。ハーフタイムに一人だけ泣きながら外周を走らされた記憶がありますよ。

飯田 野球もサッカーもチームプレーですからね。

野村 僕は祖父が今から85年前に町道場を設立し、親父は天理高校の柔道部の監督を務め、親父の弟さんはミュンヘン五輪の金メダリストという柔道一家でした。僕は3歳から柔道をしていましたが、小学校のクラブ活動はサッカーをしていましたし、地元の野球少年団にも入っていました。中学からは柔道一本に絞りましたが、まあ弱かったです(笑)。黒帯の試験も何回か落ちましたし、生まれた環境と実績だけ見たらエリートと思われがちですが、実際はそうではなかったですね。

名波 黒帯の試験ではどのようなことをするのですか?

野村 初段は満14歳から受けられ、形(かた)の審査とポイント制で行われる試合の審査があります。一発で合格する人もいますが、僕はそうではなかったですね。

名波 野村君は最初から強い柔道家じゃなかったということですね。

野村 軽量級の中でも、僕はひと際身体が小さかったんです。55kg以下級が最軽量なんですが、中学1年の時は30kgしかなかったほどです。祖父は子どものうちは柔道を楽しみ、好きになったら主体性を持ち、目標ができたらいいと教えてくれました。厳しい練習をしなかったので、強くはなれなかったですね。でも、その時の楽しかった思い出があったから、自分はいろんなスポーツにトライした上で柔道を選んだんです。柔道をやらされるではなく、自分からやると決めたことが後の支えにもなりました。

名波 我々はサッカー、柔道、野球において、トップならではの厳しい世界で戦ってきましたが、「楽しむ」のは大事なことですよね。僕と飯田さんはそれぞれ、サッカー、野球一本でやってきましたが、対照的に野村君はいろんなスポーツをやってきたと。

飯田 野村君は柔道一家という環境もあるけど、その中でいろんな選択肢から最終的に柔道を選んだのは素晴らしいことだと思います。いろんなスポーツをやることは大事ですよね。

野村 小学生のうちに団体競技、個人競技の両方をできて幸せだったと思います。どれが自分が好きなのか、他と比べることができましたから。柔道しかやっていなかったら、選択肢はそれしかないですからね。

名波 中学から柔道一本に専念して、メンタリティーはどう変化しましたか?

野村 柔道一本に選んだ時点で、「楽しむ」から厳しい環境で辛い練習を受け入れる覚悟ができていたと思います。

名波 飯田さんは複数のポジションを経験されていますよね?

飯田 中学生の頃はほとんどピッチャーをやっていましたが、拓大紅陵高校ではすごい子がいっぱいいたから監督から「外野へ行け」と。

名波 僕もセンターフォワードから徐々にポジションが下がって行きましたね。飯田さんはやりたかったであろうピッチャーから、外野へ移った時の心境はいかがでしたか? 「ふざけるな」でしたか(笑)?

飯田 当時はね、監督が厳しくて、とても口答えできる状態ではなかったんですよ(笑)。ピッチャーをやりたい感情はあったけど、言われた通りにやるしかなかったですね。

名波 柔道の階級は指導者、自分どちらで決めるのですか?

野村 基本は自分ですね。格闘技において体重差のアドバンテージは大きいですから、普通は体重を落として、下の階級に出ようとします。しかし、過度な減量に失敗したり、コンディショニングが上手く行かないと、上の階級を検討するようになります。ただ、ボクサーもレスラーも自分の階級に思い入れがある選手が多いですよ。

名波 同階級にどうしても勝てないすごい奴がいて、それで変更することはない?

野村 あまりないですね。どの階級にもすごい奴はいますから(笑)。

 

一流選手こそ、道具を大切に磨き続ける

名波 教育におけるスポーツの重要性は、みなさんが感じていると思います。お二人はスポーツをしているご自身のお子さんに、どんなアドバイスをしていますか?

飯田 うちは中2の息子が野球をやっています。野球はチームプレーですから、仲間としっかりコミュニケーションを取るように話していますね。みんなが期待している、ここぞという場面で活躍できるように、人との繋がりを大事にしなさいと伝えています。

野村 周囲から「あの飯田選手の息子だ!」と言われることはないですか?

飯田 子どもたちは僕のことは分からないみたいですが、父兄の方はご存知の方が多いみたいでよく相談を受けますよ。

野村 僕の長男は小学生の頃は祖父の道場で柔道をやっていましたが、中学に進学して辞めてしまいました。今は部活動もやっていないですね。長男は僕と同じで身体が細いのですが、「オリンピック3連覇の野村の息子だ」という周囲の期待から、柔道に対して心が折れてしまったようです。

飯田 そういう問題はありますよね……。息子の立場で考えると「飯田の息子だったらできるだろう」と言われているのかもしれない。そこは辛いですね。

名波 僕は娘が3人、息子が一人の4人の子どもがいます。息子は小2からスクールに通うようになり、今は中3でサッカーを続けています。技術的な部分では「ボールに関わる」「ボールを取り返しに行く」「声を出す」の3つしか言っていません。あとはスパイクや練習着など、物を大切にするように教えています。スパイクが汚れたら磨くようにし、かかとを潰して履くなんて論外です。

飯田 僕も息子には練習が終わったらグローブは磨きなさいと言っていて、彼もちゃんとやっていますね。僕自身も野球をやっていた父から磨くように言われてきていましたので。

名波 プロ野球ではバット、グローブなどは誰が管理しているのでしょうか?

飯田 個人でやっていますよ。むしろ、プロ選手の方がよく磨いています。遠征先でも毎日そうですよ。プロだから誰かがやっていると思われがちですが、全部選手自身でやりますね。

名波 野村君は柔道衣などの管理は自分でやっている?

野村 そうですね。海外での試合の場合は試合用の白と青の柔道衣と練習衣の3着を持って行きます。僕らはプロと違ってアマチュアゆえの厳しいこともあります。例えば飛行機のチケットはエコノミーだから、スーツケースは20kgまでと制限があります。練習衣に加えて減量食、テーピング、サポーターも全部自分で持っていくので大変ですよ。例えば1週間など長期の合宿であれば、道衣を自分の手で洗わないといけないですから。

名波 オリンピックで金メダルを取ったら、帰りはビジネスクラスになるんですよね?

野村 そうなったのは北京大会(08年)か、ロンドン大会(12年)からです。僕の最後のオリンピックはアテネ大会(04年)だったので、金メダルを取っても行き帰りはエコノミーでした(笑)。お金を払うからビジネスクラスにしてと言ってもダメでしたね。オリンピックでも、やっぱりプロの野球とサッカーの扱いは特別でしたよ。

メンタルチェンジ、ライバルストーリー、それぞれの「敗戦の記憶」

名波 野球ではチームからのサインと自主的に判断することがありますよね。選手としてそこの折り合いをつけるのは難しいと思うのですが、飯田さんはいかがでしたか?

飯田 野球では監督の作戦のもとで、選手は動かないといけません。だから、自分の役割をまっとうしていました。僕は特にサインを出される立場だったので、バントができないといけないし、ヒットエンドランもできないといけませんでした。それこそ4番バッターはバントなんかしませんから、それぞれの立場、練習方法がありますよね。プロは失敗ができない世界ですから、それができなければ居場所がなくなると思って、とことん練習していましたね。

名波 例えば最終回ノーアウト1塁で、100%送らなくてはいけない状況でバッターボックスに立つのは、どのくらい痺れるものなのでしょうか?

飯田 本当に緊張しますよ。「うわー、前のバッターヒット打って繋いじゃったよ。俺、絶対バントじゃん」ってね(笑)。「リラックスしろよ」と打撃コーチからの余計なプレッシャーをかけられ、さらに緊張するという感じです(笑)。

野村 それでも失敗、成功があるわけじゃないですか。柔道は試合が年数回程度で多いわけではなかったですけど、野球は毎日のようにリーグ戦がありますよね? 失敗をどう処理されていたのですか?

飯田 切り替えるしかないですよ。次の日も試合があるし、もし引きずっているようなら次の日も絶対失敗しますよ。

野村 でも、選手によっては切り替えられない人もいますよね?

飯田 プロでは昨日のことは過去のこととして切り替え、「今日はできる」と思えない選手は潰れて行きます。プロで生きていくとはそういうことだと思います。それができないと、監督から使ってもらえなくなりますから。

名波 子どもの頃から切り替えができていたのですか?

飯田 そうですね。僕はどちらかと言えばポジティブな性格だったので、失敗を引きずることはあまりなかったですね。

名波 その話に付随すると、僕は幼少期から強いチームにいたのですが、ミスが続くようだと仲間が盛り上げて、元気付けてくれたんですよ。だから、自分も心が落ちることなく、いい緊張感を保つことができたと思います。

飯田 仲間の存在は大きいですよね。プロだと毎日試合があるし、信頼を取り返すチャンスがありますけど、甲子園など負けたらそこで終わりじゃないですか。だから高校生の頃は必死でしたよね。

名波 拓大紅陵高校時代に、甲子園で後にメジャーにいく長谷川滋利さんと対戦していますよね。その時の長谷川さんの投げる球を体感して「これはプロに行く」と思いましたか?

飯田 分かりますね。0-1で負けたんですけど、すごい球を投げるなって。これこそが「上には上がいる」ことなのだと実感しました。

名波 30年以上前のことでも覚えているのは、やっぱり悔しいからですよね。野村君にとっての「敗戦の記憶」はいかがですか?

野村 高3の時ですね。僕の成績は中学からだいたい県大会でベスト16止まりだったのですが、高3で初めて県で優勝して高校総体で全国大会に行ったんです。自信満々で臨んだのですが、トーナメントにいく前の予選グループで敗退してしまいました。勝たなくてはトーナメントに出場できない状況だったのに、相手が強くて、怖くて、逃げ惑う自分が本当に情けなかったです。その時の対戦相手が、後に僕の永遠のライバルとなる徳野和彦選手だったんですよ。

名波 そうなんだ! それはすごい巡り合わせですね。

野村 数年を経て大学で久々に再戦することになりました。しかも舞台はアトランタオリンピック(96年)の最終選考会。「ここで負けたら生涯2番手で終わる」と、不退転の覚悟を持って試合に臨み、そこでようやく勝つことができたんですよ。

名波 人生を変えた一戦ってことですよね。僕が印象に残っている敗戦の記憶は中学2年の時です。県予選の準決勝の試合終了間際にチームがPKを獲得し、監督から「名波が蹴るんだ」と言われ、先輩を押しのけてPKを蹴った結果、外してしまったんです。それで先輩たちは中学ラストイヤーの全国大会に出られなかったんですよ。32年前のことですが、そのトラウマが今もあるんですよ。人生で一度だけ過去に戻れるとしたら、その場所は中学2年のあの時なんです。

飯田 僕はキャッチャーとしてプロの世界に入ったんですが、そのまま続けていたらどうなっていたんだろうと考えます。でも、3年後に古田敦也さんがドラフトでヤクルトに入って来るから、どのみち敵わないだろうな(笑)。

一同 (笑)。

野村 お二人の話を聞いて思い出したのが、僕も自分の失敗でチームに迷惑をかけるのが嫌だったんですよね。小学校のクラブ活動ですからとても比較にはなりませんが、勝つも負けるも自分次第と思って、柔道を選択したのはあったと思います。

名波 なるほど。失敗という経験がチームメイトとの関係にリンクするのは、団体競技あるあるかもしれないですね。

飯田 そうですね。

防げない背負い投げ、韋駄天が生む精密ゴロ、唯一無二の左足
こだわり、続け磨き続けた時間の価値

名波 助けてくれる仲間の存在が欠かせないように、スポーツでは意思の疎通=コミュニケーションが大事になってくると思います。飯田さんは両親、監督、同年代も含めて、どのように心がけて接してきましたか?

飯田 チームの中でのコミュニケーションであれば、みんなが同じ目標に向かっているかが重要だと思います。高校生であれば甲子園、プロだったらリーグ優勝、全員の気持ちがそこに向かっているか、いないかでチームの価値は決まってくると思います。中には個人成績だけを追求し、「ヒット3本打てれば負けてもいい」という選手もいるかもしれない。団体の中で一つの目標に向かってない者が一人いるだけで、チームスポーツは上手くいかないですからね。

名波 明確な目標を立て、足並みを揃えるということですよね。野村君はいかがですか?

野村 そうですね。もちろん、夢や目標も大事ですけど、僕は悔しさを原動力にやってきたと思います。僕には柔道が強くて有名な兄がいます。高校入学時に指導者の親父は兄に対しては「人の3倍努力しろ」と言い、私には「無理して柔道しなくていいぞ」と言っていました(苦笑)。「ちょっとくらい僕にも期待してくれよ!」と子ども心に悔しかったです。「いつか親父を見返してやる」って、それが大きなエネルギーになりましたね。

名波 野村君はどのタイミングで親父が認めてくれたと思いました?

野村 大学に入ってからでしょうか。子どもの頃は周囲から期待されるような選手ではなかったし、自分に自信を持てなかったんですよね。それが大学4年でオリンピック金メダリストになったら、急に周りが「天才・野村」と称えてくれるようになりましたね(笑)。

名波 「天才・野村」の活字が新聞紙上を賑わせていましたが、本人にその意識はなかったと。

野村 そうですね。ただ、子どもの時から背負い投げが大好きで、柔道は弱くてもこれだけは「武器にする」と真剣にやってきました。高校、大学でようやく身体も出来上がってきて技術を生かせるようになった時、磨き続けてきた僕の中の背負い投げの感覚が合致したんです。その時、自分は柔道でやって行けると確信しました。

名波 飯田さんが「これが俺の武器なんだ」と気づいたのは?

飯田 自分の武器を認識できたのは、常勝ヤクルトを作り上げた野村克也監督のおかげです。「野球には主役もいれば脇役もいる。飯田、お前は脇役の一番を目指しなさい」と言われました。チームを勝たせるのは4番の仕事だけど、お前みたいに足で相手をかき回すのも一流の仕事なんだと。やっぱり誰だってホームランを打ちたいじゃないですか? でも僕の立場上、それを追い求めていたら使ってもらえなくなります。だから自分の武器である「足を生かすゴロの技術」を磨き上げました。野村さんには今もありがたい思いでいっぱいです。

名波 僕は左利きなので、幼少期からその希少価値を理解していました。30人いるチームで、左利きは一人か二人しかいなかったですから。それは成長してから、どのカテゴリーでも感じていましたね。高校時代、ブラジル人のコーチが「お前は左足だけ使っていればいい」と言ってくれて(笑)、左利きの名波が生まれたのかと思います。

「努力」がいつ、どの形で実を結ぶかは誰も分からない

名波 僕は巨人ファンで「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史さんが大好きで、センター(中堅手)を守りながら、何かが起きることを予測して、ライト(右翼手)、レフト(左翼手)をカバーする姿がとても印象的でした。飯田さんもゴールデングラブ賞を何度も獲得した名センターですが、継承されているものがあるのかと思って見ていました。

飯田 ありがとうございます。野球では外野の要は確実にセンターなんです。守備が一番上手い奴がセンターを守る。だから「レフトが取れる球でも飯田、お前が取れ」と常に言われていました。

名波 一本の道を極めるのか、ユーティリティに臨機応変に対応していくのか、どうメンタリティの方向づけをしていったのでしょうか?

飯田 やっぱり、みんな自分のポリシーはあると思うんです。「俺はこのポジションが一番輝けるんだ」という思いもあるでしょう。でも、監督が「このポジションをやれ」ということは、期待していることの表れなんですよ。「僕はピッチャーしかやりません」ではチャンスが減ってしまいます。それより、監督の期待に答えるために努力した方が、より未来が広がることを理解してほしいですね。

名波 おっしゃる通りですね。これは子どもたちにも言えることだと思います。野村君も自分の壁にぶつかることもあったと思いますが、どんなメンタルのチェンジをしていったのですか?

野村 40歳まで柔道をやってきましたが、若い頃は周りとのコミュニケーションなんか考えずに、自分が強くなることしか考えてなかったです。努力は素晴らしいものですが、意味のある努力と無駄な努力ってあると思うんです。ただ、「意味のある努力」って若い時には分からないんですよ。だからこそ、無駄な努力をする必要があって、その中から意味のある物を見出ていかなくてはいけないんです。そして、それを継続できる選手が上にいくんだと思います。私の場合は、それに気づかせてくれた指導者との出会いが非常に大きかったですね。それまでたくさん練習した自分に満足していたのですが、周囲にライバルがいる中で、頑張るのは当たり前の世界なんですよ。その中で、意味のある努力をどう意識付けしていくのかを気づかせてもらい、僕は大きく変われました。そうして積み重ねていくことで、チャンピオンとしてのプレッシャーも、自分のための戦いだと自分の中に押さえ込むことができたんです。停滞したとしても、苦しみの先に何があるのか、自分との向き合い方によってまた新しい自分に出会えると思ったから、辛いことがあっても頑張れたんですよね。

名波 なるほど。いや深いねー!

野村 努力はすぐに結果を出す子もいれば、結果として現れない子もいるんです。努力がいつ、どのタイミングで身を結ぶかは誰にも分からないんです。それは指導者も分からない。だからこそ、続けることが本当に大事だし、真剣にやっていればどこかに成長があるんです。それが結果に出るかどうかだけなんですよ。

名波 そうですね。例え違うレールに乗ったとしても、その努力は無駄にならないし、必ず生かされますよね。最後になりますが、去年、僕が息子の試合を見に行った時、2-2の同点から試合終了間際に息子のチームが点を取り、3-2になった時に身体が震えたんです。その感動は、自分がプロの試合で経験したものと、何も変わりませんでした。息子の努力もわかってたし、それが結果となってあの感動につながったんだと思います。スポーツはステージの違いなく感動を生み出せる。改めてスポーツは偉大だと思いました。僕も飯田さんと同じ意見で、認めてもらうためにコミュニケーションをして、自分でチャンスを増やすべきだと思うし、野村君が言ったように、無駄な努力も身になると言うことを、子どもたちに知ってほしいと思います。お二人とも、本日はどうもありがとうございました。

飯田 コロナ禍の中、スポーツがない生活はつまらなかったし、プロ野球再開をどれだけ待ちわびていたか。スポーツには力があると思うので、皆さんで助け合いながらやってほしいと思います。スポーツの力は偉大だと思いますので、みなさん、いろんな競技を応援してください。

野村 勝ち負けは大事ですが、それだけじゃなくて、チームメイト、試合相手、自分の強さ、弱さ、課題を見つけたりとスポーツに気づかせてもらうことはたくさんあります。そこに向き合い、頑張ることで周囲とコミュニケーションが生まれます。親御さんがアドバイスしたいのも分かりますが、今がゴールじゃないことに気づいてください。スポーツを通して成長することに喜びを感じ、親子で共に成長していってほしいですね。みんながプロになり、トップになるわけじゃないですから、スポーツで取り組んだことが、いつか社会で生かせると信じて学んでいってほしいですね。難しいかもしれないですけど、来年こそ東京オリンピックを開催してほしいし、熱くみんなで盛り上がっていきましょう

名波 スポーツをお子さんが学ぶことで、「マイナス要素が多かった」という話はない、と断言してもいいくらいの考えを持っています。大人の導きが必要ですが、子どもが勉学としての教育ではなく、スポーツが持つ教育的価値に気づいた時のパワー、才能は大人の想像を遥かに超えてきます。今回の鼎談で、スポーツを楽しむことの重要性をわかってもらえたかと思います。その中で、仲間との関係性、競技でのポジション、進路の悩み、いろんな問題あると思いますが、家族や指導者を巻き込むもよし、自分で解決するもよし、そう言ったプロセスが大事だと思います。最後に、今日お話ししたことは、我々三人が違う競技でトップカテゴリーに行けた「成功体験」ではありません。我々もいろんな失敗も間違いもして、努力をしてこうして話せる立場にあることを、皆さんにご理解いただきたいなと思います。

 

PROFILE

名波 浩
1972年11月28日生まれ、静岡県出身。清水商業高校、順天堂大学を経て、1995年にジュビロ磐田に入団し黄金期を築いた。フランスW杯で10番を背負うなど、長らく日本代表を支えた。現役引退後は、テレビ出演やジュビロ磐田の監督を務めるなど幅広く活躍。サッカースクールSKYのアドバイザーも務めている。
野村 忠宏
1974年12月10日生まれ、奈良見出身。柔道男子60kg級でオリンピック(アトランタ、シドニー、アテネ)で柔道史上初、全競技を通じてアジア人初の3連覇を達成。2013年に弘前大学大学院で医学博士号を取得。現役引退後は柔道の普及活動を行い、スポーツキャスターやコメンテーターとしても活動。
飯田 哲也
1968年5月18日生まれ、東京都出身。1986年ヤクルトスワローズにドラフト4位で入団。1991年からは7年連続でゴールデングラブ賞を受賞。1番打者として活躍し、チームのリーグ優勝に貢献。その後、楽天ゴールデンイーグルスに移籍。現役引退後はヤクルトの一軍コーチとして若い選手の育成に努めた。現在は、メディア出演や講演など多方面で活躍中。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND