/interview/38180/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

野澤武史×畠山健介│ポジショニング戦略で育むセルフプロデュース術

ラグビーワールドカップ2019における日本代表の「ONE TEAM」のチームの結束力は、選手個々がそれぞれのポジションの役割を明確に遂行したことで生れた。自分の強みを理解し、生かし、発揮するチカラ、それは「セルフプロデュース力」に置き換えられる。自らの能力を最大限発揮できる子どもに育てるにはどうしたらよいのか? ラグビー界のキーマン二人に聞いた。(※2020年10月に収録)

 

ポジションの役割が明確なラグビーは
選手の個性が表れやすい

──現役時代は神戸製鋼コベルコスティーラーズでプレイされ、引退後は指導者や実業家として活躍されている野澤武史さん、そして日本代表としてプレイした2015年のラグビーワールドカップで歴史的勝利に貢献され、現在はアメリカの「ニューイングランド・フリージャックス」に所属する畠山健介選手、よろしくお願いいたします。野澤さんは以前「ラグビー選手は恥ずかしがらず、行動的な方が多い」と言われていましたが、ラグビーをやる方の特質というのはあるんでしょうか?

 

野澤 ラグビーというのは、「フォワード」と「バックス」というものに大きく分かれています。フォワードは「スクラム」といって、おしくらまんじゅうみたいなことをする側のこと。そしてバックスというのは足が速くて走っていくようなポジションです。フォワードの選手の方は比較的恥ずかしがらずに、なんでもやる人間が多いような感じがしますね。直感ですけど。

 

──なるほど。畠山さん、どうなんですか?

 

畠山 そうですね…多分世代なのか、(僕は)結構恥ずかしがることが多かったと思いますけど(笑)。

 

――違うんですか(笑)。

 

畠山 いやいや。野澤さんの代の方とかは豪快な方とかエネルギッシュな方がたくさんいらっしゃったので、そういう方達がたくさんいらっしゃったと思うんですけど。僕たちの世代は、比較的…(苦笑)。フォワードでもやっぱり引っ込み思案だったり、「やれよ」って言われると「できないよ……」みたいな、怖気付くやつも普通にいたので。その辺はもしかしたら、時代とか世代とかっていうのもあるかもしれないですね。

 

野澤 まあ、あとは…地域差もあるかもしれないですね。やっぱり関西人はすごい…出てきますよ。頼んでないのに、練習前に一発芸やってくれたりとか(笑)。小さい頃から吉本新喜劇を見て育ってるんで、笑いのベースがありますよね。

 

畠山 それは本当にそうかもしれないですね。

 

──今のお話でいうと、フォワードとバックスって、性格も如実に違うものなんですか。足が速いとか、スクラム組むためのパワーとか素質もあると思うんですけど、性格的なものには左右されないのですか?

 

野澤 違うんじゃないかと僕は思うんですけどね。人懐っこさが、背番号が小さくなればなるほど増していく、みたいな。

 

畠山 その理論でいうと、稲垣(啓太)が一番笑わなくて、懐かなそうではあるんですけど(笑)。でも9番は本当に勝気な人が多いですね。小柄な人が多いんですけど。田中史朗、日和佐…あと僕のサントリー時代だと、今明治の監督をやられている田中澄憲さんとか。みなさん小柄なんですけど、やっぱり強気で。大きい男たちをがっちり操らなきゃならないので。遠慮してたら輪が機能しないですし。そういう意味では9番の人は勝気な人が多いイメージがありますね。

 

逃避癖のある人間はグラウンドでも逃げる
辛さを乗り越えるから強くなれる

──畠山選手も「自分をさらけ出すことができるのがラグビーのすごさだ」ということを言われていたと思うんですけど。

 

畠山 そうですね。ラグビーに限らずなんですけど……きつくなるんですよね。80分フルでやる選手も少なくなってきてますけど。厳しい中……疲れている中で、その人の人間性みたいなものも現れるので。きつい時に逃げ出す人って、グラウンドでもやっぱり逃げ出しちゃうんですよ。プレッシャーやストレスや疲労といったものにさらされた状況下で、精度の高いプレーができないってなると……グラウンドの外でも一緒なんです。例えばオールブラックスなんかは、「better people makes better all blacks」と言って、「よりよい人間がよりよいオールブラックスを作る」という精神のもとに教育と根付いて、ラグビーを国技として広めてっているので。いい選手を育てるのではなく「いい人間を育てよう」というところが、ニュージーランドは特化していますよね。

 

──要は、苦しいことに直面した時に、そこで踏ん張って立ち向かえるかっていうことが大事だっていうことですか。

 

畠山 まあ、人としても大事ですし、それがグランドに出てもそうです。グランドの中だけやるっていうのはできないんですよ。疲れている時って、本性が出てしまうので。グランドの外ではいい子で、中に入ったらやりますっていうのは…そういうのは本当のプレッシャーにさらされていないのかな、って思います。テストマッチでいきなり出されると通用しなくなっちゃうので。

 

──それは社会にも通じることのように思います。

 

畠山 グランドの中と社会ではストレスや疲労のかかり方も違うので……僕たちはスポーツを通じてそういうものをさらけ出せているっていうのは、大きいかなって思いますね。世の中に出るとみんながみんないい人っていうわけじゃないですし。なかには姑息な手を使われて……ストレスにさらされることもありますし。難しいとは思うんですけど、共通しているって思うのは、自分自身を高めるってことですね。初めからみんなのために……ってヒョロヒョロのやつが言ってもあれなんで。自分自身を心身ともに鍛えて、その上で組織やチームに貢献するっていうのは、選手だろうが社会人だろうが同じなのかなと思いますね。

 

野澤 ラグビーって社会人になると、練習しても2時間とかなんですよ。トップ選手になればなるほど練習時間が短くなるんです。例えばグランドに出てる時間が1時間だと、23時間グランドの外にいるわけで……その時間をどれだけ中にいる1時間に充てられるのかっていうところは、トップ選手になれるかならないかという点で、差が出てくると思います。どうですか、畠山さん。

 

畠山 そうですね……いかに濃い時間を作るかっていうことはおっしゃる通り大事だと思います。僕は以前、エディージョーンズが日本代表の監督だった時に、高校生の合宿をエディーが見るってことで、代表選手何人かで手伝いに行ったんです。そこで、エディーの「1日2時間練習してる人」という質問に、30人くらい手を挙げたんです。3時間の人は10人くらい、4時間は5人くらい、5時間って言ったら一人手を挙げました。「そんな練習する必要ないんだよ」ってエディーは言ってたましたね。まあ、日本代表は1時間の練習を4分割してたので…トータルするとやってるんじゃないかなって思ったんですけど(笑)。

 

野澤 あれはうまく騙されてましたよね、今考えると(笑)。

 

畠山 でもまあ、「一気に5時間やっても意味はない」ってことなんですよね。いかに濃密な時間を取れるか、そして回数を重ねられるかっていうところは大事かなって思います。

 

セルフプロデュースの入口は
自らの「SOS」に敏感であること

野澤 会社って8時間労働なので、次の日の仕事のために時間を使っている人って、かなり少ないんじゃないかなって思うんですよね。今回こういう講演を聞くっていうのも自分の思考を整理するってことだと思うんですけど……そういうことにどれだけ時間を費やしていけるかっていうのは、重要なことだと思いますね。アスリートの時って、ケアに時間を使わないと絶対に次の日にいいパフォーマンスできないですし、準備しないと無理ですよね。

 

畠山 メディアの人とかファンの方とかからは、ハードトレーニングやきつい練習をしたっていうところにフォーカスが当たるんです。ただ、(実際は)その裏でリカバリーにかなり注力しているんです。生かさず殺さずみたいな状態を保って、少しずつリミッターを上げていくっていうところに力を入れていましたね。ハードトレーニングだけやっちゃうと壊れちゃうので。メンテナンスというか……疲労を取ったり心をリフレッシュさせたりっていうところを意識していましたね。

 

野澤 自分の体のSOSとかに敏感でいることって、僕の中ではセルフプロデュースの入り口なのかなって感じがします。自分の中のサイレンを聞かない人もいますけど……それはよく聞いた方がいいんじゃないかなって思いますね。

 

――自分が目的意識を持ってプランニングしているかどうかっていうことが大事だっていうことですかね。

 

野澤 めちゃくちゃ大事だと思いますね。僕はアスリートの時にはセルフプロデュースがあんまりうまくいっていなかったんです。大学3年生の時に日本代表になって……これはかなり早いことなんですけど、神戸製鋼に入ってから全然試合に出られなかったんです。今回この話をもらって、そのときのことを思い出しましたね。

 

畠山 うまくできてる人の方が少ないのかな、っていうのは正直なところですね。小さい頃からテストを重ねて、目の前のターゲットしかないので。方法が目的になっている人が多いかな、っていう風に思います。「金メダルとります」とか「世界一になります」っていうのは大事なことだと思うんですけど、「何のためにそうしなければならないのか」ということがクリアになっていないと、金メダル取った瞬間に燃え尽きちゃうんですよね。「自分がどう生きたいのか」「どういうことで幸せを感じるのか」とか、逆算をして自分と向き合っていかないと、答えも出てこないんで。大事なことかなって思います。

 

──目標はあくまでも通過点でありその先に進むために自分に課題を与えられることが成長する秘訣だ、ということをアスリートの方からよくお聞きします。

 

野澤 積み上げ方式にしてちょっとずつやって、ゴールに到達しませんでした……というパターンは結構あると思うんです。なので、最初に自分のあるべき姿を決めることは大事だと思います。アスリートってターゲットやゴールという部分では、誤魔化しがきくんですよ。「日本代表になりたい」「ワールドカップで優勝したい」っていうことは、目標でもあり目的でもあってしまうんですよ。ただ、引退して社会に出た時に、落とし穴になるところだと思うんです。社会に出たら自分で自分のゴールを決めるっていうことをしなきゃいけないんです。ここで多くの人は迷子になると思うんですよね。

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND