/interview/38261/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

橋本英郎×嵜本晋輔│「両立」の秘訣は客観視とパラレル思考

「両立」──、言葉の響きはいいが、実行するのは難しい。それでも「スポーツも頑張ってほしいけど、勉強もやってほしい」、「スポーツだけでなく、社会に出て自立できる大人になってほしい」、そう願い、時には強要してしまう親も多いはず。そこで今回は、プロサッカーと大学を両立させた橋本英郎選手と、プロサッカー選手の経歴を持ちながら上場企業社長となりビジネスを成功させた嵜本晋輔氏の対談セミナーを開催。両立を成し得るためのヒントが詰まった興味深い内容となった。(※2020年11月に収録)

ガンバ大阪時代の先輩後輩関係

──嵜本さんにとって橋本さんは先輩ですが、どんな選手でしたか?

嵜本 僕は2001~2003年までガンバ大阪にいて、3年間橋本さんとプレーさせてもらいました。一つひとつのプレーにこだわりと厳しさがある方でしたね。練習中に少しでも気を抜いているプレーがあったら、ハシ(橋本)さんが追及するというか、それに対してきちんと対話をしていました。

橋本 僕、ガンバのときは厳しかったので。今はめっちゃ優しくなってますけど(笑)。

 

──チームによってカラーも雰囲気も変わるってことですよね。

橋本 そうですね。自分自身への要求も高くしていた分勝ちたい思いが強くて、周りに強く言うことはありました。

 

──嵜本さんはどうでしたか?

橋本 見た目はガリガリでした。頑張って筋トレをやって大きくはなったけど、「ボリュームが上がらない」って悩んでいたのは覚えています。

嵜本 間違いありませんね(笑)。

 

プロサッカー選手を引退した「前向きな撤退」とは?

──嵜本さんはガンバ大阪でプレーした後に起業して、上場企業にまで成長させるという素晴らしいご実績をお持ちです。サッカーをする子どもを持つ親御さんからすると理想なのかと感じます。私も色んな親御さんと会話する中で、「プロ選手は生命が短いし、スポーツすることってどうなの?」と不安な方も多いようです。サッカーから全く違う分野に行かれたわけですが、その時の苦労話はありますか?

 

嵜本 僕はプロサッカー選手になってわずか4年で、サッカー界からは引退しています。実は22歳の時にもうサッカーからは「前向きな撤退」を決めていました。父親が大阪でビジネスをしていて、それを継いだ経緯があるので、恵まれた環境ではあったと思います。その当時はサッカー選手を続けるという選択肢も、父親の元で仕事をするという選択肢もあったんですね。その中で、サッカー界で自分の価値がどれだけあるのか客観視したんです。これから2年3年という時間を投資しても、自分が思い描くような所までいくのはかなり難しいなと感じました。

「アスリートは1%の可能性でも賭け続けるべきだ」という考え方もありますが、僕の場合は1%を切っていたと思います。だから、ずるずるサッカーを続けるよりは、新しい自分の可能性に賭けるほうがいいのかなと考えました。振り返ると「前向きな撤退」というアクションがなければ、今の自分自身はなかったと思います。大好きなサッカーで、夢だったプロサッカー選手になれて、その立場を手放すのは勇気がいりました。でも自分の可能性を信じて次の世界に飛び出していった結果、自分の才能を呼び起こせたと思います。だから、その時の判断は良かったと自分では感じています。

 

──今思えば冷静に、客観的に自分を分析されたということですね。その自己分析はサッカーを通して学んだことなのか、元々の性格なのか、どちらでしょうか?

 

嵜本 理由は正直分かりませんが、父親が商売人だったことも関係しているのかもしれません。実はガンバ大阪をクビになったときは、「いかに見返すか」しか考えていなかったですね。正直今思えば、全くと言っていいほど成果を出せていませんでした。でもその時は、「なんで俺だけクビになったんだ」という被害者意識の感情がありました。自分の能力を認めてもらえなかった悔しさを、次のチームでぶつけてやるという感情で、JFLというカテゴリーの、佐川急便のサッカーチーム(佐川急便大阪SC)に入りました。そこでは十分通用したので、チームの中心人物になってJ2、J1に這い上がっていけると思っていたんです。でも実際にプレーしてみると、自分の思い通りにいかない日々が続きました。

ある時、自分自身に覆いかぶさっている感情があることに気づきました。「俺はここまでサッカーをやり続けたから、ここで諦めたらだめなんだ」――そんな感情です。人間は多くのシーンで感情に意思決定を遮られて、正しく判断できない場合があります。僕はその感情を一旦横に置いたことで、初めて自分を客観視できました。

 

──「客観視」は人生の岐路で負のスパイラルに陥らないために、すごく大事な要素ですよね。橋本さんにもこういったエピソードがあったと記憶しています。

 

橋本 30年近く前、中学1年の時ですね。今の話を聞いて、すごく考えさせられました。僕はズルズル行ってしまうタイプなので、大胆な切り替えができていないなと。

 

──いえいえ。橋本さんは文武両道、両立を成しえた方です。天王寺高校という進学校に通いながらガンバユースにも行くという、理想的な文武両道だと思います。

 

橋本 その当時はしんどくて、それが理想だとは個人的に思っていませんでした。高校サッカーでやりたい、という気持ちがあったんです。でも僕らの頃は選手権やインターハイに出たいと思っていました。そうするとガンバはクラブチームなので、そういうもの(高体連)から外れちゃうんですよ。マネージャーもいないし、全然雰囲気が違いましたね(苦笑)。

「前向きな撤退」から、ビジネスの世界で大きな成功を収めた

スポーツで得られたものが両立の手助けに

──実際のところ「進学」という要素は、人生の中で高い割合でしたか?

 

橋本 そうですね。家庭的な事情もあって、親としてはサッカーは好きで続けてほしいけど、プロとしてやってほしいとは思ってなかったんです。大学に行ってそのまま会社員になる、っていう流れが家庭の考え方でした。大学に進学できたので問題ありませんでしたが、浪人していたら学業優先で、プロサッカーの道はあきらめていたと思います。

 

──ご家庭としては基本勉強で、スポーツはリフレッシュするためのツール、という認識だったんですね。

 

橋本 そのあたりを両親に聞いたわけではありませんが、大学進学という「レール」は確かにありましたね。でも、スポーツを続けていくと得られるものが色々あると思います。友達、集中力、負けず嫌い、勝負強さなど、勉強だけでは得られないものがたくさんありました。そして、それらは勉強にも活きたと思っています。僕の場合はサッカーを始めたのが兄の影響で、兄のチームに行ったらそこがガンバジュニアユースだったんです。

 

──気づいたらそういう環境になっていたってことですね。

 

橋本 そうですね。ちょうどJリーグ元年(1993年)に中学1年で、ナビスコカップも始まって、サッカーブームが来ていたんです。その当時、僕らの年代が評価されていました。稲本潤一を始めとした有力選手が、色んな地域から集まってくるような状況でした。僕は元々ガンバに行くつもりではありませんでしたが、他の人はガンバに入るからって目的で集まったんです。

 

──仮にたまたまでも、クラブチームに入ってやっていくのは、相当きついことですよね。

 

嵜本 厳しいですよね。簡単ではないと思いますし、やり続けるということはすごいと思います。

橋本 厳しかったですね。苦労はたくさんありました。

 

──プロのオファーが来たのに大学に進学する、っていうのがすごいですよね。親御さんが「大学進学しないとプロにさせないよ」っていうスタンスだったんですね。

 

橋本 今、サキ(嵜本)が言ってくれたように、プロの世界を数年でクビになったら、それより後の人生の方が長いんですよね。だから、両親は不安が大きかったと思います。僕自身、中学生の時からスーパーな選手ではなかったし、僕より上手い人がずっといる状態で試合をやっていました。僕より先に試合に出ている稲本潤一や、高3の時点でプロになった新井場徹がいました。そういう選手も見ていて、僕はユースで3年間、終わるまでトップの方に行けなかった。そういう意味で序列的に厳しいと、両親は客観的に見ていたと思います。

 

「らしく、生きる」環境づくり

──親御さんからも、「子どもがいざプロになった時に不安」という声をよく聞きます。ポジティブに返せたらと思うのですが、そういったことを聞かれたらどう答えますか?

 

橋本 僕は全然ポジティブな答えを返せないですよ(笑)。

嵜本 日本はプロのアスリート自体にあまり夢がない状態になっている、という意味ではあまり勧めたくない気持ちもわかります。でも、一つのことに全精力を注いでプロになる過程は、その後の将来にとって自信やきっかけになります。そういう意味では、自分の子どもだったら「やれ」って言うと思いますね。

 

──プロになる夢をつかむということは、一つの実績であって自信ですよね。大事なのは切り替えや、すがらないで改めて自分を客観視すること。そういったことを成長していく過程で蓄えていれば、プロになった後でも次に色んな可能性を見出せるってことですね。

 

嵜本 今月3歳になる息子がいるんですけど、色々父親になって考えることがありまして。息子にマウントを取りたいっていう意味で、サッカー選手にさせたいという気持ちがあります(笑)。でもこれって親のエゴじゃないですか。多くの親御さんは期待しすぎるあまり、子どもの人生を親がどうしたいかっていう観点で見てしまう。でも実際は子どもがどうしたいかなので、やりたいことに手を伸ばせる環境づくりを支援するのが親の役割だと思います。

僕自身がプロになれたのも、サッカーでプロになるという夢を応援してくれた親のおかげです。親に「サッカーしろ」と言われたわけじゃなくて、自分自身がやりたいって親に提案して、兄と二人でサッカーを始めました。だから、親の過度な期待はダメだなと思います。

 

──親が、じゃなくて子ども自身が、ってことですね。嵜本さんはインタビューで「自分が周りからどう評価されるかよりも、自分がどうあるのかを考えるべき」ともおっしゃっていました。子育てもスポーツもビジネスも、全部通ずるものがあるってことですね。

 

嵜本 そうですね。人は大人になればなるほど周りの目を気にし始めて、「自分がどうしたいか」よりも「どう評価されるか」の優先順位が高くなってしまう。これは僕たちの会社でも起こっています。素晴らしいポテンシャルがあっても、ミスを恐れてチャレンジすることをためらってしまうんです。特に、課長や部長という役職を手に入れた人ほどそういう傾向が強いのですが、会社からすると機会損失でしかありません。一人ひとりがやりたいことに手を伸ばせる環境を作らないと、自分に蓋をしてしまう。僕たちの会社はまだまだ不完全な部分だらけですが、「らしく、生きる」という言葉を理念として掲げています。そういう人を1人でも増やすために、どういう制度や働き甲斐を作っていくか、チームで色々議論していますね。

一人ひとりがやりたいことに手を伸ばせる環境を作れるように、嵜本氏は「らしく、生きる」を会社の理念として掲げている。

 

モチベーション維持には、「認めてもらえる環境」も大切

──失敗を恐れて守りに入ってしまうということですね。橋本さんは進学校に行ったり、トップのチームに行ったりという経歴があります。その当時はどのような経緯があったのでしょうか?

 

橋本 兄も姉も天王寺高校に行っていたので、「3人目もいくやろ?」っていう流れでした(笑)。ガンバのジュニアユースも「兄が行ってたからいくやろ?」、ユースができたから「上がれるなら行くやろ?」で行きました。プロになれるという話はイレギュラーに出てきたのですが、「大学進学でしょ?」って流れは続いていて、最終的に両方の道に進むことを選択しました。ある程度レールが敷かれている中で、自分で判断したのが高3のタイミングでしたね。

 

──進学というレールが敷かれている中で、サッカーはどんな存在だったんですか?

 

橋本 僕はサッカーをすることが好きですが、ジュニアユースはレベルが高すぎて、正直そんなに楽しめませんでした。でも、その高いレベルの中でいいプレーが出来たときの楽しみはありましたね。あとは、地元の友達や高校のサッカー部員とプレーしていました。自分が上手い立場になれるので、好きなプレーを楽しんでできるし、認めてもらえる。そういう自分が心地よい環境を持ちながら活動していたなと感じますね。

 

──子どもの頃は「認められる」ということが、モチベーションを維持するためには大きいってことですね。

 

橋本 そうですね。ガンバのジュニアユースで僕が認められていたことって、「足が速い」ってこと位だったんです。今でもジュニアユース時代の友達に会ったら、やっぱり「足が速い人」ってイメージが強いようです。今だと技術的な面でも見てもらえますが、ジュニアユース時代はもっと技術のある選手が沢山いたので、(技術が)劣っている選手でした。技術レベルが高い選手のほうが評価されていたので、自分でも評価は高くないと思っていましたね。

 

両立のヒントは「オンとオフの切り替え」

──大学進学はご自身で判断して決めたとのことですが、その理由は何でしょうか?

 

橋本 まず家族的なレールが敷かれているので、大学に行かないという選択肢がありませんでした。あとは高校3年間の勉強と、ガンバユースとの両立が本当にきつかったんです。これまで41年生きてきた中で一番きつい3年間でした。だから、その3年の成果が高卒でプロサッカー選手となると、少しもったいないかなと。成果が形として残らず終わらせるのは悔しいなと思ったので、大学進学という考えになりましたね。

 

──環境づくりもうまい方だなと感じます。「逃げられる環境」と言うんでしょうか。

 

橋本 勉強を頑張っているメンバーと勉強する時は、サッカーから離れられるという側面もありましたね。ある意味ではオン、オフの切り替えです。どちらがオンとも言えますが、僕はその両方を持ちながら動いていたと思います。サッカーする環境もさまざまで、ジュニアユース時代は地元の友達と、長居公園で草サッカーもやっていました。そこがオアシスでしたね(笑)。

 

──周りのレベルについていくのがきつくて辞めてしまう、という話も多いですね。

橋本 辞めたいと思う時もありましたね。でも、兄が中3までやっていたから辞めにくかった、というのがあります。ただ、サッカー自体を辞めたかったわけではありません。自分の中学にはサッカー部がなかったから、ジュニアユースを辞めるとサッカーできる場所がなくなってしまう。それも大きかったですね。

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND