/interview/38270/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

レアルカンテラ所属選手の保護者から学ぶ│「世界で活躍する子どもの育成方法」

海外での活躍できる選手とは果たしてどんな選手なのか? そこで実際に子どもがレアルカンテラ(レアル・マドリードの育成組織)に所属するホセ氏と、幼少期の育成に関わったEDモラタラスで育成ダイレクターを務めるトーレス氏を招き、世界最高峰のチームに所属するために必要なことを深掘りした。(※2021年1月に収録)

餅は餅屋に、サッカー指導はサッカー指導者に

──メソ選手がサッカーを始めたのは「モラタラス」というクラブだったとうかがっています。父親のホセさんがメソ選手をモラタラスに入れた理由やきっかけは?

 

ホセ モラタラスは小さい時からサッカーを学べるクラブで息子が楽しくサッカーをやれる環境を考えてくれましたね。選手を成長させることにフォーカスしているので、すごく良いクラブだと思います。でもモラタラスに入った当時は、レアル・マドリードのようなビッグクラブに行くとは予想していませんでした。

 

──トーレスさんはモラタラスの育成ダイレクターをされていますが、どのような指導方針をお持ちなのでしょうか?

 

トーレス モラタラスでは、私たちにしかないフィロソフィーを15年ほどかけて構築してきました。サッカー選手を育てるのはもちろん、人間としての教育にもフォーカスしています。そのフィロソフィーを、すべての年代に対する指導に落とし込んでいるのです。たとえば、攻撃時にボールを長く保持するやり方とか、ボールを失った後にすぐに奪い返すやり方を、小さい頃から徹底して教えています。

 

──「人間としての教育」とは?

 

トーレス モラタラスは人とのつながりを大切にしており、選手間でのコミュニケーションを積極的に取らせています。たとえば、8カテゴリーあるチームの選手をすべてミックスして、大会形式で試合したりします。レアル・マドリードに入ったメソ選手のようなレベルが高い選手でも、それよりも下のカテゴリーにいる選手と触れ合うことで、助け合いを学びます。そして将来につなげていく、ということを小さい年代から実施しています。

 

──サッカーを通して助け合いを教えているのですね。モラタラスでは、保護者とのディスカッションもしっかりされていると聞きました。

 

トーレス そうですね。シーズンのはじめに親御さんを集めてプレゼンテーションを行い、クラブの方針や存在価値、育成環境などについて伝えます。ユース年代では8チームありますが、すべてのカテゴリー共通で1時間半くらいの会議です。親御さんがどのようなチームに子どもを入れているのか把握してもらいます。

 

──メソ選手をクラブに預けたら親御さんは一切口出ししないのでしょうか?

 

ホセ 私自身サッカーを熟知しているわけではないので、口出しすることは基本的にありません。モラタラスにいる指導者はサッカーを良く理解しているので、一任していました。モラタラスの指導者が息子を成長させてくれたからこそ、ステップアップできたと思います。

 

選手として表現することがステップアップの鍵

──メソ選手は8~9歳はモラタラスに在籍し、10歳から「ラージョ・バジェカーノ」に移籍。ラージョは強いチームだと思いますが、移籍した経緯をお聞かせいただけますか?

 

ホセ 「カンテラ」と呼ばれるスペインのサッカー育成に携わる育成組織のチームには、スカウティングする人が多く存在します。そういう人たちが毎週のようにクラブへ足を運んで選手を観察しているのですが、たまたま私の息子に目が留まったようです。ある時電話がかかってきて、「入団テストに参加してほしい」と言われました。入団テストに参加した結果、いいプレーが続出したのでラージョとの契約が決まりましたね。

 

──現在ではレアルカンテラで活躍されていますが、メソ選手のように別クラブのカンテラから移籍するケースは普通なのでしょうか?

 

トーレス レアル・マドリードのような大きなクラブで、急に街クラブの選手と「契約しよう」とはなりにくいです。とはいえレアル・マドリードには3~4歳のカテゴリーが存在しないので、始めるとしたら街クラブから、というのが現状です。だから街クラブで選手として表現、アピールしながらステップアップしていくのが大事。レアル・マドリードでは9~10歳ごろから地域外の選手を獲得してくることが多いですね。

 

──カンテラのチームに入団するのは、メソ選手のように9~10歳ごろが普通なのでしょうか?

 

トーレス 基本的にマドリードの中でもトップクラスのクラブでは、そういう年代から選手を集めようとします。一方、トップクラスとまではいかないクラブの場合は14~15歳ごろから寮に入れて選手を育てていくことが多いですね。

 

──育成年代での契約=プロを見据えた契約、ということですよね?

 

トーレス そういうことになりますね。カンテラという下部組織の目的は、選手を育ててプロにすることです。でも、小さい年代からの契約は継続が難しい。7~8歳の時に身体が大きくて能力があっても、16歳くらいになった時にどうなっているかは分かりませんよね。だから、身体も大人とさほど変わらず、選手としての質が急激に変わりにくい16~17歳での契約の方が成功しやすいのです。また、継続が難しい選手を10人クビにして来シーズンから新しく10人契約、ということもあり得ます。

 

──まずはモラタラスというクラブから始まって、ラージョに引き抜かれて、そしてレアル・マドリード。生き残るためには上がっていかなければいけない世界なのですね。

 

トーレス スペインサッカーの中でも上位の1部・2部リーグでは選手を小さい年代から育てます。でも、成長するにつれて上に行けず辞めてしまう選手も少なくありません。一方で、16~17歳くらいで入ってきて、そこからプロになる選手もいます。だから、そういう選手を1部・2部のカテゴリーでプレーしてもらうために下部組織は常にタイミングをうかがっています。移籍時に元クラブに支払われる移籍金は下部組織の資金調達という側面もあり、効果的な運営の仕方となっていますね。

 

──メソ選手は10~14歳の時にラージョで活躍されて、14歳のシーズンからレアル・マドリードに引き抜かれましたよね。今もレアルカンテラで活躍されていますが、レアル・マドリードからスカウトされた経緯もお聞かせいただけますか?

 

ホセ ラージョの時と同じように、ある時スカウトの電話が来ました。ただ、レアル・マドリードでは入団テストなしの一発契約でしたね。実は契約の1年前にも連絡があって、「興味がある」と言われたんです。当時はまだ小さかったのですぐ契約には至りませんでしたが、その頃から息子がラージョで練習する所を見ていたのだと思います。息子の成長を直接見られたからこその一発契約でしょう。

 

──レアルカンテラでは2シーズン目ですが、15歳の今は上のクラスでやっているとうかがいました。

 

ホセ 実は昨日ちょうど「ユースのCチームの練習に来てほしい」と連絡がありました。始まってまだ2日目なので、詳しいことは分かりませんが。おそらく、15歳の選手をユース年代のカテゴリーに入れて、どのくらいできるかというポテンシャルを見られるのだと思います。15~16歳というのはユースに移行する大事な年代なので、次のステップに行けたことは大きいですね。

 

独り立ちは、メンタリティーが成長してから

──メソ選手は「12歳の時にビジャレアルからのオファーを断った」とあるのですが、この理由は?

 

ホセ 当時は年齢的にまだ小さすぎましたし、ビジャレアルはマドリードから425kmも離れています。親としても息子本人としても一人で寮生活するのはまだ早いと判断し、ラージョに残りました。もし15歳の今もラージョでやっていて、ビジャレアルからオファーがあった場合は受け入れていたかもしれません。スペインは家族をとても大切にする国です。私の意見ですが、12歳ごろの年代は家族と過ごす大切さを教えるのが大事だと思います。

 

──家族の大切さを、教育の一環として教えているのですね。

 

ホセ そうですね。メンタリティーが大人とそれほど変わらないくらい成長したら、そこからは自分で考えて違う地域に行っても良いでしょう。基本的には15歳くらいからだと思いますが、人によっては40歳くらいでもメンタリティーが子どものような人もいますけどね(笑)。

 

トーレス ホセさんとほぼ同意見ですが、補足があります。確かに12歳からビジャレアルで寮生活するのは長期間の滞在になるので、子どもにも負担が大きいですよね。ただ、小さい年代でも短期間であれば、違う国や地域に行ってサッカーを通して経験を得るのもありだと思います。あとは、サッカークラブが全然ないような田舎の選手であれば、小さい年代から都心への移籍を考える人もいますね。

 

ーーなるほど。ホセさん自身としては、息子さんをプロのサッカー選手にしたいという考えが元々あったのでしょうか?

 

ホセ 私自身は、息子がラージョやレアル・マドリードと契約することになるとは想像していませんでした。好きなサッカーを続けてプロ選手になってくれれば、親としてもうれしいですね。でも、スペインの1部リーグは相当難しいカテゴリーなので、サッカーを続けつつやっぱり勉強も大事にやってほしいなと思います。

 

──勉強とサッカーを両立してほしいということですね。ラージョに在籍されていた12~14歳くらいの時期は、特に大事な年代だと思います。サッカーと勉強に使う時間の割合や、使い方はどのような感じでしたか?

 

ホセ スペインでは学校に行くのは午前中だけなので、午後の時間を利用してサッカーができるのです。クラブでの練習は5時ごろから始まりますが、終わった後も勉強する時間は十分あります。だから、勉強とサッカーの両立はさほど難しくないと思いますね。

 

お互いに愛情を注ぎ合う親子関係が大切

──高校や大学への進学も控えていますよね?

 

ホセ そうですね。基本的に中学校卒業後は高校や大学に進学します。大学の時間割がどうなるかはまだ分かりませんが、空き時間にサッカーするようにすれば良いので、問題ありません。レアル・マドリードでサッカーを成長させながら、進学することは可能だと思います。プロにもなってくれたらうれしいのですが、レアル・マドリードはスペイン中の選手を集めたクラブなので、簡単なことではありません。だから親としては、勉強もしっかりやってサッカーと両立できるのが理想です。とはいえ、最終的には息子が決めることですけどね。

 

──メソ選手自身は、自分から計画を立てて勉強していますか?

 

ホセ 息子は勉強熱心なので親として強制することはありませんし、ストレスなくやっているように感じます。また、レアル・マドリードは勉強に対しても評価してくれるクラブです。去年特に成績が良かった選手3名はレアル・マドリードの試合で「パルコ」というVIP席に招待され、夜ご飯もご馳走になりました。逆を言えば、勉強ができないと厳しいという面もあります。

 

──技術面についてもうかがいたいと思います。ホセさんはメソ選手のモラタラス在籍時に、サッカーについての技術的なサポートはされていましたか?

 

ホセ サッカーを始めたばかりの3~4歳の頃は私と一緒にボールを蹴ることもありました。でも私自身サッカーを教えられるほどではないので、技術面で教えるようなことはありませんでしたね。8歳位のタイミングでモラタラスの存在を知って、「ここならちゃんと指導してくれるだろう」と思い、入団させました。モラタラスに入ってからはクラブにサッカー指導を一任し、私は送り迎えだけ、という感じでしたね。

 

──教育に関する決め事はあるのでしょうか?

 

ホセ スペインの家庭ではほとんどそうかもしれませんが、共同生活するうえで「人をリスペクトする」という所をまず教えます。あとは、親と子がお互いに愛情を注ぐ、ということも大切にしていますね。

 

──メソ選手にはどんなサッカー選手になってほしい、という理想はありますか?

ホセ リオネル・メッシ(FCバルセロナ)のようになってほしいです(笑)。でも幸せになってくれれば、それが一番ですね。もちろんそれでプロサッカー選手になってくれれば言うことなしですが。

 

【視聴者質問コーナー】

質問者A 私の息子が今11歳なので、その頃のメソ選手のお話をお聞かせください。メソ選手は、自分から練習するような性格の選手でしたか? また、家庭では「ストレッチしろ」とか「プロの試合見ろ」とか、お父さんの方から口出しすることはありましたか? あとは、チーム練習以外に個人練習を受けることはあったのでしょうか?

ホセ 11歳位の頃は常に動いていないと嫌で、落ち着きがない子でした。ボールが好きで、10歳位まではバスケットボールもやっていましたね。ラージョに入ったタイミングからはサッカーにフォーカスして、サッカーで上手くなるために必要なことを常に自分から行う子でした。練習に関してはチーム練習のみで、基本的に他のところでやることはありませんでしたね。練習が週3日で、毎週末に試合(リーグ戦)という形でした。

 

質問者B スペインでは、スポーツ心理学やヨガなどサッカー以外での教育を育成年代から行っていますか?

トーレス ヨガのようなアクティビティはありませんが、各クラブに一人心理カウンセラーがいて、心理面でのケアをチームで対応しています。あとは、リハビリ担当(怪我後に復帰支援する人)とトレーナーがチームにいて、それぞれのケアをする形です。それ以外のことはやっていませんね。

 

質問者C メソ選手はその年代でも食べ物の好き嫌いなどはありましたか?

ホセ 11歳の時も今も、好き嫌いはありますよ。息子は野菜が嫌いで、親としては野菜を食べるように促していました。

 

質問者D メソ選手は試合の動画を見て、自分なりに分析などしていますか?

ホセ レアル・マドリードは、「レアル・マドリードTV」という自分達のチャンネルを持っています。全カテゴリーについてテレビ放送されているので、親子で試合を見ることはありますね。息子はポジティブな面を良く見ますが、私はネガティブな面を見てしまうので、ケンカになります(笑)。でも、どうしたら良いか自分なりに考えてはいるようです。

 

質問者E 日本でいうジュニア世代(U-11、U-12位)までの練習時間はどのくらいでしたか?

トーレス クラブでは1回の練習時間が1時間半で、それとは別に全カテゴリーで週末にリーグ戦が1試合あります。練習の回数は10歳までのカテゴリーでは週2回、10歳からユースまでは週3回、トップカテゴリーの選手だと週4回ですね。

ホセ 息子は、基本的にはクラブの練習だけで完結していました。ラージョ在籍時は週1回位、ジムでトレーニングすることもありましたが。決められた時間の中で集中してやることが大事だと思います。

 

質問者F 現在では日本人選手が海外で活躍するようになりましたが、海外で育成年代のお子さんを見ているお二人はどう感じていますか? 日本人のプレーを見た時に「こういうことをやっていたらもっと伸びたかもしれないな」と思うところがあればお聞かせください。

トーレス 先ほどもお話がありましたが、週7日やったから上手くなるとは限らないので、決められた練習時間に集中してやっていくことが大事です。あとは、スペインでは生まれ持った才能にフォーカスすることが多く、才能を活かせるようなトレーニングをどのクラブも行っています。サッカーに限らずチームスポーツで特に大事なのが、フィジカル面・技術面・戦術面・メンタル面という4つの柱です。一つだけ突出していても上には行けません。たとえばリフティング技術だけ高くても、他がダメなら乾貴士選手(SDエイバル)や久保建英選手(ヘタフェCF)のような所でプレーするのは難しい。だから、日本人選手は4つの柱を意識すると良いと思います。

ホセ 回答が難しいのですが、一番大事なのはポジティブ思考とトレーニングに集中することだと思います。息子はポジティブな性格で、常に物事をポジティブにとらえて考えています。ただ、日本人選手には日本人選手にしかない良さもありますよね。うちの息子が久保建英選手のようになれるかと言えば、難しいかもしれません。

 

質問者G 日本からスペインサッカー界に飛び込む、となると17歳位からでないと難しいのでしょうか?

トーレス スペインのサッカーでは戦術面にフォーカスすることが多いので、サッカーの違いが壁になるかもしれません。たとえばアメリカの選手などはシュートを打つのはうまいけど、いつどのタイミングで打てばよいかが判断できない。だから、どのような育成を経てきたのかが重要な要素になってきます。スペインで一番大事なのは「状況把握」と「状況判断」ですね。これらを久保建英選手のように小さい年代からやっていれば、17歳からスペインに来てもビッグクラブに入れる可能性はあると思います。でもやはり、どこかの国で活躍するならその国の育成を経て成長していくのが一番の近道でしょう。

 

ーー最後に、皆さんに一言ずつお願いします。

トーレス 今日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。メソ選手のようにいい才能を持った選手が、この世界には沢山います。僕は運がいいことに、モラタラスで楽しくサッカーを教えられていることに幸せを感じています。皆さんも、親子で楽しく幸せな時間を過ごしてください。もしモラタラスのようなスクールが必要であれば、常に僕はここにいますので、ぜひこれからもよろしくお願いします。

ホセ 色々とありがとうございました。日本の選手がスペインに来て成長して、いい選手が沢山出てくることを願っています。先ほどもお話がありましたように、どんな年代の選手でもモラタラスのような素晴らしいスクールで選手を成長させられます。だから、短期間でもぜひスペインに来ていただければと。長いスパンで考えている場合はぜひ家族とともに、あるいはお子さんを見守ってあげられるようにしておくのがオススメです。今日はありがとうございました。

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

 

 

PROFILE

ホセ・マヌエル・メソネーロさん
レアルカンテラに所属するダニエル・メソネーロ・ミゲル選手(15歳)の父。メソ選手はレアルカンテラ(レアル・マドリードの育成組織)で活躍するMF。左足を武器とし、シーズンを通して多くのアシストを記録しており、将来を有望視されている。8歳から13歳までは街クラブでプレーし、14歳からレアルカンテラに所属している。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND