/interview/38299/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

森重真人×辻秀一│「心の乱れない組織づくりとは?」

組織の中で活動していくビジネスパーソンやアスリートの多くは、人間関係などの外的な心の乱れに悩みを抱えているのではないだろうか。困難な状況下でもどう心を整えていけるかが、ビジネスやスポーツ成功の鍵を握っている。そこで今回は、応用スポーツ心理学のプロフェッショナルであるスポーツドクターの辻秀一氏、元日本代表DFにしてFC東京のキャプテンを務めた森重真人選手に、組織を成功に導く心の整え方について語ってもらった。(※2021年5月に収録)

心の乱れないチームづくりには、互いに伝え合うことが必要不可欠

――辻先生は、bizFestaにて体操の田中理恵さんと「個人スポーツでの心の整え方」について対談していただきました。今回は、「組織スポーツでの心の整え方」について森重選手と対談いただきたいと思います。さっそく本題ですが、辻先生は心の整え方を日々色々なアスリートの方へ伝えられていますよね。個人スポーツと組織スポーツでは、心の整え方は違うものなのでしょうか?

 基本的なところでは、同じですね。心の状態に影響する外的要因は、「環境」「出来事」「他人」という3大要素。「他人」は個人スポーツと組織スポーツで違うようにも見えますが、セルフマネジメントの観点では結局同じことです。組織スポーツでいうチームメイトも、個人スポーツでいう監督やコーチも、自分の外部にいる存在という意味で変わりません。ただ「他人」以外の要素で言えば、組織スポーツならではの配慮すべき要因も存在すると思います。その辺りは、森重選手に色々聞いてみたいところです。

森重 個人スポーツの方は、すごいなと思います。自分一人でやっていかないといけなくて、結果が良くなかったとしても誰のせいにもできない。たとえばサッカーの場合は、自分の調子が良くてもチームメイトのミスで失点して負けてしまうこともあるので、悪い結果を他人のせいにしやすい面もあります。でも、そうなった時に最終的に考えることは、周りがどうこうよりも自分自身。その試合で自分ができたこと、次の試合でやるべきことを明確にして、一試合一試合セルフマネジメントしていく。そういう意味では、根本的なところは確かに同じなのかなと思います。

 森重選手の心が揺らいだり囚われたりする場面は、どんな時ですか?

森重 僕は、キャプテンを務める以前は、多少周りがミスしても「自分さえ良ければ」というプレーでした。でもキャプテンという立場では、チームメイトのことやチーム全体の状態を考えて立ち振る舞っていかないといけません。今まで100%自分だったものが、何割かはチームのことを考えないといけなくて。それで、逆にチームのことを考えすぎて自分のことがおろそかになってしまうこともあって、また自分の割合を上げてみたり。どちらかが上手く行けば一方が上手く行かなくて、バランスが難しいなと感じました。状況によって柔軟に対応していく必要がありますね。

 明確な正解はきっとないでしょうから、難しいところですね。審判やメディアのような他人に対して、心が揺らいだり、囚われたりすることはありますか?

森重 ここ数年で変わったなと思うところが、レフェリング(審判)に対しての意識です。人間なのでどうしてもミスジャッジはあります。明らかに間違いなのにファールとして取られたときに、「こちらは真剣にやっているのに、どうして間違えるんだ」と怒りがこみ上げてしまうこともあって。でも、「それもサッカーの一部」と考えるようにしたら怒りをコントロールできるようになって、ストレスなく試合に臨めるようになりましたね。30歳を超えて、やっとできるようになってきました(笑)。

 何かきっかけはあったのですか? 怒ったまま、試合を台無しにしてしまったとか。

森重 明確なきっかけはありませんが、単純に意識が変化してきたのだと思います。以前は怒りさえも情熱として燃やしてパワーに変えていましたが、そうやって考えるのも疲れることなので。そこにパワーを入れる必要はないかなと、考えるようになりました。意識の変化だけでここまで変わるのだなと、ここ数年で感じています。

 素晴らしい学びと成長ですね。チームメイトやスタッフとの人間関係で、心が揺らいだり囚われたりすることはありませんか? キャプテンとしてというよりも、チームの一プレーヤーとして。僕が大学までやっていたバスケもそうですが、失敗が日常的に発生するスポーツの中では、チームの中で心も乱れやすいですよね。そんな時は、どのように対処していますか?

森重 やっぱりチームスポーツなので、阿吽の呼吸やアイコンタクトは大事です。でも、そうやって細かく連携するためには、お互いに要求し合っていく必要があります。自分の考えを、感情的にならないように伝える。そして、相手の話も聞いて、どんな意図だったのかを考える。一試合ごとのミスから微調整していく。これらの作業を積み重ねていくことで、最終的に素晴らしいものができます。見て見ぬふりではなくて、伝える、聞くことはチームスポーツの中で大事にしていることですね。

 相手と意見が違った場合は、ぶつかりあうんですか?

森重 もちろんありますが、目的がちゃんとしていれば意味があることだと思います。チームとして勝つという目標があるからこそ、言い合うわけです。ぶつかり合いは日常茶飯事ですが、そこにストレスをかけないのも心構えとしてありますね。

 

目標や目的の共有が、組織の一体感につながる

――これは以前森重選手からうかがったお話ですが、人がミスしてしまうのは仕方のないことで、いかに落ち込まないように思考を持っていくかが大切だと言っていました。森重選手は色々実践されているとのことですが、その部分について改めてお聞かせください。ビジネスの世界でも、応用できる部分があれば良いなと思います。

 思考の持っていき方については、個人スポーツとリンクする部分も多いんじゃないかと思います。組織スポーツならではの部分も気になるところです。

 

――森重選手はメンタルをキープするために、自分のミスを反省するのは試合後にすべきだとおっしゃっていました。もちろん試合後にしっかり反省することは成長するために大事ですが、試合中は違うと。

 

森重 そうですね。極端に言えば、試合中は他人のせいにします(笑)。サッカーはミスが沢山発生するスポーツですが、そこから何を学べるかが大事です。「さっきミスしたから次はやめておこう」ではなく、もう一度チャレンジする。ミスに対してネガティブなイメージを持つ日本人の方は多いですよね。それを払拭する意味で、試合中は他人のせいにしてでも、自分がどんどんポジティブにやっていければいいのかなと思います。

 なるほど。チーム作りの話になりますが、目標や目的の共有が中々上手く行かずに苛立つことはありませんか? それも、コミュニケーションで解消していますか?

森重 やっぱり、どうしても意識の差は生まれてしまいます。自分が目標に対して強い意識で取り組んでも、周りの若手にはその意識が全然なかったり。でも、その差は経験量から生まれるものです。その差をなくすために、自分の経験を若手に伝えてあげるところからやってみようと考えています。「やらないからもういいや」ではなくて、分かってもらうために何をするか。その考えを止めないように心掛けています。

 スポーツの場合は目標や目的が分かりやすくて、チーム内で共有しやすいですよね。一方のビジネスだと、たとえば「会社の売り上げを100億円にするぞ」と5人位の役員が思っていても、全従業員が思っていることはまずないでしょう。そこで皆が一つになっていくのは難しいですよね。その辺りの違いに関して、森重選手はどう考えていますか?

森重 ビジネスでいう役員をサッカーの世界に置き換えると、スタメンで試合に出ている11人。それ以外の試合に出ていない選手達は、ビジネスで言えば従業員。その従業員まで、どれだけ社長(監督)の熱意が伝わるか。もちろんマネジメント能力も大事ですが、役員(スタメン選手)が従業員(ベンチ選手)を引き上げるのも大事だと思います。「お前達もこっち側に来ないと、いつまでも下っ端だぞ」という感じで、上の立場にいる人が一つずつ引き上げていく。難しいことですが、目標や目的を伝えていくためには大切なことだと思います。

 FC東京では、スタメン選手と試合に出られない選手との関係性は良好ですか?

森重 比較的良い関係はできていると思います。もちろん、監督がそういう組織を作ってくださっているのもあります。今出ているメンバーが悪いプレーをすれば、新しいメンバーを積極的に投入する形なので。そういう意味では、若い選手達が虎視眈々と自分達の背中を狙っているという危機感はありますね。良好な関係性の組織を作るためには、いかにして皆を同じ方向に向かわせるのかが重要です。とはいえ、たった20~30人の組織の中でも難しいことだと感じています。もっと大きい100人、1000人というビジネスの組織になると、どうやって下に伝えているのか気になりますね。

 一気に1000人は難しいので、現実的には20~30人単位だと思います。だから最終的には部や課に分かれて、それぞれのマネージャーが自分のチームをしっかりと良くしていく。そしてマネージャー同士が話し合って、さらにチーム同士を連携させていく。目標を掲げるだけで組織を一つにしようというのは、スポーツの方がやりやすくて、ビジネスだと難しいですね。特に規模の大きな組織だと、目標や目的を掘り下げながら共有することがすごく重要です。「なぜその目標を達成したいのか」「なぜ日本一になりたいのか」「なぜ100億円なのか」といった部分を皆で掘り下げていく。そして組織全体の中で、自分達が所属するチームの役割も明確にする。たとえば売り上げ10億円が役割なら、「なぜ10億円なのか」という所を皆で掘り下げて話し合っていくことで、一体感が高まります。スポーツも同じで、上の人間が目標を掲げるだけだと「俺試合出ないのに、そんな目標言われても」みたいなことになってしまう。一方で目標や目的を組織全体で掘り下げていれば、試合に出ていない選手の理解も得られやすいでしょう。一体感を作っていくための重要な要素が、目標や目的の共有です。

 

「ミス」ではなく、単なる「事象」。目的はエネルギーの源泉

――スポーツだと「勝利」「優勝」という分かりやすい目標があるから、そこに向かって足並みをそろえられるのですね。一方のビジネスだと目標が広域になってくるので、どうやって整理するかが大切。ただ、スポーツでは目標と向き合って考えるトレーニングを少なからずしますよね。そういう意味では、子どもの頃からスポーツをしていると、将来ビジネスで役に立ちやすいのではないでしょうか?

 そうですね。企業にはミッション(使命)がありますが、「なぜ我々の組織がそれをやるのか」という根本の目的が忘れられると、数字の目標だけになってしまいます。スポーツは「勝たなきゃ」だけではなく「なぜ勝つのか」という根本の目的を、皆で掘り下げる訓練に最適だと思います。それができないと、心がぶれやすいのです。

森重 チームの目標が「日本一になる」だとしても、それとは別に個人としての目標もありますよね。試合に出ている人と出ていない人では、個人の目標も変わってくると思います。試合に出ていない人は、今試合に出ている人よりももっと速くなる、ボールの扱いが上手くなるとか。そういった目標を達成するために何をしなければならないかとどんどん細かく掘り下げて、それをクリアしていくということですよね。

 「目標のために何をすべきか」という落とし込みも、もちろん必要ですね。でも心のエネルギーを高めるためには、目標に対する目的もあった方が良いのです。たとえ試合に出ていない選手でも、確かに「スタメンになりたい」「Jリーグで活躍したい」「日の丸背負いたい」などの個人目標があります。「その目標はなぜ?」というのが、個人の目的。目的は、心のエネルギーの源泉なのです。たとえばチームで「日本一になる」という目標を掲げたとしても、自分一人だけが日本一になることはありません。チーム全員が日本一か、全員が日本一じゃないか。チームの目標という船に乗れば、行き先は一つに絞られます。でも、「日本一になる」の根本にある目的を皆が理解していないと、チームがぶれてしまいやすいのです。だから自分の目標とは別に、チーム全体が掲げている「日本一になる」の目的はなんだろうと、しっかり話し合っていくことが重要です。その話し合いを機嫌よくできていると、皆が一つの目的をしっかり理解できて、ぶれない強いチームになります。そういう意味で、きっとFC東京にもまだやることはあると思います。

森重 なるほど。確かに、まだまだすべきことはありますね。

 もう一つ、「ミスして落ち込む日本人が多い」という話。それは脳科学的にいうと、一つひとつのことに「意味付け」をしすぎるんですよ。ボールがその人の所に行かなかったという事象があるだけなのに、「ミス」という意味まで付けてしまう。だから、その事象を踏まえて次に何をやるのかと、しっかり切り替えられることが大事です。サッカーも体操もビジネスも、皆一緒。フットサル日本代表の元監督をしていたミゲル・ロドリゴさんというスペインの方がいますが、彼もテレビ番組で「日本の選手は、ミスという意味付けの中に溺れているんだ」ということを言っていました。「意味は付いていないから、すぐにやるべきことをやれ」ということですね。意味付けに僕達は溺れやすいのです。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND