/interview/38311/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

佐藤寿人×嶋 基宏│「『リーダー』経験を活かすための個と組織のバランス

リーダーには組織のマネジメントに加え個の結果も求められる。今回は、ともに「選手会会長」としてのリーダーシップ経験を持ち、JリーグでMVP・得点王を獲得した元サッカー日本代表の佐藤寿人氏、そしてゴールデングラブ賞・ベストナインにも選出された東京ヤクルトスワローズ所属の嶋基宏さん氏が、「リーダーシップ」の活かし方について語り合った。(※2021年5月に収録)写真/(C)Getty Images

主張だけではNG。リーダーシップ経験から身に付けた「対話力」

──お二人は選手会会長の経験がありますよね。リーダーシップを発揮するために、どんなことを実践してきましたか?

 

佐藤 サッカーの選手会会長は、日本サッカー協会やJリーグの関係者と話すことがあります。夏場の試合のキックオフ時間など、様々な意見を選手から吸い上げて協会やJリーグに伝えていくのが重要な役割です。J1やJ2に加えて今ならJ3までありますから、全員をサポートするのは一番大変な所ですね。

 

──プロサッカーの選手会は、どのような組織でしょうか?

 

佐藤 「日本プロサッカー選手会」は、国内でプレーする選手や海外でプレーする日本選手が会員として所属する組織です。Jリーグの創始者である川淵三郎さんの「対話する組織が必要だ」という声で、選手会が発足しました。選手会の一番の目的は、選手の地位向上や環境整備。初代会長は柱谷哲二さんで、僕は5代目の会長でした。

 

──嶋さん、プロ野球の選手会についてはいかがでしょうか?

 

 12球団それぞれに所属する選手が集まって構成されているのがプロ野球の選手会で、僕はその会長を務めていました。選手がプレーしやすい環境づくりや、選手の地位向上という目的は、サッカーと一緒ですね。プロ野球ではFA(フリーエージェント)という制度があって、選手の移籍やトレードを活発にする取り組みも行っています。そして、色んな選手の意見を聞いて、NPB(日本野球機構)という上の組織に伝えて話し合うのです。

 

──お二人ともプレイヤーでありながら、組織の長でもあったわけですよね。二足のわらじですが、当時は辛さやストレスなどありませんでしたか?

 

 大きな会議は年に二回だけで、試合当日の朝に入ることは滅多にありません。そういう面では、ある程度集中してプレーできる環境でしたね。だから、5年間やっていて辛いなとか、苦しいなとか思ったことはあまりありません。

佐藤 サッカー界も年2回の総会があります。それ以外には、オフの日に皆で集まる理事会がふた月に1回程度。そこで集まって話す分には、辛さはあまり感じませんでした。ただ、ちょうど僕が選手会長を務める時期に、サッカー界でちょっとしたバタバタがあって。選手会の代表としてサッカー協会に謝罪する必要がありましたが、その翌日はアウェーの試合。チームメイトが新幹線で横浜へ移動する中、僕だけ飛行機でサッカー協会へ行きました。試合には間に合ったものの、試合の前日だったので、唯一難しいなと感じた出来事ですね。

 

──皆の代表として責任を負わなければいけないのは、大変ですよね。

 

佐藤 そうですね。選手会長である以上、選手の行いにも責任を持たなければなりません。ちょうど引継ぎのタイミングだったので、それまで選手会長としてやってきたことが、行き過ぎと判断された部分もあります。一番の目的は選手の地位向上ですが、権利だけ主張してしまうと中々いい関係にはなりません。そのバランスは大事だなと思いましたね。

 

──プロ野球の場合は、選手会長として意見をまとめてNPBに物申す必要がありますよね。その時のご経験についてお聞かせください。

 

 NPBも選手会も、「プロ野球を良くしたい」という思いは一緒のはず。でも、こちらのワガママばかりを一方的に伝えても、かえって関係が悪くなってしまう。だから、「これはちょっと厳しいな」という意見は、僕たちのところで止めておくのです。通せる意見かどうかの見極めは難しい部分ですが、いい関係じゃないといい話し合いはできません。そこを大切にしながら会議に臨んでいましたね。

 

──お二人に共通するのは、一方通行じゃなくて相手側のことも考えながら伝えること。選手会長のような立場になると、コミュニケーション力もおのずと鍛えられるのでしょうか?

 

佐藤 そうですね。チームのキャプテンも務めていたので、色んな人と話す中で自然と「対話力」が養われていった部分は大きいと思います。話を進めていく上で、相手サイドとの温度差を感じることもあったので。自分の主張だけでは中々いい形にはならないということも、色んな経験を通して学べました。

 

先輩の背中から学んだ、キャプテンとしての「牽引力」

──お二人は選手会長やキャプテンの経験が長いですよね。子どもの頃も、キャプテン経験はあったのでしょうか?

 

 僕は小中高大すべて、最上級生になった時にはキャプテンをやらせてもらいました。高校では、皆との話し合いで決まりましたね。大学では4年生の部員があまりいなかったので、3年生の時から監督に言われてキャプテンに。

佐藤 すごくキャプテン経験が長いのですね。ポジションはすべて一緒ですか?

 小学校ではピッチャー、中学校では内野のショートやサード、高校ではずっとセカンドでした。キャッチャーをやり始めたのは大学二年生くらいの時で、それまでは全く経験がありませんでした。同級生にキャッチャーが二人いましたが、怪我もあって途中で辞めてしまって。それで監督に言われて、そこから僕がキャッチャーをやり始めました。

佐藤 素人目ですが、野球だとキャッチャーをやる人がキャプテンというイメージがありますね。

 特に高校野球だとキャッチャーやショート、セカンド、センター、いわゆるセンターラインでキャプテンを務める人は多いかもしれませんね。

 

──嶋さんは、色んなポジションを経験しながらキャプテンもされていたのですね。チームのことを優先する性格ですか?

 

嶋 こういう練習がしたい、こういう風にアピールしたい。以前は、そういう事をよく考えていました。周りのことを意識するようになったのは、キャッチャーをやり始めてからですね。野球ではキャッチャーだけが背中を向けて守っていて、サッカーでいうゴールキーパーのような存在。キャッチャーとして指示を出したり後ろから声をかけたりしていく中で、少しずつ考え方が変わりました。

 

──佐藤さんの子どもの頃はどうでしたか?

 

佐藤 僕の場合は、ずっと兄がキャプテンでした。僕はフォワードなので、一番前で自由気ままに、わがままにやっていましたね。「パス出せよ」みたいな感じで、キャプテンらしくなかったと思います(笑)。高校3年生の頃に自分がキャプテンになりましたが、ポジションがフォワードなので難しい部分もありました。

 

──我々から見るとキャプテンのイメージが強いのですが、それはいつ頃からできたのでしょうか?

 

佐藤 若い頃はプロの世界で生き残っていくために、チームのことを考える余裕はありませんでした。少しずつポジションを取って試合に出る機会が増えて、経験していったのです。やはり、プロに入って色んなキャプテンの姿を見られたことが大きいですね。仙台に移籍した時には現日本代表監督の森保一さんがキャプテンだったので、間近で見られました。森保さんは翌年に引退されたのですが、選手会の仙台支部長を僕が務めることになって。まだ23歳くらいの時でしたが、初めてクラブと選手の間に入る役割を担いましたね。

 

──先輩達の姿を見て、「自分もやらなくちゃ」となったのでしょうか?

 

佐藤 単純に、「チームを良くしたい」という思いが強かったですね。それを実現するための良いお手本を、キャプテンの方々が沢山見せてくれました。仙台では森保さん、ジェフでは中西永輔さんや長谷部茂利さん。ベテランのキャプテンは自分をどう出すかよりも、いかにチームが勝てるか、良くなるかを考えてふるまっていました。

 

──嶋さんも、「チームを良くしたい」という思いが昔からありましたか?

 

 プロに入ったばかりの頃は「レギュラーを取りたい」「良い成績を収めたい」と、自分への意識の方が強かったですね。少しずつレギュラーとして試合に出ることが増えて、周りへも意識が行くようになりました。その頃には松井稼頭央さんがキャプテンをされていて、その姿を後ろから見て学べましたね。どちらかと言えば背中で引っ張るタイプで口数はあまり多くないのですが、声をかけに行くタイミングなど勉強になりました。チームを引っ張るキャプテンの背中を見て、考え方が少しずつ変わっていった気がします。

 

周りのことを考える前に、まずは自分の立ち位置を確立する

──野球とサッカー、それぞれ組織スポーツで長い間戦ってこられたと思います。スポーツを通して得られるリーダーシップ力とは、どういったものでしょうか?

 

佐藤 組織の中では、自分を高めて結果を出していくことはもちろん、組織の状況も考えなければなりません。その両方を考えるのは簡単ではありませんが、キャプテンという役割を経験できると、自然とそういう方向に目を向けられます。キャプテンでない人も、まずは組織スポーツの中で色んな人がいることを理解する。自分を高めることは一番大事ですが、それだけじゃないことを若い時に経験できると、その後の考え方も変わってくると思います。

 

──ただ闇雲に組織スポーツすればいいわけではなく、周りも意識しながら行動していくことが大事なのですね。嶋さんも、スポーツで得られるリーダーシップ力についてお聞かせください。

 

 プロ野球では一つのチームに約70人の選手がいますが、それぞれの選手が抱える思いは様々です。一軍で試合に勝って優勝したい、早く一軍に上がって戦力になりたい、早く怪我を治してまずは二軍の試合に出たい。色んな思いを少しでも同じ方向に向かせるのが、リーダーとして重要な役割。とはいえ、やはり自分の立場をある程度しっかり確立しないといけません。そうしないと、中々周りのことまで考える余裕がないと思います。まずは自分の立ち位置を確立して、それから色んな選手のところまで気を配ることが大事。この歳になって思いますね。

 

──「周囲を気にしすぎて、自分を出しきれない」という選手も多いようです。まずは自分のやるべきことをしっかりやってから、周りを考えるのが大切なのですね。今までのリーダー経験が、子育てなど私生活で役に立っていることはありますか?

 

佐藤 家庭では全然活かせていないと思います(笑)。選手との対話力は身に付きましたが、一番身近な家族との対話力は意外と難しいですよね。

 難しいですね(笑)。リーダーシップとは、またちょっと違うかな。子どもには「周りを見られるようになりなさい」とか色々言っていますが、まだ理解できていないと思います。

 

キャプテンの苦しみをパワーに変えた、故・星野仙一のメッセージ

──なるほど。同じ時期に選手会長をされていたと思いますが、お互いの印象はいかがですか?

 

佐藤 嶋さんは東北楽天ゴールデンイーグルスで長く活躍されていたので、プロ野球のことを色々と聞いていました。僕が広島に移籍してからも、何度か連絡をいただいたり。僕は選手を辞めてしまいましたが、一つ聞きたいことがあります。キャプテンを辞めたいと思ったことはありますか? 

 

 ありますね。松井稼頭央さんがキャプテンの時に日本一となったのですが、僕に代わった途端に最下位、最下位と続いてしまって。その時は、プロでキャプテンやるのは難しいなと改めて思いましたね。苦しいなと感じることもあったので、当時監督だった星野仙一さんに辞めたいと相談したのです。そうしたら、「何を逃げとるんや。将来、若手に話せるいい経験になるから、こういう苦しみを味わうのも大事なんだ」と。「なるほど」と思って、またそこで頑張ろうと思えました。

佐藤 すごくいい言葉ですね。

 亡くなられてしまいましたが、僕が苦しんでいる時にいい言葉をかけていただいて、すごく助けになりました。

 

──星野さんだからこその言葉ですね。聞く人によってはネガティブに受け取る部分もあるかもしれませんが、嶋さんだから受け入れると思って言われたのかなと。そういうコミュニケーションは、すごく大事ですよね。

 

 そうですね。選手一人ひとりの性格や、どんな言葉をかけるべきかを分かった上で声をかけているのかなという印象を受けました。

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND