/interview/38687/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

野村雅之│「原理原則」が生み出す選手の自律と成長

現場でのスポーツ指導において、競技のベースとなる原理原則の落とし込みはとても重要です。選手が各自の判断や発想を引き出すための共通認識を持つことは大切ですが、新入生に原理原則を伝え続けることに多くの時間と労力を要していると思います。そこで作陽高校サッカー部総監督の野村雅之氏をお招きし、原理原則という考え方や落とし込み方、チーム内共有の効率化などをテーマに、選手の自律と成長を促す「原理原則」の大切さについて語っていただきました。(※2022年3月に収録)

原理原則は、応用力の大元になる

──本日のテーマは、スポーツ選手の自律と成長を促す「原理原則」です。まずは、原理原則の定義についてお聞かせください。

 

「たとえば料理人なら、包丁の使い方や味付けのタイミングは必ず覚えておかなければなりませんよね。いきなり我流では上手くいかないから、基本のところは教わる必要があります。原理原則は応用力の大元でもあり、チームを離れて次のステージに進んだ時にも活きます。ただし、いわゆる教科書に載っていることだけが原理原則ではありません。その定義づけは様々で、チームによっても変わります」

 

──指導者によっては、決め事のようにとらえる人もいます。「このタイミングではこうしなさい」と決めつけるのとは違うんですよね?

 

「違いますね。チームによって色んなやり方はありますが、大元は一緒です。包丁さばきなどの技術は、鍛錬しないと身に付きません。選手を素材に例えればグループ戦術は、素材を混ぜ合わせて形にする。チーム戦術は、最後の盛り付けといったところです。盛り付けまでできて初めて、「お客さん」という対戦相手と向き合える。その日の対戦相手に合わせて対応していくのが、チーム戦術です。個人の技術やグループ戦術の基本的な部分を無意識に、目分量でパッとできるようにするのが原理原則だと思います」

 

──包丁の持ち方、置き方といった部分はどこでも必要になる知識ですよね。

 

「どこでも通用する技術、基本となる戦術に加えて、そういうものを学ぶ姿勢も大事になります。新しいものを学ぶ時に『こうしたらどうかな』と、工夫できるようにするまでが原理原則です。天才でもなければすぐにはできないので、ある程度自由にやってもらって原理原則を染みこませる必要があります。ベースを押さえて無意識に出せるようになれば、対戦チームやお客さんへの気配りもできると思います」

 

──原理原則を染みこませる上で、ジュニア年代はすごく大事だと思います。今の日本は小学校6年間、中学校3年間、高校3年間という育成システムですが、年代ごとに学ぶべき原理原則は決まっているのでしょうか?

 

「やはり、各年代に合わせてやっていくことは大事です。技術は教わってすぐ身に付くものではないから、自分で鍛錬していく。ちょっとした個人戦術やグループ戦術も、しっかり浸透させないといけません。ベースができていれば、大学やJリーグに行って監督や方向性が変わっても、察知して習慣化できる。原理原則を染みこませるだけじゃなく、応用力まで持たせるのが大事です」

 

──応用力ができるまでのベースづくりが大事なのですね。ただ、指導者の中には難しいと感じる方もいると思います。野村さんから見て、育成年代の原理原則はどのようなものでしょうか?

 

「原理原則のベースがなかったら、その上の応用力はありません。たとえば、初めてファミレスでアルバイトしたとします。お客さんが来た時の対応マニュアルはあっても、すぐには実践できません。でも、そのマニュアルがなくても自然に実践できるようになった時に、やっと周りが見えるようになるのです。『お客さん来たな、でもあっちのお客さんも手を挙げているな』という時の判断スピードにもつながります」

 

──でも原理原則=マニュアルではありませんよね?

 

「はい。ただ、原理原則を染みつかせる練習を反復すると、その練習はある意味でマニュアル化することもあります。でも、それができてOKというわけではありません。あくまでも無意識にできるように、視野を広げるために、判断のスピードを上げるために、一見マニュアルチックな練習をするのです。そうすると、マニュアルにないサービスまで提供できるようになります」

 

──原理原則の根底には、指導者が持つ何らかの目的があるのでしょうか?

 

「たとえばドリブル練習には、顔を上げて自分で情報を集めるベースづくりの目的もあります。料理人の例で言えば、包丁さばきしながら鍋も見たり、お客さんにも意識を向けたりしないといけません。でも包丁さばきしかできないと、それに集中するあまり料理を出すタイミングもずれてしまう。トータルで相手に勝つためには、最初のベーシックな部分がどれだけ安定してできるかが重要です。そこには、若干マニュアルチックな部分が入ってもおかしくありません」

 

無意識的な反応を可能にする原理原則

「もう一つ、『大局』と『局面』の違いも重要となります。サイドチェンジとか試合時間とか、大局に対しては『判断』が必要です。一方で細かい局面だと、判断では遅すぎるので『反応』が求められます。無意識に反応できるように持っていくのが、原理原則が求めるところです。そのためには、様々な局面での反復練習が欠かせません」

 

──局面に対しての反応が大事なのですね。

 

「局面が無意識にできなければ、大局の判断ができるレベルまで行きません。初心者に『逆サイドを見て』と行っても、ボールを見ることで精一杯でしょう。頭で処理できる情報量には、限界があります。その点オートマチックにできれば、プレスが厳しくかかっても頭の処理能力を使わずに済みます。『オートマチズム』をどれだけ増やすかが、原理原則の求めるところだと思います。それができれば、大局の判断や各チーム独自のやり方も取り入れられます」

 

──オートマチズムというと主体性がないイメージにとられがちですが、それは違いますよね。

 

「ワンツーパスを出すのか、縦パスを入れるのか、横に逃げてサイドチェンジするのか。そういった部分は、自分で考える必要があります。ただ、自然と動けないと『俺が行くの?』となって遅れますよね。そこのスピードを上げるためには、ポジショニングのオートマチズムが必要です。味方や相手、ボールとの距離感に応じて、どのあたりのポジションを取るか決める。そこから自分が行くのか、カバーに入るのか、といったオートマチズムにつながっていきます。決められたことをするだけではなく、『判断のような反応』がスッとできるように持っていくのが大事です」

 

──判断なのか、オートマチズムなのかは要素ごとに線引きする必要がありますね。

 

「そうです。料理人の話に戻りますが、『今日はこれを作りたいから作ります』ではいけません。『今日は暑いからこういうのが欲しいな』みたいに、お客さんのことを考えた判断が求められます。でも、下ごしらえみたいなベーシックな部分には、大きな判断は入りません。そこは、自然にできないとダメだと思います」

 

──指導する上で、「みじん切り」のような共通ワードは必要不可欠ですよね。

 

「そうですね。僕は造語をよく作りますが、瞬間のイメージを湧かせるのにすごく大事な要素です。チームにおいてひと言で表せるワードがあると、反応速度が上がります。色んなチームで使えるような造語だと、次のステージに行った時にも役に立ちます。ただ、必ずやれというわけではありません。お互いにイメージが共有されていれば、『さっきのアレだよね』だけで伝わる場合もあります。やるかやらないかは、選手が決めればよいと思います」

 

スポーツの能力を養うのに効果的な「鬼ごっこトレーニング」

──最近では、中高一貫校のチームが躍動しています。決まった育成メソッドがあるのでしょうか?

 

「うちの例だと、様々な街クラブで指導してくれているOBがいっぱいいます。ただ、それぞれのチームカラーはあっても、ベーシックな部分は押さえないといけません。個人戦術やチーム戦術はしっかり指導して、そこから先は選手に委ねるチームが多い印象はあります」

 

──育成年代の指導では、選手の成長曲線も考慮する必要があるので大変だと思います。具体的な育成プランは持っていますか?

 

「低い年代でベースを押さえることは大切ですが、『この時期は絶対にこれをすべき』というのはありません。ただ、ファミレスでお客さんが来たら『いらっしゃいませ。何名様ですか?』というマニュアルがある。そのくらいは流石に覚えてもらう必要があります。あとは、『あそこにボールが行ったらここに行くべきだ』と、スッと動けるようにする練習も必要です。判断しかり反応しかり、ある種の気配りが求められます。そこまで押さえられていたら、後はどうにでもなると思います」

 

──スポーツ指導と学校教育の違いは、どんなところにありますか?

 

「日本の学校教育では、『人の弱みにつけこめ』とか、『人をだませ』とか言いません。だけどサッカーは、人の弱みにつけこんで、人をだまして褒められるスポーツ。そういう能力を身に付ける上では、『鬼ごっこトレーニング』が効果的です。鬼ごっこはある意味で、だました方が勝ちという面があります。『スポーツではこういうこともやっていいんだ』と、子どもの頃からやっていくべきです」

 

──今日は、指導者の方々に多く参加していただいています。何かアドバイスはありますか?

 

「今言った鬼ごっこトレーニングですよね。鬼ごっこの『いじられ上手』は、『いじり上手』になります。あきらめないし、なぜ回されるか、何をしたら相手の裏をかけるか、と考えるからです。ボール回しも、いじられ上手は絶対に上手くなるんですよ。回されてふてくされる選手には、そういう言葉を投げかけてあげると、徐々に回され上手になっていきます。こうしたトレーニングを改めてやらせていくことが必要なのかなと思います」

 

──サッカーで重要な駆け引きなどを培っていくのに役立ちそうですね。

 

「鬼ごっこを奨励しているわけではありませんが(笑)。ただ、ボールに気を取られずに済む分、相手の目を盗む、裏をかくという部分に集中できます。目で耳で口で発する、情報処理の分かりやすい練習にもなる。ボール入りの鬼ごっこをやった後に普通の鬼ごっこに戻すと、めちゃくちゃ情報処理が楽になります」

 

──遊び感覚でできるからこそ、自分たちから積極的になりますよね。子どもの頃は「サッカーも遊びの延長でいい」と言われるのは、そういう理屈だと思います。

 

「でも今は、遊び感覚でできるミニゲームをやる場面はあまり見ませんね。練習になってしまう。僕らが指導者になりたての頃は、練習と遊びの境界があいまいでした。練習の合間に楽しくできそうなメンバーを呼んで、ボール回しをやることもありました。今は遊び心が減っているのかなと思います」

 

──多くの子どもを指導されてきたと思いますが、何か傾向などはありますか?

 

「長く選手を見てきましたが、声のかけ方が上手い子・下手な子の二極化が進んでいると感じます。頭の中でイメージは浮かんでいても、すぐ言葉にできない子もいました。得手不得手はありますが、これも原理原則の一つです」

 

スポーツDXで、育成は新たなステージへ

──毎年新しい子が入ってきて、苦労も多いかと思います。どのように原理原則をチームに落とし込んでいますか?

 

「一年間の大きなスパイラルを、毎年グルグル回していくイメージです。今は僕の教え子が監督をやっていますが、僕の指導とある程度オーバーラップさせています。どの時期にどんなことをやっていくのか、情報共有しながらやっていく。ベーシックな練習とは別で、週末のリーグ戦に向けた練習も行います。それを両立させる感じですね」

 

──新しい学年が入ったら、そのスパイラルに組み込まれるのでしょうか?

 

「一から教えるというよりも、先輩の見よう見まねで勝手にスパイラル化する感じですね。毎年3月にはリーグ戦が始まるので、それまでにかなり仕込まないといけません。ただ、毎年違う練習というわけではなく、一~二人くらいの少人数でのベーシックな練習がメインです。もちろん、学年や選手ごとの進み具合に応じて調整はしますね。ゲームを見て『こうした方がいいな』という部分があれば、スパイラルの回し方自体も調整します」

 

──監督やコーチ、選手との情報共有方法は、フィールド上でのコミュニケーションですか?

 

「基本的にはそれがベースになりますね。スケジュールは当然、皆で共有します。男女・校外合わせると10人くらいいるスタッフとは、ほかにも色々な情報を共有していますね」

 

──野村さんは比較的早い段階から、スポーツのデジタル化に近い取り組みをしていると聞きました。

 

「そうですね。サッカーにデジタルが導入され始めた頃に、独自でサッカー能力テスト(SAT)をやっていました。10数種目つくってExcelで点数化して、スタッフと共有していたのです。点数が高い選手を抜てきしたら、レギュラーになることもありました。それから、スケジュール管理は10数年前からオンラインでやっています。連絡網も、iPadを活用していますね。他のチームと比べたら、多分すごく早かったと思います」

 

──最後に、皆様へメッセージをお願いします。

 

「少しでもお役に立てたらと思い、今回お受けしました。サッカー指導者には、自分で発見していく楽しさがあります。選手の思いもよらないプレーを見られた時が一番嬉しい。そのために大事となるベースが、原理原則です。参加してくださった方々、またどこかでお会いした際には、お声掛けいただければと思います。どうもありがとうございました」

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

PROFILE

野村雅之(作陽高校サッカー部総監督)
1966年12月11日生まれ、東京都出身。筑波大学サッカー部でプレー。90年に作陽高校に保健体育教諭として赴任し、サッカー部コーチに。99年監督に就任し、2007年、岡山県勢初となる全国高等学校サッカー選手権大会準優勝に導く。2017年より総監督に就任。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND