/interview/38785/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

関塚隆│『育てて勝つ』~育成における選手の見極め方・接し方・育て方~

アスリートの将来を大きく左右する指導者には、選手の見極めや選手へのアプローチなど、多くのノウハウが求められる。今回は、サッカー男子日本代表監督・日本サッカー協会技術委員長の経歴を持つ関塚隆さんを招き、2012年のロンドン五輪でサッカー男子日本代表を44年ぶりのベスト4へ導いた名伯楽に選手の育成に関するヒントを伺った。(※2022年6月に収録)

自分の「ベスト」は今よりもっと上にある

──関塚さんは、2012年のロンドン五輪でU-23日本代表を44年ぶりのベスト4へと導かれました。それまでの道のりは、どのようなものでしたか?

 

「U-21代表監督に就任したのは、約2年前の2010年です。2010年の南アフリカワールドカップが終わった8月に準備して、9月にU-21のチームを立ち上げました。そこから代表監督として、U-22、U-23と指導にあたりました。また、ザック(アルベルト・ザッケローニ)ジャパンのコーチとしてA代表のサポートも兼任していましたね」

──今のU-23には、海外やJリーグで活躍している選手も数多くいますね。選手を最初に見た時に、「この選手はぐっと伸びるな」「この選手は違うものを持っているな」と感じることはありましたか?

 

「色んな選手がいましたね。U-21時点で主力の選手もいれば、レギュラーになれずくすぶっている選手もいました。最初のアジア大会(中国、広州)では優勝しましたが、Jリーグが佳境の11月だったために、大学生選手の多くが派遣してもらえませんでした。その中で大学のサッカー連盟に納得していただき、大学生を多く連れて試合に臨みましたね。ボランチの山口蛍君のように、当時のメンバーでオリンピックに出た選手もいます。彼らは、その時から本当に成長したなと感じています」

──光る何かを持っている選手には、どのような特徴がありますか?

 

「大学・Jリーグを問わず、自分に矢印を向けられる選手は成長します。自分の強みを活かしながら、課題もしっかり認識して、経験を積んでいく。あとは、『もっと上でやりたい』という意欲にあふれる選手ですね。自分の『ベスト』は今じゃなくて、もっと上にある。指導者としても、選手がそう思えるような状況を常に作っていくことが大事です」

──関塚さんは2018年にサッカー協会に入り、同年4月からは技術委員長を約3年間にわたり務められました。日本サッカーの指針を示す存在かと思いますが、この3年間を振り返るといかがですか?

 

「今のサッカー協会は、4つの柱を持って取り組んでいます。一番大きなものは『代表強化』、ピラミッドの頂点を高くすることです。そのためには『選手育成』、代表に上がっていく選手を育てる必要があります。よい選手を育成するためには、『指導者養成』も欠かせません。オールジャパンで戦っていく指導者を、ライセンス取得に向けた指導なども含めて作っていく。そしてグラスルーツ、『普及活動』です。子どもからサッカーに触れられる環境を作る。シニア世代もお母さん方も、サッカーできるような環境を目指して取り組んでいます」

 

選手が常にチャレンジしていける環境づくりを

──今回のテーマは、「育成における選手の見極め方・接し方・育て方」です。関塚さんは、選手を見極める時にどんなことを意識していますか?

 

「もちろん技術も大事ですが、性格的なところもしっかり見ます。攻撃・守備関係なく、自分から積極的に判断してプレーに入っているか、という部分です。自分から意図的にアクションを起こせるかどうかは、すごく大きなポイントですね」

──関塚さんが見てきた選手は大学生、18歳以上のプロを目指す選手が多いですよね。プロに入って生き残る選手とそうでない選手の差は、どんな部分にありますか?

 

「技術(主に判断面)、積極性、ストロングポイントの3つが重要になります。18歳からトップチームに上がるためには、チーム戦術やプレーモデルを含めて正確な判断が求められます。また、周りの選手にはない本人だけのストロングポイント、武器を持つことも大事です」

──ジュニア世代から育成に関わる指導者には、ストロングポイントを見てあげるのが大事ですよね。

 

「ただ、選手のストロングポイントよりもチームの勝利を優先せざるを得ない場面も多いようです。やはりチームを発展させていくためには、結果を出すことも求められるので。たとえば、チームをうまく機能させるために、得点力の高い選手をあえて中盤のボランチにするようなケースがあります。そうなると選手本人は違和感を覚えてしまうので、選手とチームの間でしっかり意識合わせすることが大事です」

──指導者との出会いも、大きな転換点ですよね。

 

「はい。日本代表やJリーグのレギュラーになるまでには、色んな道のりがあります。高校サッカーから日本代表になる選手もいれば、大学に行きながらJリーグに入る選手もいます。その過程で出会える、さまざまな指導者とのコミュニケーションが大事ですね。小中高大と分かれている日本の独特なシステムだからこそ、多くのチャンスがあります」

──技術だけでなく、心の成長につなげることも指導者には求められると思います。サッカーを通して成長させるべき心とは、どのような部分でしょうか?

 

「目線を上に向けて、チャレンジしていく精神ですね。新しい舞台にチャレンジして『ここでもやれた』となれば、また次のチャレンジにつながります。指導者としても、選手が常にチャレンジしていける環境をつくってあげるのが非常に大事です。ただ、レギュラーになれずチャレンジできない時期もあります。子ども達は、試合をしないと伸びません。そういう時には、いつもの練習を披露できる場を作って、成長を見てあげる必要があります。そこで自分を出せる選手が増えると、チームもいいサイクルに入ります」

──指導者だけでなく、親御さんも大事だと思います。勝てない時にイライラしてプレッシャーをかけるのではなく、いいプレーを褒めてあげてほしいですよね。

 

「そうですね。できなかったことが、できるようになる。小さな成功の積み重ねが自信になって、チャレンジの意欲につながります。たとえば、ヘディングは選手一人ひとりの上達がよく分かります。正しいフォームで自分が狙った所に返せるようになれば、選手自身も成長を実感できます。一例ですが、上手くなったと目に見えるものがあると、成功体験として大きいですね」

──選手と接する時に、意識しているコミュニケーションの取り方はありますか?

 

「怒ったらションボリする選手もいれば、『なにくそ』となる選手もいます。色んな性格の選手がいるので、やはり個々に合わせた接し方が必要です。選手の性格を知るために、オフザピッチの振る舞いにも目を届かせる必要があります。たとえば、スポンサーさんやファンの方との接し方はどうか、といった部分です。自立させることも大事ですね。今ではJリーグ加入時の新人研修会でも、社会勉強的な内容を取り入れています。こういった部分もピッチにつながるので、しっかり積み上げていくのが大事です」

 

オフ・ザ・ピッチの積み上げも重要

──この10年で、サッカー選手を目指す子達の意識は変わったなと感じます。知識をちゃんと持っている。Jリーグとしての教育も大きいのでしょうか?

 

「それもありますが、日本のスポーツ全体のレベルが上がっている面もあるでしょう。どのスポーツ選手の言葉を聞いても、スポンサーさんやファンの方に配慮した立派なコメントをしています。日本にスポーツ文化が根付いてきた証だと思います」

──U-21~U-23で活躍している選手達は、出会った頃はどうでしたか?

 

「あまりコメントできないような選手もいましたよ。実は山口蛍君はしゃべるのがあまり得意ではない選手でした。ボランチで前の選手をアシストするのは上手いのですが、自分から前の選手を動かすことは中々上手くいきませんでしたね。でもヨーロッパで経験を積んで、今では神戸でキャプテンを務めています。プレーの成長はもちろん、メンタル的にも大きく成長しました。そうやって成長する選手もいることを、指導者は見抜く必要がありますね」

──ウィークポイントは、誰しもありますよね。でも、それを上回るストロングポイントがあれば、成長していけるのだと思います。

 

「そうですね。チームの作り方は二つあります。一つは、全体をある一定のラインに持って行く方法です。もう一つは、お互いのストロングポイント・ウィークポイントを組み合わせて、上手くカバーして良さを活かす方法です。どちらが正しいというよりも、それぞれを引き出しとして持っておくことが指導者にとって大事ですね」

 

選手一人ひとりの特徴に合わせたアプローチが必要

──これまでの指導者経験の中で、印象に残っているエピソードがあればお聞かせください。

 

「アントラーズ時代には、紅白戦が終わった後の夜にスタッフゲームがありました。スタッフも参加する試合で、僕と同じチームにジーコがいました。ブラジル人のフォワードがもう一人いましたが、そちらに出すパスと僕に出す柔らかいパスは違います。ジーコは選手の特徴を見極めて、その人に合わせたパスを出すのです。さすがトップ選手だなと思いましたね」

──指導者としても、選手一人ひとりの特徴を見極めて育てていくことが大切ですよね。

 

「成長の速度も人それぞれ違いますからね。選手の特徴を見極めるうえで、選手に近い感覚を持っておくことが大事です。そういう意味で、指導者も自分でたまにプレーするのが良いでしょう。ただ、ベースとなる育成のノウハウは共有しますが、指導者独自のこだわりもあって良いと思います。サッカー協会に携わってきた僕にも、指導者としてのこだわりがあります。もちろん全部強要するのではなく、選手の良い部分を認めてあげるバランス感覚も大事です」

──最後に、皆様へひと言メッセージをお願いします。

 

「今日は、短い時間でしたがご一緒できてうれしく思います。森保監督の下、日本サッカーも日々進化しています。アジア予選から本大会まで戦いきって、カタールワールドカップの切符もつかみました。予選ではドイツ、スペインと同じ苦しいグループに入りましたが、目標のベスト8を目指して選手やスタッフが頑張ってくれると思います。皆さんも、ぜひ一緒に応援してください。今日は本当にありがとうございました」

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

PROFILE

関塚隆(ロンドンオリンピック サッカー男子日本代表監督/サッカー指導者)
1960年、千葉県生まれ、千葉県立八千代高等学校から早稲田大学教育学部進学、卒業後本田技研工業㈱入社、浜松サッカー部に入部(現Honda FC)1年目の1984年シーズンには新人王・ベストイレブンのタイトルを獲得する。 1991年に現役を引退し、指導者へ転身。母校の早稲田ア式蹴球部監督となりインカレ優勝、1993年に鹿島アントラーズにコーチとして招かれ、ジーコらブラジル人指導者の下で学び、1998年、1999年には監督代行を務めた。 2004年に当時J2の川崎フロンターレの監督に就任、圧倒的独走でチームをJ1に昇格させる。2010年に日本代表コーチ、U-21日本代表監督に就任、2012年のロンドンオリンピックでU-23日本代表を44年ぶりのベスト4へ導く。その後2013年ジュビロ磐田監督、2014年から2016年にジェフユナイテッド市原・千葉監督を歴任。2018年2月、日本サッカー協会に入り、S級指導者ライセンス講師、地域統括ユースダイレクターを務める。同年4月、日本サッカー協会技術委員長に就任。2020年3月、技術委員長を退任し、ナショナルチームダイレクターに就任。2020年11月退任。現在はWOWOWサッカー解説等に従事。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND