/interview/38790/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

中田康人│「振り返りの大切さ」supported by SPLYZA Teams

育成年代の選手に成長において、近年重要視されるキーワード「振り返り」。東京都サッカー協会技術委員長を務める中田康人氏をお招きし、指導現場における振り返りの本質、そして実践方法について伺った。(※2022年8月に収録)

ポジティブな思考にしてあげられる振り返り方が大切

──指導者はすごく忙しい印象が強くあります。毎日子ども達を見ながら、保護者の対応も必要で、振り返る時間がない方も多いのかと思います。

 

「その通りですね。指導者にはピッチ以外での仕事も沢山あって、時間を作るのが難しい方が大勢います。指導者以外の仕事を抱えている方も少なくありません。そういった方々が一人ひとりの選手に目を向けながら振り返るのは、非常に大変だと感じます」

 

──振り返りでは、どんなことが重要となるのでしょうか?

 

「振り返りで一番のメインとなるのは、やはりゲーム(試合)です。何ができているか、何が足りないか、ゲームを通して見極める。ただし、年代ごとに『獲得すべき項目』があります。何となく俯瞰するのではなく、獲得すべき項目を整理したうえで振り返ることが大事です」

 

──ただ、ゲームは毎日あるとは限りませんよね。

 

「そうですね。だからこそ、ゲームを振り返って分析したものを、日々のトレーニング(練習)の中に落とし込む必要があります。さらに、トレーニングの中でも上手くいった部分・いかなかった部分、上手くいかなかった原因など、日々振り返ることが大切です。具体性を持たせると、振り返りやすくなります」

 

──中田さんはTFA(東京都サッカー協会)の技術委員長であり、周りの指導者のトレーニングを見る機会も多いと思います。

 

「クラブ指導者の多くは、日々のトレーニングでもしっかり振り返っていますね。あとは、ここ10年ほどのテクノロジーの進化で、指導者の振り返りが容易になっているなと感じます。週末だけ携わっている一般の指導者でも、スマートフォンやタブレットで手軽に振り返っています」

 

──欠点ばかりを探してしまう指導者も少なくありませんよね。課題を抽出することも大事だとは思いますが、いかがなものでしょうか?

 

「私自身も、どちらかと言えばできないこと、課題ばかりを挙げる時期がありました。でも、選手がその課題に対して納得感を持って取り組むかというと、そうではありません。今では、ポジティブな思考にしてあげられる振り返り方が大切だなと感じています。良いプレー、良かった点は褒めてあげたうえで、こうするともっと良くなる。言葉尻を工夫するだけでも変わると思います」

 

個々の選手に落とし込む振り返り方を

──中田さん自身は、どういった方法で振り返っていましたか?

 

「都立高校では、ゲームの後に『ここが良かった』『ここが良くなかった』と振り返っていました。ただ、当時は教員としての仕事もあったので、振り返る時間をあまり作れない時期もありましたね。サッカーに集中できる合宿や遠征の時には、選手にサッカーノートを提出してもらっていました。各選手のサッカーノートをチェックして、翌日の朝には必ず返します。古い言い方ですが、文通のような感じでしたね」

 

──中田さんは長い間、指導現場を経験されてきましたよね。昔と今の振り返り方で、変わってきた部分はありますか?

「昔はノックアウト方式(勝ち抜き)の大会が主流で、『ここが良かった』よりも『次のゲームでどうすれば勝てるか』という振り返り方でした。ただ、最も大事なのは個々の選手をいかに伸ばしていくかです。それに気付いて、だんだんと個人に対して振り返るようになりました。あとは、リーグ戦文化が浸透して、トレーニングマッチと公式戦の頻度が割と近くなったのも大きいですね。昔よりも公式戦で勝つことの比重が小さくなり、純粋に選手の良い部分を探せる振り返り方になってきたと思います」

 

──個々の選手に落とし込む振り返り方が大切ですよね。

 

「そうですね。当時から、いいチーム作りには個々の変化が欠かせないと認識していました。ただ、ポジションごとに抱える課題が違いますし、選手ごとに技術レベルや『良いプレー』の基準も違います。だから、いかに選手の特徴を活かしながら伸ばしていくかが大事です。サッカーノートを取り入れたのは、選手の個性を把握する狙いもありました」

 

言葉だけではなく、可視化して伝えることが大事

──先ほど、「年代ごとに獲得すべき項目がある」というお話がありましたね。この点について、詳しくお聞かせください。

 

「TFAでは、12~16歳の5年代ごとに獲得すべき項目を定めています。人間的な成長の違いがあるので、12歳と16歳では獲得すべき項目も全く違います。16歳に求めることを、12歳の選手に求めても上手くいきません。フィジカル面で未熟な12歳では、テクニックを重視したトレーニングが必要です。一方でフィジカルが成長してくる16歳だと、テクニックよりも持久的、スピード的な要素を求めていきます。若い年代で獲得してきたテクニックを、よりハイプレッシャーの中で使えるようにする。そして、たくましさ、強さといったフィジカル的な要素も少しずつ加えていくイメージです」

 

──サッカーは個人から組織へ、という部分が強いスポーツだと思います。振り返りだと、個人と組織の兼ね合いはどうすべきでしょうか?

 

「サッカー全体の話になりますが、日本では小学校6年・中学校3年という義務教育があります。義務教育が終わる15歳あたりを一つの育成年代ととらえる風潮はあると感じます。15歳ごろまでは、個人を重点的に育成する。その中で、テクニックやフィジカル、メンタル、戦術的理解を年代ごとに積み上げていく。組織的な育成は、それ以降に取り入れていくケースが多いでしょう」

 

──サッカーノート以外に、振り返りで用いていたものはありますか?

 

「JFAアカデミーの指導者だった頃は、振り返りにExcelも活用していましたね。ゲームの翌日には選手にメールで送って、『我々指導者はこう見ているよ』という情報を共有するのです。ゲームの流れ、攻守の成果・課題、気付き、失点傾向といった項目があって、スタッフと相談しながら埋めていました。もう一つは、トレーニング日報です。日々のトレーニングの成果と課題を、選手ごとに振り返って記載していましたね。今だともっと簡単な方法がありますが、当時はExcelを使ってメールでやり取りしていました」

 

──Excelで選手と情報共有していたのですね。

 

「はい。選手にもExcelを見てもらい、ゲームやトレーニングを振り返ってもらっていました。選手からも、ゲームの成果と課題をメールで出してもらっていましたね。JFAアカデミーでは技術面の振り返りはExcelで、コミュニケーション面の振り返りはサッカーノートで、という感じでした。データとして残すことで、半年後には『この時はこういうプレーだったけど、今ではこう変わったな』と成長を実感できるメリットもあります」

 

──可視化して、選手にちゃんと伝えるのは大事ですよね。ワッと言葉だけで伝えても、10分の1も残っていないというケースは良くあります。

 

「可視化することは本当に大事ですね。言葉だけだと一部分しか覚えられませんし、その場で思いついた良くない部分ばかりを言ってしまいがちです。その点、可視化すれば良い部分も見つけて伝えられます。良い部分を1、2つ挙げて、『ここが伸びるともっと良くなるね』という部分を1つ伝えれば、選手は納得してくれます」

 

──テクノロジーがどんどん発展して広がっています。このままテクノロジーが浸透すれば、忙しい指導者でも効率的に振り返りができますね。

 

「そうですね。文章だけでなく映像としても見返せるようになれば、指導者も伝えやすいし、選手も印象に残りやすい。日頃いじっているスマートフォンやタブレットは有効活用すべきです」

 

5W1Hが不明確だと選手に伝わらない

──事前のヒアリングでは、振り返りで「5W1H」(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)が大事だとうかがいました。

 

「5W1Hを明確にするのはすごく重要です。『あのドリブルが…』『あのパスが…』と可視化しようとしても、実際にピッチのどこで行われたのか、誰にパスしたのかまでは選手に伝えられません。実際、B級・C級ライセンスの講習会で指導実践してもらうと、5W1Hが不明確な指導者も多いのです。だから、『誰をターゲットに?』『どのゾーン?』『どのようなプレーを想定していた?』『上手くいかなかったのはなぜ?』などと聞きます。そういうディスカッションをすることで、映像はなくても『あの時のプレーだ』と明確になる。選手に伝える時も、5W1Hを明確にすると理解されやすくなります」

 

──そう考えると、やっぱり映像が残っていると振り返りがより楽になる、ということですよね。いつでも5W1Hを再確認できます。

 

「いつでも、何度でも見返せますからね。いいプレーならモチベーションが上がりますし、『なぜ上手くいったのか』という分析にもつながります。今は簡単に映像で振り返れるのが大きいですね」

 

──若い世代だと、何となくできてしまうことも良くあります。それを再確認すれば、本人も分かっていない成功要因を把握できますね。

 

「なぜできるかと言えば、自分の中で自動化されているからです。『なぜ自転車に上手く乗れるの?』と聞かれても、返答に困りますよね。『バランスとって、前を見て、両足でこいで…』などと考える人はいないでしょう。自転車に乗れる人は、オートマチックに身体を動かしています。同じように、選手には上手くいったプレーの理由が分かりません。でも映像を見返すと、『動くタイミングが良かったからフリーでボールを受けられたんだ』とか明確になる。映像を活用して視覚的に振り返ることは大事ですね。子どもだけでなく、大人でも一緒だと思います」

 

──成功には必ず理由がある。それをひも解いてあげるうえで、映像はとても役立ちますね。話は少し変わりますが、「できること」よりも「できないこと」の方が気付きやすいように思います。

 

「そうですね。長所をぐいぐい伸ばしていくためには、『できること』を積極的に見つける振り返り方がすごく重要です。以前、海外の指導者にコーチングを教わった時にも、『いい部分をもっと見つけろ』とアドバイスをもらいました。大人でも『上手かったな』と褒められると、年齢に関係なく嬉しいものです。だからこそ、振り返る5W1Hの中に、いい部分を積極的に探す。悪い部分を探して矯正していくのも重要ですが、それだけでは選手の個性は育ちません」

 

言葉よりも、映像を活用した振り返りを

──今はU-12でも、すごくレベルが上がっています。中田さんは、TFAで育成の制度作りにも携わっていますよね。指導方針として、若い年代に求められるレベルも上がっているのでしょうか。

 

「戦術理解のように、若い年代でも高度な要素が求められているのは間違いありませんね。海外選手と比べて晩熟な部分もある日本選手を、世界に送り出す育成システムが必要なのです。今では17、18歳で選手がプロデビューすることを見据えた育成指針となっています。世界を見つつも日本独自の良さも大切にしながら、TFAでも指導方針を構築していきたいと考えています」

 

──街クラブの指導者さんは、すごく努力されているようです。ジュニアからゲームモデルをしっかり作っている指導者さんも増えています。

 

「ゲームモデル、プレーモデルは絶対的に必要です。明確なゲームモデルは、クラブの文化として根付きます。振り返りでも、『この年代だったら必ずこう言わないといけない』ということは全くありません。クラブのフィロソフィー(哲学)を反映したうえで指導方法があるべきです」

 

──若い年代でも難しいことが求められるからこそ、振り返りでも可視化して伝えてあげないと、中々インプットできませんよね。

 

「そうですね。逆に言うと、可視化すると本当に理解が早くなります。私自身がプレゼンテーションする時にも、ビジュアルを大事にしています。今やスマートフォンで映像を活用できる時代です。映像だとどんどん頭を回転させますし、記憶としても残っていく。小さい子ども達には、映像で見たプレーを真似したらできてしまうような年齢、ゴールデンエイジがあります。だからこそ、大人が言葉で伝えるよりも映像を活用することが大切だと思います年齢に関係なく、いつでも振り返り続けることが、次のアクションにつながります。またどこかの機会で、皆さんとお会いできたら嬉しく思います」

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

 

PROFILE

中田康人(東京都サッカー協会技術委員長)
1962年生まれ、北海道出身。大学卒業後、都立駒場高校でコーチ、監督を務める。その後、U-16日本代表コーチやJFAナショナルトレセンコーチ、JFAアカデミー福島チーフコーチなど育成年代に携わる。2021年2月より東京都サッカー協会の技術委員©JFA/PR 長に就任。JFA公認S級ライセンス保持。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND