<前編>「奇跡」に期待しないリアリストが語る、世界と戦うメンタル術の秘訣 酒井宏樹

PROFILE

さかい・ひろき
1990年4月12日生まれ、長野県中野市出身。中学1年生から柏レイソルのアカデミーでプレー。後に多数のプロ昇格選手を輩出した柏レイソルU-18で、海外でも多数の試合を経験した。プロ昇格後、2011年のFIFA クラブワールドカップでのブレイクにより翌年から欧州を主戦場とする。16 年にフランスのマルセイユに移籍し、レギュラーとして活躍中。

フランスの名門・マルセイユで不動の右サイドバックの地位を確立した酒井宏樹。ダイナミックなプレースタイルとは対照的に、穏やかな性格で知られる彼は、日本代表のなかでも異色の存在だ。「上には上がいる」サッカーの世界で、彼はどのようにして今のポジションに上り詰めたのだろうか。

写真/NIKE

「何百回も辞めたい」と思ったアカデミー時代を支えたもの

ーー酒井選手がサッカーを始めたのは、いつ、どんなきっかけでしたか?

「正確な年齢は覚えていませんが、2人の兄と父親がサッカーしていて、その数合わせで加わったのがきっかけです。それで、気づいたらボールを蹴っていましたね。スポーツ好きな家族で、野球をやることも良くありました」

 

ーー中学時代には柏レイソルのアカデミーに入ってますよね。この時にはサッカーでプロを目指したいという意識はあったんですか?

「そうですね。レイソルに入る前は、自分はサッカーが上手いと思っていました。それで、ヨーロッパに行って活躍するんだと思っていて。でも、レイソルに入ってからは全く違う世界で、本当にびっくりしました。練習がすごくハードで、アカデミー以外で練習する余裕もありませんでした。自分が思ったプレーができず、試合に絡めない日々が続きました。だから、辞めたいと思ったことは何百回もあります。追い込まれた時期ですね」

 

ーーそれでも、辞めずに続けようと思ったのはなぜですか?

「仲間に恵まれていたからです。周りの人に引っ張ってもらいました。練習仲間としても、ライバルとしても、ともに向上できる人の存在は大きかったですね。あとは、場面にも恵まれたというか、辞めたいと思っても次の日に上手くいったりして。やっぱりサッカー楽しいな、もうちょっと続けようかなって。へこんで、起き上がって、その繰り返しでしたね」

 

ーー壁を乗り越えられた要因は?

ここから先はプレミアム会員限定コンテンツです。
アカウント登録をしてください。
今ならプレミアム会員に新規登録で14日間無料!
アカウント登録 ログイン

記事に対するコメント

関連記事