COLUMN

【♯04】古野俊幸│ビジネスにおける
「攻めと守り」の捉え方 <後編>

個々の性格診断から人間関係を科学的に分析し、最適な組織編成・開発に応用する『FFS理論』にて、数多の組織・人材の活性化を支援してきた古野俊幸氏。この理論をもとに人気漫画の登場人物を題材に解説した『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』を上梓し、注目を集めている。企業だけでなくプロ、大学スポーツの組織編成も支援してきたエキスパートが、FFS理論をベースにスポーツから日常に応用できる自己分析、チーム編成の考え方を連載形式でお届けする。

思考の特性は「凝縮性」「受容性」「弁別性」「拡散性」「保全性」の5因子に分類される

FFS理論の概要はこちらの記事をチェック!

 

#04前編はコチラ>

 

セットプレー型の人材が新規開拓に適しているか?

 これまで「エースを投入して、新規事業を失敗した」(公言はしていませんが)会社はかなり多く、相談を受けた時にFFS理論で分析すると、ほぼ「受容性と保全性の高い人材」が投入されていたのです。その原因として「フォワードは攻め型であろう」という幻想があったからです。

 それを説明して、これまでの成果を確認していただくと、初めて“合点がいった”と言われるのです。つまり、個々の特性まで踏まえて成功要因を分析していないのが実態だからです。しかも、個性的に「失敗したくない」わけですから、無難な提案に終わるのは我々にすれば想定内です。

 人事異動を策定した担当者も、彼等を投入して「できなかった」のであれば、「俺たちの責任ではない」と言わんばかりでした。

創造性あふれるプレーで自ら切り開き、得点を量産するメッシ(左)とクリスチアーノ・ロナウド。企業において、営業の“エース”と呼ばれる人材が、必ずしも新規事業において彼らのような特性を持っているとは限らない / Getty Images

新しい価値を創造するのは「ディフェンス側」?

 そこで、これまで「ディフェンス側」にいて、得点ランキングは低いのですが、新たに取引先を開拓した(売上規模はまだ小さい)等の実績で“日の目を見なかった”人材を抜擢することを提案します。往々にして、新しい価値や事業を創造するのは、『傍流にいた人材』や『枠組みを嫌い、取っ払う人材』(FFS理論では拡散性』なのです。

 ある製薬メーカーで、新規事業開発のプロジェクトに関して相談があり、「人材選抜が重要である」と指摘をしました。その上で、“人選から任せてくれる”ことを条件に「支援するのはやぶさかでない」と返事をしました。

 最初、その条件を飲んでくれたのですが、いざ人選をすると『待った』が入りました。それは、現場の上層部が「一番参加させたくない奴を入れた」ということで反対を主張してきたのです。彼は「拡散性と凝縮性が高い」人材です。特徴としては『拘りが強く、自在で、現状を変えることに躊躇しないタイプ』でした。そんな人材ですから、過去に上層部と何度か対立をしていました。つまり〝問題児〟というレッテルが張られていたのです。

 

ビジネスではイメージではなく“機能面”で人選すべし

 しかし、彼は、新規事業開発プロジェクトを成功させるために、『一番必要とする人材』なのです。「代わりはいない」と突っぱねて、なんとか参加してもらいました。

 彼の特性として、ディフェンス側に居て、想定外に強く、瞬時に「あるべき論」を展開できる潜在力を持っていたのでした。未知な世界を踏み込もうとする新規事業を担うには適任でした。セットプレーを得意とする「オフェンス向き」ではなかったのです。

 最後にまとめると。

 ビジネスはスポーツのように「成果」が見えにくい点があります。また個人のデータも出しづらいです。特に「得点を挙げたかどうか」等。しかもスポーツは競技特有の戦術的な取り組みから、求められる人材とポジションの関係がある程度はっきりとしていますが、ビジネスは、その点も不明確です。

 しかしながら、少なくとも「新規事業」に求められる事と「既存事業」に求められる事は違いますから、どちらが「オフェンス的」か「ディフェンス的」か、言葉のイメージではなく、『機能的な面』でしっかりと定義して、人選していくことが求められるのです。

 

―#05に続く―

PROFILE

古野 俊幸(ふるの としゆき) | 株式会社ヒューマンロジック研究所代表取締役
新聞社、フリージャーナリスト、出版社を経て、1994年にFFS理論を活用した最適組織編成・開発支援のための会社を設立して、現在に至る。現在まで約800社以上の組織・人材の活性化支援。チームの分析と編成に携わった実績は60万人、約6万チームを数える。チームビルディング、チーム編成の第一人者。昨年、大人気漫画を題材にFFS理論を説いた『宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる   あなたの知らないあなたの強み』(日経BP)が10万部越えの大ヒットとなり、今年4月には『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』(日経BP)を上梓した。

 

【スポーツと自己分析が教えてくれる「あなたをアップデートする方法」/古野俊幸~back number~】

【♯01】<前編>バドミントン元日本代表 潮田玲子さんが教えてくれた「弱みを受け入れる」ということ

【♯02】<前編>サッカーも営業も「自分の持ち味」を知っている人は成功する

【♯03】<前編>バスケに見るチームの関係性とデータ活用

【♯04】<前編>失敗を成功へと導く。リーダーに必要な「声かけ」のポイント

【♯05】<前編>シナジー(相乗効果)を生み出す関係性とは?

【♯06】<前編>育て上手になる

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事