COLUMN

【♯05】古野俊幸│シナジー(相乗効果)を生み出す関係性とは?<後編>

個々の性格診断から人間関係を科学的に分析し、最適な組織編成・開発に応用する『FFS理論』にて、数多の組織・人材の活性化を支援してきた古野俊幸氏。この理論をもとに人気漫画の登場人物を題材に解説した『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』を上梓し、注目を集めている。企業だけでなくプロ、大学スポーツの組織編成も支援してきたエキスパートが、FFS理論をベースにスポーツから日常に応用できる自己分析、チーム編成の考え方を連載形式でお届けする。

思考の特性は「凝縮性」「受容性」「弁別性」「拡散性」「保全性」の5因子に分類されるFFS理論の概要はこちらの記事をチェック!

 

#05 前編はコチラ >

 

スポーツチームの評価ポイントは「足し算以上の結果」が出たかどうか

 夏のオリンピックで、「シナジー」を体現したケースは多数見受けられました。

 例えば……。

 卓球混合ダブルスで水谷隼選手と組んだ伊藤美誠選手も、団体でペアを組んだ丹羽孝希選手も同様に「水谷さんがいたから、自分の力を出し切れた」とコメントしています。

 チームやペアの「組み合せ」を評価するポイントは一つ。「1+1が2以上」になったかどうかです。一人の時よりも、高いアウトプットが出て初めて「組合せの相乗効果が出た」と言えるのです。彼らは、試合でも練習でも、撮影した動画を見ながら、常に振り返ることで、お互いの連携を確かめ合います。それが、より良い関係構築に役立ち、シナジーへと繋がるのです。

 

結果が明確なスポーツでは振り返りが常態化されている

 パラ競技の車いすラグビー。障がいの大きさでポイントが付与されて、出場できる選手は、そのポイントの合計で制限されます。

 軽度の選手は動けるので、どちらかと言えばポイントゲッター。重度の選手はディフェンス役になります。どうしても「得点」に目が行きがちですが、「コースを作る」「時間を稼ぐ」貢献があってこそ、得点に繋がるのです。

 このスポーツは、まさに「チーム力」が問われます。目の前の敵に対応しているだけではなく、全体性から考える必要があるからです。そのため、常に全体を意識するには撮影された動画での振り返りで「貢献するべき箇所」を明らかにしていくのです。

パラリンピックでも話題となった車いすラグビーは、障がいが重い選手にも出場機会が与えられ、チーム編成が勝敗のカギを握った。まさにチームのシナジーが結果に直結するスポーツといえる/Getty Images

 

 スポーツは「結果」が明確であり、過去の動画や戦術の振り返りで、今後の対策を明確にすることができます。また、対戦相手を事前にリサーチして、戦術や各自の役割を確認していきます。振り返りやデータ活用が日常的に組み込まれているのです。

 また、候補選手が複数いることで練習等を通じて、「良い組み合わせ」が選択されているように感じます。我々は編成をしたわけではありませんが、「相性の良さ」をお互いが語るからです。

 

議論が可視化できる時代における「振り返り」の有用性

 もう一度、ビジネスの話しに戻しましょう。

 最近、IT化のツール開発も含めて「議論を可視化する」取り組みが進んできました。しかし、残念ながら、常に振り返りをして、次回に向けた対策に取り組んでいる話はあまり聞きません。

 ユニークな取り組みで話題の「ミネルバ大学」では、ディスカッションは全てリモートで開催し、動画の記録を残し、「なぜ、この場合で、何々の質問をしたのか/しなかったのか」等を毎回各自にフィードバックしています。

 まさに振り返りです。我々も重要だと思っていますし、スポーツの世界に通じる話です。

 学生たちは、この体験を通じて、「次はこうしよう」と少しずつ成長するきっかけを持ち、より良い議論を目指しているのです。

ビジネスマンもプロである以上、「トップレベル」を知り、自らのレベルがどうなのかを真摯に問い掛け、「振り返り」をしながら、「シナジーが出る議論」を率いる人材になってもいただければと思います。

 

―#06に続く―

PROFILE

古野 俊幸(ふるの としゆき) | 株式会社ヒューマンロジック研究所代表取締役
新聞社、フリージャーナリスト、出版社を経て、1994年にFFS理論を活用した最適組織編成・開発支援のための会社を設立して、現在に至る。現在まで約800社以上の組織・人材の活性化支援。チームの分析と編成に携わった実績は60万人、約6万チームを数える。チームビルディング、チーム編成の第一人者。昨年、大人気漫画を題材にFFS理論を説いた『宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる   あなたの知らないあなたの強み』(日経BP)が10万部越えの大ヒットとなり、今年4月には『ドラゴン桜とFFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』(日経BP)を上梓した。

 

【スポーツと自己分析が教えてくれる「あなたをアップデートする方法」/古野俊幸~back number~】

【♯01】<前編>バドミントン元日本代表 潮田玲子さんが教えてくれた「弱みを受け入れる」ということ

【♯02】<前編>サッカーも営業も「自分の持ち味」を知っている人は成功する

【♯03】<前編>バスケに見るチームの関係性とデータ活用

【♯04】<前編>失敗を成功へと導く。リーダーに必要な「声かけ」のポイント

【♯05】<前編>シナジー(相乗効果)を生み出す関係性とは?

【♯06】<前編>育て上手になる

記事に対するコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

関連記事