/interview/38013/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

大山加奈│「人生を豊かにしてくれたスポーツ。だからこそ子どもの未来を奪うものであってはならない」

現役時代は日本代表で一時代を築き、引退後も競技の裾野を広げるべく精力的に活動している。小中高すべての年代で日本一に輝いたエリートは、その輝かしい経歴を誇るのでなく、勝利至上主義の育成現場に異を唱える。(※2020年6月に収録)

結果ではなく、努力の先に得たものが人生の財産になる

──まず「スポーツx教育」のテーマについて、大山さんは子どもの成長にどんな影響があると感じていますか?

「スポーツは人格形成や子どもたちの健全な育成につながる、色んな価値があると思っています。スポーツが持っている価値が世間でもっと認められ、広まっていくといいなと思っていました。ぜひ応援させていただきたいなと思いました」

 

──バレーボールをやってきて良かったことは?

「私自身が小、中、高と全国制覇を果たしてきました。でも、バレーボールをやってきて良かったことは『日本一になったこと』ではないんです。一番は仲間ができたことだと思っています。小さい頃は自分に自信が持てなくて、どちらかというと暗い性格の子どもだったんです。こうして皆さんの前でお話していることが信じられないくらい。バレーボールのおかげで自信を持つことができて、人生が大きく変わったと思っています。それは日本一になったことは関係ないと思っています。結果ではなく、努力した先に得たものが競技を離れても人生に役立つ、財産となっているのだと思います」

 

──子どもの引っ込み思案が治るというのは、多くのお母さんが悩み、望んでいることだと思います。

「私は喘息があって、身体がすごく弱かったんです。小学校も年間に4、50日は休まなくてはいけないくらい悩まされていました。小さい頃は体育の授業も見学ばかりしていて、身体を動かす経験がほとんどありませんでした。だから運動に対してもすごく苦手意識を持っていたんです。妹は私と真逆の健康体で、年間で1日しか学校を休まなかったくらい。活発で明るくて、勉強もスポーツもなんでもできてしまう人間でした。そんな妹を比較対象にしてしまい、姉としてずっとネガティブに捉えていたんです。それがバレーボールを始めたことで、みんなが『すごい!』と褒めてくれるようになりました。特に大きかったのが小3の時の担任の先生が、みんなの前で特技を披露する『得意なもの大会』を開いてくれたんです。私は同じクラブの子とトスを落とさずに50回続けようと挑み、本番で200回もできたんですよ。先生が本当に頑張ったね、と褒めてくれて、それが今でも忘れられないんです。みんなが認めてくれて、それが私が大きく変われたきっかけでした。そこからはバレーボールの道を突き進み、喘息も克服して、健康な身体を手に入れることができました」

 

ミスに対する耐性(レジリエンス)が、引退後の人生を豊かにしてくれた

──バレーボールを辞めたいと思ったことはありますか?

「学生時代はなかったのですが、実業団に入ってプレッシャーなりケガだったり、いろんなことがありました。だから高校を卒業してから引退するまでは、何度も辞めたくなるような試練がありましたね」

 

──それでも現役を長く続けられた要因は?

「自分に自信を持てたこと。そしてミスへの耐性が身についたことですね。バレーボールを始めるまで、私はお姉ちゃんとしてしっかりしないと、と常に失敗を恐れていました。バレーボールは6人しかコートに入れないスポーツで、それこそ1試合に何本もミスをします。それでも下を向かないチカラ、同じミスを何度もしないように考えるチカラ、それらを育むことで、失敗することへの免疫が身についたと思います」

 

──ある大学の先生がスポーツとは非日常をトレーニングできるものだと言っていました。集団での競争心など、敗北感からやり直す力を鍛えられると。

「そうですね。私の現役引退は、心が折れてしまったのが要因です。その頃はバレーボールを離れて、今度どうやって生きていこうかと思っていたくらいでした。でも、今こうしてすごく幸せな人生を歩むことができているのは、バレーボールをやってきてレジリエンス(外的な衝撃にも耐えるしなやかな強さ)を身に付けられたからだ思います。ストレス、困難、逆境にも立ち向かえる強さと、目標を達成するチカラですね」

 

──バレーボールでの経験から、困難から立ち直るマインドが形成されたのですね。

「ほとんどの人が負ける経験の方が多いと思うんです。全国制覇を何度もして、勝つ経験をたくさんさせてもらった私でさえ、負けた方が多いくらい。負けから学ぶことはたくさんあって、負けて悔しくて努力するんです。その繰り返しでした。負けるのは辛いことだけど、子どものうちに経験しておくべきだと思います。そして、その時に周りにいる大人の存在もすごく大きいと思います」

 

──子どもは好き嫌いがありますからね。辛くなった時に、今単純に逃げているのか、そうでないのか、その見極めは親じゃないとできないでしょう。聞き出してあげることが大事ですよね?。

「それも詰問じゃなく、子どもの気持ちに共感してあげることが大事だと思います。怒られてばかりだと次にチャレンジ、トライするチカラは身につきません。そこで、どんな態度で大人が子どもに向き合ってあげるかが、すごく大事だと思います」

 

「もっとやりたい」が練習終了のサイン。意欲の継続を大人がつくってあげるべき

──コロナ禍における今後のスポーツは?

「ケガが心配ですね。数ヶ月身体を動かしていない状況でのスポーツ活動は、身体に負担がかかると思います。不安からの焦りであったり、子どもではどうしようもできないので、そこは周りにいる大人が対応してあげることが大事だと思います。私は『自分の身体が壊れても練習しないいけない』との想いでやってきたので、段階を追って活動を再開してほしいと思います」

 

──バレーボールは昔からの厳しいトレーニングの印象がありますね。

「だいぶ変わってはきましたが、練習時間も長いですし、今でも朝から晩までやっていますよ。私が小学生の頃も午前7時、8時から午後5時、6時までやっていました。そこは今も変わらないですね」

 

──そんなに長時間練習をして、集中力は続くのですか?

「集中力が持つ時間はわずかですからね。だから全力は出さないんですよ。心も身体も持すために、自然と計算して全力を出さない癖がついてしまうんです。とても効率的とはいえないですよね」

 

──今は大山さんも指導現場に行かれて、短い時間で集中して実力を出せるような指導をされていらっしゃるのですか?

「そうですね。分かりやすくいうと、子どもたちが『もっとやりたい』というところで止めるようにしています。それが一番うまくなるコツだと思っています。練習が休みになり『やった!』ではなく、やりたい意欲をどこまで維持し続けられるかが重要だと思っています」

 

──大人が上手く後押ししてあげるわけですね。

「詰め込まないことですよね。余白をたくさん与えてあげる。私は週4回の練習だったのですが、休みの日に雲梯をネットにしてバレーボールをして遊んでいましたが、あの時間が私を上手くしてくれたと今でも思っています。ネットが雲梯なので工夫しないとゲームにならないんです。お互いにルールを決めて、2vs2でやるので全てのプレーが上手くなるんです。今、振り返っても本当に貴重な時間でした。遊びの時間をたくさん作ってあげてほしいですね」

 

──子どもたちが自由に発想できるように、大人が導いてあげることも大事ですね。

「今のままでは、自分からトライしようという環境にはなりづらいと思います。バレーボールの練習も、スパルタ教育から脱却して、自由な発送を促す時間を作ってあげていいと思います。そうすれば、子どもたちもどんどんトライできると思います。ジャンプサーブなど普段やったら怒られることもできる。結局、代表選手の真似っこをすることが一番上手くなりますから。サッカーは海外選手の真似をしますよね? バレーボールも最近は男子が海外にいく選手も増えてきたので、子どもたちに良い影響を与えてくれると思います」

 

 

大人が与える緊張感は子ども本来のチカラを収縮させる

──大山さんは現役時代、緊張とどう向かい合っていましたか?

「怖くて怖くて、いつも緊張していました。でも、私の一番尊敬する恩師が『緊張は必要だ』と言ってくれたことがあります。緊張するということは、試合で勝ちたいと思っている証拠で、緊張感がなければいいプレーは出ないんだと。それがすごく納得できて、『緊張してもいいんだ』と思うと気が楽になったんです。それからは緊張を味方にできるようになり、試合への入り方が変わりましたね。ただ私はスロースターターで気持ちが乗るのが遅かったんですが……(笑)。でも、おかげで試合では最後に力を発揮することができました」

 

──本番で得られる緊張感は価値がありますよね。

「いい緊張感は子どもにとってもプラスになると思います。でも大人が与える緊張感はプレッシャーになり、本来のチカラを発揮できなくなります。これは絶対に大人がしちゃいけないこと。バレーボールは親から怒られるというケースがまだ本当に多いんです。コロナ禍で大会が中止になっていく中で、子どもから『大会がなくなってホッとした』というメッセージをもらったことがあります。本当に悲しかったです。切ないですよね。そういう子って、実は少なくないんですよ。こんな風に思わせてしまう大人たちを、何とかしないといけないと思いました」

 

──子どもたちが自分のためにバレーボールをやっていない?

「周りの大人の目だけを気にしているのだと思います。コロナ禍をきっかけにスポーツが良い方向に向かっていけばいいなと思っています」

 

“非日常”で得られる激しい感情の起伏は、スポーツでしか得られない

──スポーツでは様々な感情を得ますが、最近はスポーツをする子どもが減ってきていると聞きます。

「まず引退して感じるのが感情の起伏がなくなったことなんです。それって現役時代に比べてすごく楽なんです。でもすごく寂しい」

 

──なるほど。

「すごく辛いこともないんですけど、すごく楽しいこともない。そういう毎日が寂しいと感じますね。すごく悔しい、すごく嬉しいとった、あの日々の経験は今振り返るとすごく貴重だったんだなと思います。ぜひ子どもたちにも感じてほしいですよね」

 

──集団スポーツですから、仲間に助けてもらう、助けるという感覚も養ってほしいですね。

「思いやりの心が育まれるのバレーボールです。ボールを落としちゃいけない、掴んじゃいけないという制約の中で、次の人がプレーしやすい状況を作らなくてはいけないスポーツなんです。それは即ち仲間を思いやる気持ちです。自分だったらどんなパスがきたら、どんなトスがきたら打ちやすいか、相手のことを自分の身になって考える力が身につくと思います。足りないところを補い合う。これは社会に出ても役立つスキルだと感じています」

 

全国大会は“勝利至上主義”の功罪。スポーツは子どもの未来を考えるべき

──最近は運動離れから顔から転んてしまう子どもがいると聞きます。もっとスポーツをできる環境を作っていかないといけないですね。始めるきっかけを作ることが大事かと。

「スポーツの本格的な普及って日本ではまだまだ厳しい。体罰のニュースもなくならないですし、なかなか親がやらせようとならないと思うんです。本気になって私たちが変えていかないと。極端な話、私は全国大会がなくなってもいいとさえ思っているんです。全国大会があるから“勝利至上主義”が生まれてしまう。だから、どんどん競技する子どもが離れてしまうんです。そうではなく、勝つことが目的ではないという環境が増えていけばいいと思います」

 

──勝つことで得られることも大事だけど、そこだけに走らないということですね。

「もちろん、指導者、保護者の考えが変われば全国大会があってもいいんです。でも実際はそうではない。特にバレーボール界にはその傾向があります。私は少しずつでも、この状況を変えていきたいと思っています」

 

──たくさんの指導者の方に大山さんの思いが伝わってほしいですね。最後にメッセージをお願いします。

「フェンシング協会が『アスリート・フューチャー・ファースト』を掲げていて、私はそれがすごく好きです。子どもたちの未来をまず考えるべきだと思っています。スポーツには人生を豊かにしてくれる反面、目先の勝利、結果を追い求めると、子どもたちの将来を奪いかねないものになります。このスポーツを通じて、どんな人生を歩んでもらえるのか、広い視点を持って活動してほしいと思います。スポーツを通じてたくさんの子どもたちに幸せになってもらいたいです」

 

PROFILE

大山 加奈
1984年6月19日生まれ、東京都出身。小中高すべての年代で全国制覇を経験。高校在学中の2001年に日本代表に初選出された。2010年に現役を引退し、現在はスポーツ・バレーボールの発展に力を注いでいる。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND