/interview/38362/

ONLINE SEMINAR

ONLINE SEMINAR

永井友理×荒木博行│<第2回>スポーツフィールドで学ぶMBA式ビジネススキル「オリンピアンから学ぶ、クリティカル思考力」

SPODUCATIONでは、「難しい」と捉えがちな「MBA」のビジネススキルをスポーツフィールドを例に、誰でもわかりやすく解説するオンラインセミナーを開催。指導現場においても、暗黙知とされている部分を形式知化し、スポーツ選手の持つアート的側面を、サイエンス的側面で紐解く。第2回はゲストに東京オリンピック2020ホッケー女子日本代表として出場した永井友理選手、講師には人材育成や経営戦略支援に携わり、「株式会社学びデザイン」代表取締役社長を務める荒木博行氏を招き、「クリティカル思考力」をテーマに対談を行った。ビジネスはもちろんスポーツでも注目されている概念を、永井選手の実体験を通じて、人材育成のスペシャリストである荒木氏がわかりやすく解説する。(※2021年12月に収録)

ホッケーという競技の特性とメンタル

荒木 まず簡単に自己紹介をしておきます。僕はさまざまな会社のアドバイザーとして、“学ぶ場”を提供する会社を経営し「頭の使い方、考え方」を教えています。教育業界に長くいたこともあって、上は70歳越え、下は幼稚園児と幅広い指導経験があります。スポーツ選手にも考え方のアドバイスをしているので、今回はとても楽しみにしていました。友理さん、よろしくお願いします。まずは、改めてホッケーの魅力をお聞かせください。

永井 ホッケーは、簡単に説明するとスティックを持ってボールをゴールに運ぶスポーツで、サッカーに似ています。シュート、ゴールシーンが魅力とよく言われますが、私が思うのはスポーツマンシップにのっとっているところ。スティックやボールは凶器のようにも見えますが、そこまで大きな怪我はしません。そこが魅力かと思います。

荒木 スティックもボールもすごく硬いので、間違えば骨折とかしてしまいますよね。僕が10年くらいやっているラグビーにも似ている部分があります。ボディコンタクトが大前提のスポーツで、猛ダッシュしてくる人に正面からぶつかることが日常茶飯事。常に怪我や恐怖心と隣り合わせなので、メンタルが大きく影響するスポーツです。ホッケーのスティックも凶器みたいですが、メンタル面でどういう影響がありますか?

永井 恐怖心という意味ですよね? 正直、いまだに「怖い」という気持ちはあります。ゴルフボールを大きくしたような硬さで、当たったら痛いのは何回も経験して分かっています。でも試合になると違って、逆に「自分の身体で止めてやろう!」という気持ちになるんです。相手にゴールを狙わせないように、身体ごとボールに当たりに行ける、不思議なメンタルになります(笑)。ホッケーをやっている皆も、そう思っているかもしれません。

荒木 なるほど。おそらく、スイッチが入っている人と、入っていない人の違いかもしれませんね。その違いは、身体が動き出すまでのコンマ数秒のずれにつながります。ラグビーだと明確で、怖がって相手に飲まれると、タックルするポーズだけして言い訳する選手もいます。精神的にどちらが優位かは、すぐに分かります。負けると、どんどん突破されてしまうので。ホッケーでも、そういったことはありますか?

永井 ありますね。特にシュートに対しては、すごくあります。フォワードは「タッチシュート」を狙いに行くのですが、その時にスライディングをかけられるかどうか。味方が浮いたボールを打ってしまうと、ただ当たって怪我することもあります。自分が強いメンタルを持てている試合の時は、気にせずに飛び込みに行っています。それもコンマ数秒の差だと思いますね。

Getty Images

 

自分が引っ張るか、周りを活かすか――キャプテンの思考

荒木 今日お話しする「思考力」というのは、すごく難しいテーマなんです。考えることは、ある意味で恐怖心を思い出すことでもあるわけです。「冷静に考えると、ここで身体ぶつかったらめっちゃ痛いよね」と(笑)。考えることで、身体が動かなくなる瞬間はありますよね。それをなくすためには、動物のように本能的に動けるモードに入る必要があります。一方で友理さんは、キャプテンとしてゲームのコントロール、チームの状態の見極めという頭の使い方も必要ですよね。そのバランスは、どう取っていますか?

永井 自分の中でも本当に難しいところです。自分はフォワードなので、どちらかと言えば動物のような感覚で、プレーでは熱い部分を出した方がいいかなと思っています。その一方でキャプテンとしては、試合を第三者目線で「相手にここやられているな」という冷静な見方もしないといけません。そこは難しいなと感じます。ただ、同じチームにいる妹が熱くて、ワーッとなるタイプ(笑)。だからこそ、自分が冷静でいられるのだと解釈しています。

荒木 それは何となく分かりますね。自分より熱くなっている人がいると、冷静になれる。反対に皆がクールだと、「自分が熱くならなきゃ」という気持ちになる。そういう意味では、いいバランスが取れているのでしょうね。動物のような感覚というお話でしたが、フォワードでボールをもらった時には、頭で考えますか? 考えていると、身体が後れを取ってしまいますよね。その一方で、考えずに行けばいいというのも違う気がします。

永井 正直キャプテンになる前は、すごく得点を取れていました。ある程度考えてはいましたが、本能的に動いている部分が大きくて、とにかくゴールにどん欲。でもキャプテンになってからは周りが見えるようになって、周りをアシストするタイプになってしまって。それで一時期は悩むこともありましたが、今では色んなタイプの選手がいてもいいと思っています。フォワードでは、我が強くて前に出る子がたくさんいます。自分は今の立場で、そういう子達を活かすフォワードになろうとスイッチを切り替えられました。もちろん、得点面で貢献するのがフォワードの役割でもありますが、今はそういう感じになってしまいましたね。

荒木 「なってしまった」という表現がありました。実は、「もっと自分は点を取るべきだ」という思いもあるのでは?

永井 ずっと葛藤がありますね。フォワードなので得点は求められますし、私自身も求めて練習してきました。今でも迷っています。キャプテンだから周りを見るのも大事、でもプレーで引っ張るのも大事。そう言われると、自分でも葛藤しているのだなと感じますね。

荒木 仕事でも良くある話です。自分が最前線に出てキャリアを積んで、あるステージまで行くと部下を持たされます。自分が何かをやるよりは、部下を活かして、育てていかなければダメという状況。「これ俺がやったら絶対受注できるのに」と、もどかしさを感じることも増えます。友理さんの立場としても、若手の育成が視野にありますよね。若手にゴールのチャンスを与えて自信をつけてもらう、みたいな場面もあると思います。アンバランスな状況の中で、色んな心境の変化があるのでしょうね。

永井 確かにすごく悩むところですが、周りを活かしていくことが自分の良さでもあります。そういう考え方ができるフォワードは少ないのかなとも思います。葛藤はありますが、自分の良さということで受け止めています。

 

試合中の仲間の表情から読み解く指示の使い分け

荒木 なるほど。先ほどの質問に戻りますが、試合中にどのようなことを考えているかお聞かせください。この前の大会でも優勝されましたよね。韓国戦は2-1の接戦でしたが、厳しい戦いでしたか?

永井 そうですね。韓国戦では先に失点してしまって、その前の中国戦でも先に2失点してしまいました。チームとしても「逆に何点入れられるのだろう」みたいな雰囲気。ピンチでしたが、皆の表情を見たら「いけるな」と感じました。去年からキャプテンを務めるようになって、皆の表情や反応をすごく見るようになったのです。勝つ時負ける時と経験してきたからこそ、皆の空気感も知っていました。

荒木 表情を読むのですね。その時に、何か指示は出しますか?

永井 今回に関しては、出しませんでした。最初から皆の表情が良くて、落ち込んでいなかったので。一方で、所属チームの「ソニーHC BRAVIA Ladies」(以下、ソニー)の時は、先に失点した時に表情が良くありませんでした。その時は、声をかけたらいい表情になりました。皆の様子を見て、言ったり言わなかったり使い分けていますね。

荒木 大体、空気感で分かるわけですね。皆の表情が良くなかった時は、どのような指示を出しますか?

永井 「あきらめずに」とか「頑張っていこう」みたいな気持ち的な部分じゃなくて、「ここが良くないから改善しよう」と細かく伝えています。

荒木 それはどうしてですか?

永井 所属チームのソニーはすごくチームワークが良くて、一体感があります。ある意味、日本代表と比べて個が弱いからかもしれません。ただ、崩れる時は全員で一気に崩れてしまう。ひとつになれば、個の力以上のものが出せますが。変にメンタルのことで声をかけると、ちょっとのミスで皆が良くない方向に行ってしまうので、ピンポイントに戦術のことを言った方が修正が利くのです。一方の日本代表チームは個が強くて、誰かに何かあっても他の子がカバーできます。誰か一人落ち込んでも気にしない、逆に誰かが良くても皆が良くなるわけじゃない。皆がリーダーみたいな感じなので、「今はあまり声をかけない方がいいかな」と判断することも多いですね。

荒木 個がしっかりしている日本代表のチームはある意味、いかにして束ねていくかが大事ですね。その時のキャプテンは、どのような役割を果たしますか? プレーヤーではなく、キャプテンとして意識されていることをお聞かせください。

永井 日本代表の時は、基本的に私が声をかける前に違う子が発言するんです。試合の経験が豊富な子や、キャラ的に積極的に言う子がいて。その子達の言葉で足りているなら言いませんし、足りないものがあったら言うように決めています。

荒木 私もすごくよく分かります。ビジネスの組織づくりも一緒です。たとえば、仮に何か対談イベントをやるとしましょう。壇上に上がると3人のスピーカーがいて、僕がファシリテーター(会の参加者の意見を整理、集約して、ゴールに導く役割)。その時に意識するのは、この場でどんなアウトプットが出るのか、「100点」のレベルをまず理解する。この3人が総和で100点出してくれたら、自分の役割はありません。「どうぞ好きに話してください」みたいなスタンス。反対に、全体の総和が70点くらいで「足りないな」と思ったら、自分が腕まくりして30点を埋めに行く。その差分を理解しながら、自分が調整弁となるのです。それに近いなと思いましたね。

永井 言われてみると、そういう風なことをしているのですかね(笑)。

荒木 そうかもしれません。皆の表情を見て、このまま行けば何点のパフォーマンスが出るかを読んでいると思うのです。チームとして発揮すべきパフォーマンスの100点が分かっていて、「これだったら100点出せるな」だったら、下手に手を出さない。でも「このままだと70、80点で終わってしまうな」だったら、自分が差分を埋めにいくか、皆を上げるように働きかける。それが、友理さんが意識しているキャプテンの役割なのかなと思います。

永井 言われてみると、まさにその通りです。

荒木 でも、それは簡単なことではありません。友理さんの話にもありましたが、まず100点を知らないといけません。そして、今日の皆が何点くらい出せるのかも理解している必要があります。表情を見ているのは、多分「今日は80点くらいかな」「100点超えるな」というのを見ていると思うのです。それを見極められるのは、普段のチームの状況を理解しているからこそなので、すごいなと勝手に思いました。

永井 いえいえ(笑)。でも、その差分を埋めるための引き出しが足りなくて、自分はまだまだ未熟だなと感じます。もっと多くの経験を積んだり、色んな言葉を勉強したりしなくては、とこの一年くらいで思いました。

 

セミナー映像本編はプレミアム会員登録後にご覧いただけます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

RECOMMEND